FC2ブログ

プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「ナイトスターリリー(阿部佑也さん・片山遼さん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事でかなり遅れましたが先々週の新木場レポです。


この日も水道橋経由で新木場入り。




前日同様に試合途中での退出を覚悟しましたが、試合進行が早めだったので、

この日は試合自体は最後まで見れました。(二次会は早退しましたが。)
って事で感想に参りましょう。


試合結果は上記週プロツイ参照頂き、感想中心です。


この時点で10分くらい押しだったかなと、色々考えこの時点でギリギリもしくはラストは見れないかなと覚悟をしてました。




第一試合はレフェリーストップとなってしまいましたが、
レフェリー野口さん登場に会場も沸き立っていたと思います。




第二試合は女子プロの現在進行形のひとつなのかなと思う感じでした。
『戦い』を求めている層には厳しい現実なのかもしれませんが、見れて良かった景色と思っています。




第三試合あたりから、雰囲気も平成初期~中期のプロレス興行らしくなっていったように思えましたし、






第四試合は、私が10年来向き合い続けたバチバチの世界観をふんだんに感じさせるものでもありましたからね。




第5試合は組み合わせ的におそらくそうなるだろうなと思う終わり方でもありました。
民放BSのCMで定期的に組長の姿は拝見してましたが、こうして生で観れたのも収穫でした。




第六試合は休憩中のMCでパンチ田原さんが今回の札止め満員についての言及をされてましたが、
その意味を知る事にもなってました。このテのパターンですとチョコB向井さんのアレが有名でしたし。
そしてメイン、






バト社長と大ちゃんのやりとりも期待通りのものが観れたと思ってます。
願わくば小野さんにもセコンドでも居て欲しかったんですが、こればかりは仕方無い事だと思ってます。




全試合終了後のセレモニー途中で無念のタイムアップ。


上野終電の人となり、何度目かの都心遠征幕となりました。


この日最大の収穫は、レフェリー野口さんが復帰した事だと思ってます。
日高郁人選手には私からもこの場を借りて御礼させて頂きます。
かく言う私も、バチバチ興行の際帰路で湘南電車バチバチトークをしてた原色さんが、
一時期から消息不明になり、先日ブログもとうとう削除されてました。
(削除したという事は何らかの消息はあったと言う事でもありますが。当ブログからもリンク削除してます。)
野口さんにもこうして再会出来たわけですし、いつかきっと原色さんにも会える日が来ると信じるようになってました。

バチバチを知った07年、それからほぼ皆勤状態でした。
(天候不良からの交通網遮断や他ジャンル(音楽ライブ)とのバッティング等除く)
大ちゃんの生き方に共感し、大場選手や佐々木選手の奮闘、今は亡き木村さんの強さと怖さ、
ハヤト選手を本気で潰しに行ってた感じの怖い大ちゃんの姿、
そして橋選手の試合後MCでマジ泣きしたりとか、思い出は沢山あります。

私の場合、プロレス観戦についてはセミリタイアしている身分ですが、
あのリングで観た事はずっと忘れないで居ようとあらためて思っています。

大ちゃんが定期参戦しているAチームの興行や、ヨネさんの店にも行ってみようかなと思ってます。
それからの大ちゃん、そして原色さんと行きたいと話してたヨネさんの店、
あの時、観ていた世界のあれからとそれから、そしてこれからを私的に見届けておこうと思いますので…。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で先週土曜のナカノステレオレポです。


昼間は水道橋でL外野応援席観戦、


いわゆるオープナーだったらしいですが、加藤降板後どうなったかは、

ここでは記さないでおきます。


試合が一方的になってしまい試合終了もそれだけ遅れたので、
最後までは居れませんでした。


池袋→高田馬場経由で新井薬師前入り、ホスト役のクロサワさん前半ライブ終盤時の到着でした。
って事で感想に参りましょう。
この日のセトリは下記の通りでした。(雅奥さんブログ記事より)

1、愛こそはすべてか
2、モダンタイムス
3、恋人よ
4、のみすぎた帰り道
5、水玉
6、ハローマイフレンド
7、フラミンゴ
8、きょうの料理
9、道はつづく
10、ダイヤモンド
おまけ、上を向いて武田鉄矢

ライブ前のトークコーナーや、途中のMCで、
色々と包み隠さずに話されていたのも印象に残ってます。
その中で『やっぱりそうだろなぁ』と思った事も幾つかありましたし。
そう言う意味もこの日、この場所を選んで良かったと思ってます。
私的には雅奥さんもまた、『誠実に、そして媚びずに』を貫かれている一人だと思っていますので。


雅奥さん終演後音源購入し足早に新井薬師駅を目指し普通電車に飛び乗って、


上野終電の人となり何度目かの都心遠征幕となりました。


音源は帰宅後翌朝にIPODに取り込んで聴き続けてますし、
これからも雅奥さんの世界と向き合いたいと思っています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で昨日のインステツーマン記事です。


昨日は退勤後即上京、20時過ぎに恵比寿入りしまして、パフノイドは残念ながら間に合いませんでしたが、
in stateには何とか間に合いました。
今回はライブ後のセトリ表示が無かったので、記憶があやふやでしたが、
この日もインステらしさを貫いた夜だったと思います。
ダブルアンコールからのそして僕は仁を知るで幕だったと思っていますが、
物販にて去年ワンマンのCDとTシャツを購入して、


恵比寿を後にしまして、


何度目かの特攻遠征幕となった次第です。


最後の最後となる2週後の渋谷クロールも何とか見届けるつもりです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で一昨日の真昼レポです。


この時期恒例の鉄路での都心入り、






昼間は予定を定めず、神田、お茶の水、吉祥寺近辺をうろついてました。


そして真昼入り、この日は諸事情により21時15分強制退出予定でしたが、
ギリギリまで楽しもうと決めていました。って事で感想に参りましょう。


SOONERS
いきなりのトリのバンドのような雰囲気で、正直体力調整も兼ねて座っていようと思ってましたが、
気が付いてたら立ってました。終演後音源2枚購入。


湯野川広美さん
続く湯野川さんも大熱演でして、客席のテンションも熱保温、いや加温状態になってました。

CHIE & THE WOLFBAITS
見た感じガールズサウンドかなと思ってましたが、
実際は硬派のカントリーサウンドでして、この日が現時点でのラストライブだったこともあり、
これまた大盛り上がりでした。
Walking Down By Low‬
そしてWBDL、あの娘は誰かのLady終演時に無念の途中退出となりましたが、
久し振りの熱い夜、最初から最後のバンドまでトリのつもり、
良く言う言葉ですが実際にホントだったのはこの日だったかなと思います。




真昼でも久し振りに感じた熱い夜でしたね。


次こそは最後まで見届けたいと思っています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)



って事で一昨日のwacci水戸ワンマンレポです。


遅刻覚悟のプチ自動車遠征でしたが、何とか開演間に合いました。
って事で感想に参りましょう。

あえて予習は全くしていなかったです。
とりあえず今の橋口さん村中さん達を自分の目と耳で見届けようと、
ヤフチケ先行で押さえた時からそう思っていました。
ポジショニング的な世界観が徹底されていた楽曲もあったかと記憶してますが、
キメるところはキチンとキメてたと思います。
色々話題?だった例の曲も、
似たようなシュツエーションの曲を知っていたので、
さほどでもありませんでしたし。

2010年に解散しましたラウドヴォイス『お別れの後のラヴレター』がそれに当たります。
この時のラウドヴォイス2010年解散ラストツアーは土日ライブはほぼ皆勤、ラストの平日ワンマンも午後半年取って行きました。
ちなみにヴォーカルの三輪さんは現バンドin stateで、確かリュースケさん達とも対バン経験あるはずですし、


ソロでもしょうたさんと対バン経験あったと認識してます。

話戻しまして、橋口さん「終わって出口に行く全員を笑顔にする」のような事を、
序盤のMCで言われてたと記憶してます。
平日の水戸、シッティングとは言え完売に出来たのは凄いと思いましたし、
遠征客よりも地元客の方が多いと見えました。
ガチ勢が多いバンド、ミュージシャンの場合ですと、
客席ゾーン内での温度差が露骨に出てしまう状況も見てきたので、
客席のまとまり度は流石とも言える感じでした。


サイン会参加しようかと迷いましたが翌日も普通に出勤でしたので引き上げました。

4/6は、水道橋SL@HNFの試合開始が15時なのでおそらく間に合わないと思いますので、
試合後も違う場所に回る予定でしたから、今ここで見れて良かったです。

選ばれし者の覚悟と心意気を、感じる事が出来たと思います。
客席最後方からステージと客席がひとつになっている姿を見て、あらためてそう思えた水戸での2時間半でした。

必要とされる事の素晴らしさ、有りがたさは同人2次創作ジャンル小説ですが、
私自身も身に染みていますので…。
待っている人達の為に何が出来るか、これも当然尊重されるべき事だと思っていますので。

現実的に目標として狙えるポジションに居ますので、wacciは紅白出場を目指して欲しいと思っています。
もうひとつ、ふたつ、何か起爆剤になれるものがあれば、もっと突き抜けられると思いますし、
紅白出場も現実味を帯びてくると見ています。

橋口さんとはかれこれ10年以上見ていますし、
これからも不定期的になりますが自分の目と耳で都度観ておこうと思います。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ