プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記


って事で一週経ってしまいましたが先週土曜のスカラベレポです。


先週も昨日同様に国分寺経由での球場入り。


開演を待ちました。

って事で感想に参りましょう。

ねこカフェ


兄妹ユニットのねこカフェ、吉祥寺音楽コンテスト2017準グランプリの実力を感じ入った次第です。
特にアコギ一本でデスメタルへのリスペクトを体現するギター担当田部井泰和さん、

ゆく
ゆく田部井泰和

Yotsuba Records 2016-09-05
売り上げランキング : 271903


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トークの磁力がcitty岸田さんや

ピン芸人で漫談家の中津川弦さんを彷彿させるものでして、
広すぎる?方向性を感じました。

ゼーゼーハーハー


トークでのどすべりまくりをサウンドで挽回して行った流れは、
吉祥寺音楽コンテスト2015準グランプリの実力を感じました。

そしてトリのユースムースアベニューとなりました。


去年から再結成し活動再開しておられましたお二方、
私さとう的にはその解散ワンマン以来のライブとなっていました。
その際の記事を参考までに
ALL BECAUSE OF YOU GUYS-すべて君たちのせいさ
ALL BECAUSE OF YOU GUYS-すべて君たちのせいさジョン・レノン TULIP

ビクターエンタテインメント 2007-05-30
売り上げランキング : 595966


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







高校時に知ったチューリップ経由でビートルズを知った私が見る
久しぶりのユースムースアヴェニューは、やはりビートルズ的な世界と青江さん近藤さんの世界のブレンド的なものだったと思います。


東京八重洲高速バスの時間が迫り無念の時間切れとなりましたが、
今のユースムースを観れる事が出来て良かったと思えましたね。


んでもってこの日は高速バスの人となり何度目かの都心遠征を終えましたが、


実は昨日も吉祥寺に寄り道をしていました。
実を言いますと先週帽子を忘れまして、忘れたのを気づいた時点ですぐに諸方面に連絡し、
手筈を整えてきましたが、この日もリハ行いながらの営業でしたが、
お客さんの賑わいも雰囲気も先週同様温かいものだったと感じましたね…。

先週の三バンド、ユニットに共通していたのは音楽とトークのプラスアルファのエンタメ力だったかなと思っています。
今後もなるべく吉祥寺と言う街とも関わりを持ち続けていきたいと思いますね…。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で昨日の片山遼さんワンマンレポです。
昨日は一昨日の予定がずれ込んだ関係で遅めの出発。
普通グリーン車内で昼食を取りつつの都心入り。
銀座各アンテナショップを数カ所回ってからの渋谷入り。
そのまま道玄坂を登っての、


DUOの人となりました。
って事で感想に参りましょう。

まずギター2人体制で遼さんスタンディングでの歌が多かった事が驚きと言いますか、
ター坊さん内田さんというバンドライブでは初?のダブルギター体制だったので、
遼さんも思う存分ボーカルに専心出来たのかなと思いました。
未音源化作品のバンドバージョンとか、一曲目もバンドバージョンは私さとうには初でしたし、
セットリストにも遼さんの思い入れを感じた次第です。
本編ラスト曲は『約束の場所』、感極まりながらの姿は私さとうにも見て伝わってくるものでした。
そしてアンコール1曲目前に12月音源発表の告知。
アルバムなのかシングルなのかは続報待ちですが、
当然期待していたいと思います。
大ラスはAnytime,Anywhereで幕。
終演後の物販とかもありましたが、帰路の電車の時間も迫っていた事もあり、
私さとうは早めに渋谷駅に向かいそのまま上野経由での常磐線の人となりました。



2年前でしたか、仙台ENN2でのライブの際に、
元momoのヴォーカル高橋勝さんに、
『XXさん(本名)って、回り道している人応援したくなるんですね。』
って事を言われた事があります。
意識はしていたけど、そういう風に見られてたのかなって。
確かにそうかも知れませんが、
望んでその道を選んでいる人が殆どなのである意味王道を行っている人達でもあるんですよね。

遼さんも回り道をしているかもしれませんが、


先日メジャーデビューを決めた木島さんのように、必ず『約束の場所』に辿り着けると見ています。
その道のりの中での、いままでとこれからが見えた2時間強だったと思います。

あとは、プレミアチケット扱いが100人を超えていた事、
男性客もそれなりに居た事、これも記しておきます。

あと、この日もリストからは外れていた『A.M.』、
いつか視れる聴ける日が来ると信じて、
これからも遼さんのライブに行けるところ、行けそうなところは行けるように頑張りたいと思います。
| BLOG TOP |
C92参加された皆様お疲れ様でした。
次回なのは系イベント参加は11月の秋リリマジになるかと思われますが、
それ以外でも中小イベ参加するかもしれません。
その際はブログ記事にて告知させて頂きます。

以上、私共、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |
さて、明日となりましたC92発行物につきまして、
日曜日 東地区 "ミ" 42aにてスペース頂いておりますが、
オフセ分確定しましたので案内致します。
C92終了までに本記事をブログトップ記事とさせて頂きます。

当日新刊
C92新刊表紙
今すぐ君に 400円

春リリマジ発表しました、

に加え、書き下ろしの『今すぐ君に』と『君と笑い合えるなら』を加えた3作品での発行です。
今回もおみのさんに挿絵をお願いしました。
この場をお借りしまして御礼申しあげる次第です。

新刊コピー本
目の色とアホっ毛のあるなしで1.5表紙(当日は白黒二色となります。)
『目の色とアホっ毛の有る無しで1.5』(予定単価100円)

昨年5月の『夜が明けるまで・夜が明けてから』以来、久しぶりのアルミンユーノシリーズの
オフライン新作となりました。
①『無限書庫へようこそ』と②『お布団とパジャマとフェレット』の短編2本立て。

今回はシリーズ時系列で言いますと、①『無限書庫へようこそ』は、


通算三作目、『また違う世界から…』の前のに該当し、
②『お布団とパジャマとフェレット』は、『また違う世界から…』の後に設定しています。

①『無限書庫にようこそ』はタイトル通り、巨中アルミン、そして巨中クリスタの無限書庫初訪問のお話、
②『お布団とパジャマとフェレット』はユーノの研究作業に報酬付きで協力するようになった巨中アルミンのお話です。
表紙のパジャマをアルミンユーノが揃って着るようになった理由については、
現時点ではpixivのみアップしています、


シリーズ通算6作目『アルミンお兄ちゃん』を参照頂ければ幸いです。

こちらもおみのさん表紙お願いしました。
あらためて御礼申し上げる次第です。

既刊
君のそばに 表紙
君のそばに 400円
海鳴は今日も晴れている 表紙(戸波奏さん)
海鳴は今日も晴れている 400円
目の色とアホっ毛のある無しで(完全版) 表紙と裏表紙
目の色とアホっ毛のある無しで 400円
そのままの君で 表紙(おみのさん)
そのままの君で 400円(残部少となっております。)
『君の空』表紙
君の空 300円(残部少となっております。)

これ以外でも2010年~2014年のユーノメイン2次創作集を持参予定です。
※2014年冬発行『そんな事はどうでも良くて』は完売となっております。
今のところ再販予定は未定となっております。悪しからず了承下さいませ。

また、今回、前回C91同様に、


naoさんのC91既刊及び間に合えば新刊コピー本の委託も行わさせて頂きます。
以上、私共、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先週日曜レポです。
この日は、


昼夜はどこに行くか決めていましたが、
中間にあたるこの新宿眼科画廊地下に関しましては赤坂見附からの時間が読めず、
出たとこ勝負になるので予約はしてませんでしたが、
完売でも無かったので何とかなればと思い、間に合って地下の人となりました。
って事で感想に参りましょう。


『アオイトリ』とそれを受け入れられない女性との遭遇をベースに、
研究者達との関わり合い、『クロイトリ』モード以上に『黒い』事をしていた、
『アオイトリ』の姿、そして全てが『消えて』いく終末、そんな話だったと思います。
私も9年前、当時のさいたまシアターでのニナガワ演出『身毒丸』を観た前後、
寺山修司の世界もかじった事がありましたので、
ああ、久しぶりにこういう世界に出会えたと思えました。

終演後、今回は演出等の都合で出演後挨拶が出来なかったのでそのまま、


新宿経由で夜の鶴川、


狩野和馬さん、今回も重要な役どころでしたが、


役割と存在感を示されていたと考えています。
この日はもう、『アオイトリ』に全て持って行かれた、私の中ではそう感じています。




正午過ぎに三宅坂で観ました菊之助丈も、


流れをつかみ切れずに町田に敗れた水戸の戦いぶりも、
全て吹っ飛んでしまったかのようでした。

また来月も小劇場に行ってみたいなぁと考えている土曜朝です。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。