FC2ブログ

プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「ナイトスターリリー(阿部佑也さん・片山遼さん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で私的には珍しく早めに仕上げますブログ記事、昨日のベイシスレポです。








この日も私さとう得意の?変則昼夜連戦、開演時間逆算し試合途中で関内へ。
あまのっちさんに挨拶、後述します物販かなり買ってから開演を待ちました。
って事で感想に参りましょう。


まずはオープニングは美樹生さん、青葉師匠、大山さんのセッション。
いつもの?漫談トークからセッション曲で準備運動完了な感じでした。


この日のトップはハイパーキューブジャンクションから。
最初から最後までテンションマックスで駆け抜けました。
いつもながら大山さんはじめ御三方、サポドラの方には敬意を表したいです。


そしてラウドヴォイス、去年秋の復活ライブは行けなかったので、
借りを返せたように思います。


開演前にDVDも買っていたので、明日以降じっくり観てみようと思っています。
そしてトリは…、




シーガループでした。
当代『楽太郎』円楽師(青葉円楽?)と去年逝去された歌丸師(大山歌丸?)のようないつものいじり漫談?MCから、
恋の歌やメリージェーンをもう一度のような甘々ラブソングと、
ツナガルや友よのような熱いメッセージソング、青葉さん、そしてシーガの世界と向き合えたと思います。




終演後足にかなり来てたのと、新橋乗り換えの上野東京ライン常磐線直通逃すと乗り換えがかなり面倒になっていたため、
終演後はすぐに関内駅に向かいまして、


何とか南千住界隈の安宿に辿り着きました。

ドラゴンな御三方始め出演者の皆さん本当に元気で、私さとうも見習わないとなと思いました。
私も2次創作の世界ですが、作品を待っている人達のために、そろそろエンジン掛けていきたいと思っています。
うろ覚えですが青葉さんがMCで『恋してる?』とか言われてたように思います。
私さとう、『恋』はしてませんが、
8月C96合わせのラブストーリーならこれから本文作成にとりかかりますよ。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


かなり遅れましたが先々週の新派公演レポです。




この日は東京駅日本橋口から歩いて三越劇場までと考えてましたが、事故渋滞発生で方針転換、
何とか間に合いました。
って事で感想に参りましょう。


前半は昭和30年代の銀座、界隈ナンバー1の実力を誇示していた葉子のところへ、
宿命のライバルお菊が乗り込むとの一報が入り、お互いの根城に乗り込んだり、あてつけしたりと意地の張り合い、


後半はそれぞれが『聖域』『理想』としていた存在が現実に翻弄されていく姿、
駆け引き裏切りの世界での勝者敗者を分ける瞬間、そして新派らしいハッピーエンドに向かっていく流れと、
それでも意地を張り合う葉子お菊の姿が印象に残りました。


雪之丞さんと篠井さん、女形として共に門閥外出身ではありますが、
『その人あり』と言われてきた軌跡と存在感が醸し出されていたと思います。
劇中での女の意地と女形の生き様、ふたつの背景が見えていた、そんな舞台だったと思います。

8月の演舞場も何とか機会を設けてみたいと考えているところです。
| BLOG TOP |
来たるC96につきまして、以下の通りスペース頂けましたので告知します。
(日曜日南地区 "サ " 45b)


発行予定物はユノなの書き下ろし新作『君の手を引いて(仮題)』を予定しております。

また、松匠けろちゃんさんの新刊委託を受ける方向でも進めております。
詳細確定次第あらためて告知させて頂きますので、
以上、私共、当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で一昨日の国立演芸場レポです。


この日も高速バスでの都心入り。


南千住経由での半蔵門入りでして、団体客がかなり居ましたので国立劇場入り口に移動しての昼食、
開門待ちとなりました。
って事で感想に参りましょう。




前座の一猿さんは中々完成度の高い語り口でしたが、明日(2019.05.21)から、
二つ目昇進との事で、なるほどなぁと思いキーを打っています。
あとは当代の歌奴師、売れっ子揃いの三代目圓歌一門でも存在感は際立っていますね。
口上の司会でも後述します馬風師を上手くコントロール?してたように思いました。
変幻自在の猛獣使いを地で行く感じでした。
そして馬風師、実は私さとう初高座でしたが、
ウケまくり笑いまくりでした。
そして口上、『猛獣』馬風師、総領弟子歌司師、そして古参の小歌師が所狭しと大暴れ?
な感じでもありましたし、客席はウケまくり笑いまくりでした。

後半も久し振りのアサダ二世から、歌之介時代含めて初の4代目圓歌師の高座となりましたが、
噂に違わぬ爆笑新作落語でしたね。マクラもたっぷり、本噺もたっぷりやって頂きました。
12年前、落語歌舞伎文楽にどっぷりはまるきっかけを得たのは、国立での木久扇木久蔵ダブル襲名公演での、
先代圓歌師の爆笑落語でしたので、(その時のブログ記事も貼っておきます
こうしてだいたい12年経ち、その頃から歌武蔵師と並んで三代目圓歌一門のツートップ的存在だった歌之介師が、
四代目圓歌として高座をさらに熱くしていた風景には、回り巡る世界を感じさせるものでしたね。

これからも広小路亭、鈴本メインにはなりますが伝統話芸の世界にも触れ続けていきたいと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:同人活動(ユノなの魂以外)
リリマジ27参加された皆様お疲れ様でした。
次回イベント参加は受かれば夏コミ、落選の場合は秋リリマジとなります。

昨日ブースにて直接問い合わせ頂きました件、
現時点で完売している作品の再販については現状経済的理由で困難となっております。

申し訳ありませんが宜しく御願い致します。

以上、私共、当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ