プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


C92参加された皆様お疲れ様でした。
次回なのは系イベント参加は11月の秋リリマジになるかと思われますが、
それ以外でも中小イベ参加するかもしれません。
その際はブログ記事にて告知させて頂きます。

以上、私共、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
さて、明日となりましたC92発行物につきまして、
日曜日 東地区 "ミ" 42aにてスペース頂いておりますが、
オフセ分確定しましたので案内致します。
C92終了までに本記事をブログトップ記事とさせて頂きます。

当日新刊
C92新刊表紙
今すぐ君に 400円

春リリマジ発表しました、

に加え、書き下ろしの『今すぐ君に』と『君と笑い合えるなら』を加えた3作品での発行です。
今回もおみのさんに挿絵をお願いしました。
この場をお借りしまして御礼申しあげる次第です。

新刊コピー本
目の色とアホっ毛のあるなしで1.5表紙(当日は白黒二色となります。)
『目の色とアホっ毛の有る無しで1.5』(予定単価100円)

昨年5月の『夜が明けるまで・夜が明けてから』以来、久しぶりのアルミンユーノシリーズの
オフライン新作となりました。
①『無限書庫へようこそ』と②『お布団とパジャマとフェレット』の短編2本立て。

今回はシリーズ時系列で言いますと、①『無限書庫へようこそ』は、


通算三作目、『また違う世界から…』の前のに該当し、
②『お布団とパジャマとフェレット』は、『また違う世界から…』の後に設定しています。

①『無限書庫にようこそ』はタイトル通り、巨中アルミン、そして巨中クリスタの無限書庫初訪問のお話、
②『お布団とパジャマとフェレット』はユーノの研究作業に報酬付きで協力するようになった巨中アルミンのお話です。
表紙のパジャマをアルミンユーノが揃って着るようになった理由については、
現時点ではpixivのみアップしています、


シリーズ通算6作目『アルミンお兄ちゃん』を参照頂ければ幸いです。

こちらもおみのさん表紙お願いしました。
あらためて御礼申し上げる次第です。

既刊
君のそばに 表紙
君のそばに 400円
海鳴は今日も晴れている 表紙(戸波奏さん)
海鳴は今日も晴れている 400円
目の色とアホっ毛のある無しで(完全版) 表紙と裏表紙
目の色とアホっ毛のある無しで 400円
そのままの君で 表紙(おみのさん)
そのままの君で 400円(残部少となっております。)
『君の空』表紙
君の空 300円(残部少となっております。)

これ以外でも2010年~2014年のユーノメイン2次創作集を持参予定です。
※2014年冬発行『そんな事はどうでも良くて』は完売となっております。
今のところ再販予定は未定となっております。悪しからず了承下さいませ。

また、今回、前回C91同様に、


naoさんのC91既刊及び間に合えば新刊コピー本の委託も行わさせて頂きます。
以上、私共、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先週日曜レポです。
この日は、


昼夜はどこに行くか決めていましたが、
中間にあたるこの新宿眼科画廊地下に関しましては赤坂見附からの時間が読めず、
出たとこ勝負になるので予約はしてませんでしたが、
完売でも無かったので何とかなればと思い、間に合って地下の人となりました。
って事で感想に参りましょう。


『アオイトリ』とそれを受け入れられない女性との遭遇をベースに、
研究者達との関わり合い、『クロイトリ』モード以上に『黒い』事をしていた、
『アオイトリ』の姿、そして全てが『消えて』いく終末、そんな話だったと思います。
私も9年前、当時のさいたまシアターでのニナガワ演出『身毒丸』を観た前後、
寺山修司の世界もかじった事がありましたので、
ああ、久しぶりにこういう世界に出会えたと思えました。

終演後、今回は演出等の都合で出演後挨拶が出来なかったのでそのまま、


新宿経由で夜の鶴川、


狩野和馬さん、今回も重要な役どころでしたが、


役割と存在感を示されていたと考えています。
この日はもう、『アオイトリ』に全て持って行かれた、私の中ではそう感じています。




正午過ぎに三宅坂で観ました菊之助丈も、


流れをつかみ切れずに町田に敗れた水戸の戦いぶりも、
全て吹っ飛んでしまったかのようでした。

また来月も小劇場に行ってみたいなぁと考えている土曜朝です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で先月のディレイレポ最後になりますがBlueglue昼夜ライブレポです。
午前中は池袋で挨拶回りをしまして、下北沢へ。


昼食を取った後GARAGE入りしました。
って事で感想に参りましょう。
昼イベントは全曲試聴トークセッション、アコースティックミニライブでして、

上記PVに関しますこぼれ話とかが聞けました。
予定通り14時半前には終了。


私は一旦東銀座に下り、


シネマ歌舞伎を見ましてから再度下北沢GARAGEへ。


夜の部となりました。
夜の部は最初から最後まで超満員でなおかつGARAGEからの携帯があまりつながらず、
レポ等遅れなかったのですが、
対バンとBlueglueに共通していたのは、これならばイケる、と言う雰囲気だったかと思います。


バスの時間の都合上、最後まで居れませんでしたが、
今年後半は、何が何でも結果が出るはずだし、出て欲しいと言う思いを抱かせるものだったと思います。

今回の新作、方向性が今までとかなり変わりましたし、
色々なとらわれ方もしていると思います。

ただ、そろそろ目に見える形での結果が必要な時期だとも思いますし、
今年後半をステップアップの時期にして頂きたいと思います。

ファイナルどうしますかね…。
実は別件でチケまで取ってるのがあるんですが…、
(ヒント・赤ユニ初日)
迷えるところであります。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇



って事で6/10夜のカメリアレポです。
一旦南千住の定宿に戻り身支度を整え直して亀戸へ。
2.5次元ミュージカルの常連組が主役をこなすこともあり、女性客がかなり多かったです。


完売には至っていなかった事も、ちょっと気にはなっていました。


って事で感想に参りましょう。


あっと言う間に終わってしまった感じでして、元々原作も図書館で1時間で読み終えてしまったくらいの、
短編も短編ですし、こんなものなのかなと言う感じでした。


動き自体は笠原さんは無論の事、主役二人『悪役』一人、全くもって見劣りしないものではありましたが、
なんかもう消化不良な感じがぬぐえませんで、これも当日券出ていましたが
アフタートーク兼尺八演奏ショーはスルーし、南千住定宿に戻りました。
こんな意見もありました。


確かに、イケメン二枚看板なら何とか埋まるだろうという主催側?の思惑があったのかもしれませんが、
土曜17時開演であるにも関わらずL席以降の後部席は空席だらけだったのが全てだったかなと思います。
それにモンスター婆さん、私が客席(おそらく常連団体客の狼藉)のマナーの悪さに嫌気がさして
観るのをやめているあの団体(実はこの日所属団員客演してました…。)の常連客が来てたのかなと思ってました。
この日は客席が空席が多かったからまだ注目もされなかったかもしれませんが、
あれを繰り返してはその団体の仕事も減るだろうになぁと思ってます。
まぁ、これに限らずあの団体は潔く?滅ぶ道を選んでいるのしか思えないと見ていますが。

ともあれ、色々と見たくないものも見えてしまいましたが、
せめてもの救いは、主役二人、『悪役』一人、そして笠原さんはじめ出演者の
作品に対する偽りの無い気持ちを感じられた事かなと思っています。

次はいい形でのコラボレーションを見れたらと思いますね…。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ