プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


明後日11/12開催のリリマジ24につきまして、
スペース『なの17』で頂いておりますが、発行物確定しましたのでご案内します。

当日新刊
君と行く秋の町 表紙
君と行く秋の町 単価100円
秋の季節、代官山と原宿に足を運ぶユーノとなのはの物語です。
さっくり書きましたので手に取って頂ければ幸いです。

既刊分
C92新刊表紙
今すぐ君に 400円
君のそばに 表紙
君のそばに 400円
海鳴は今日も晴れている 表紙(戸波奏さん)
海鳴は今日も晴れている 400円
そのままの君で 表紙(おみのさん)
そのままの君で 400円
『君の空』表紙
君の空 300円
『二人のままで』表紙
二人のままで 400円
目の色とアホっ毛のあるなしで1.5表紙(当日は白黒二色となります。)
目の色とアホっ毛のある無しで 1.5 100円
目の色とアホっ毛のある無しで(完全版) 表紙と裏表紙
目の色とアホっ毛のある無しで 400円
その他既刊物雑文集持ち込むかもしれません。

また、当日は14時過ぎに撤収する予定ですので合わせてお知らせしておきます。
以上、当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
来週11/12開催のリリマジ24につきまして、
スペース『なの17』で頂いております。
コピー本新作発表予定ですが、頒布物についてはあらためて告知させて頂きますので、
以上、私共、当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |



ツイートでも記しました通り私共情熱一途は抽選漏れとなりましたが、


松匠のけろちゃんさんの『ゆきなPia』様にて冬新刊委託お願い出来る事となりましたのでお伝えします。
詳細につきましては今後も追って当ブログにて告知させて頂きますので、
以上、私共、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
(リリマジスペースの記事はこの次記事にて作成します。)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


って事で大分経ちましたが南三陸遠征レポです。
今年の夏は諸事情で日帰りとなりましたが、それでも見ておこうと思い、
石巻を目指しました。


恒例の福島郡山間高飛び(当然別料金&事前に手配済)を経て、




福島仙台と経て、


またも南三陸の海に帰ってきました。


そして今回は正月遠征時に行こうと思ってました、日和大橋を目指しました。


その前に昼ご飯をと考えまして、第1候補に挙げてましたラーメン屋さんは今回もお休み、
成り行きで探してましたが、結局選んだのは、


復興グルメ旅
復興グルメ旅復興グルメ取材班 佐藤尚之 田頭真理子

日経BP社 2013-06-20
売り上げランキング : 466727


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本にも載ってました割烹 滝川で釜飯を頂く事にしました。








頂いた後は、本来の目的である日和大橋制覇?に向かいました。






恐怖症ではないにせよ、かなり高いところだったので、頂上付近ではほぼ無心でペダルをこいでまして、




何とか石ノ森記念館付近まで辿り着きました。
やはり下から眺めていた方が無難でしたね。でも渡りきった事は自信になったかなと思います。


んでもってここからは帰路になった訳ですが、




いつもの仙台~郡山~いわきルートでしたが、


常磐線富岡復旧で代行バスも増える事ですし、今後はルートは多少変わるかなと思います。


ともあれ冬、年末年始も行こうかなと思っています。
今回行けなかった金華山がメインになるとは思いますが…。
志津川も行ってみたいですし、色々行程を考えているところです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


先月と今月東銀座、木挽町界隈に行ってきました。
まずは先月23日の歌舞伎座昼の部から。


毛谷村


仁左衛門丈と福助丈のコンビで以前観てましたが、


六助の軽そうに見えて実は出来るキャラがわかりやすい形になっていたかなと思いました。
主人公の前に突然許嫁と称する女武芸者やその母が現れるトンでも展開でもありますが、
まぁそこらへんは適当に楽しむようにしていました。

道行旅路の嫁入






期待通りの小波と戸無瀬でした。
壱太郎丈と藤十郎丈、年齢的に言えばそのままの祖母と孫娘でしたが、
仮名手本の世界観での娘と継母になっていたかなと思います。

極付幡随長兵衛



ついに観れました。男の中の男、大播磨の長兵衛が。
もう言葉は要らないほどの感激でした。あとは大播磨の駒形茂兵衛も観ておきたいですね。

そして今月に入りまして、これもまた奇跡的に戻り券が手に入り、




ワンピース観てきました。
この日のツイートでも記していました通り、原作はほぼノータッチでして、
歌舞伎ファンから観た、スーパー歌舞伎としての世界がどう映るか、
それを重点的に考えていました。


実際観てみて思ったのは、世界観とか話の展開も歌舞伎の文法にマッチしてまして、
すんなり楽しめたと言う事でした。これならば面白そうかなと。


久しぶりにイヤホンガイドも手にしまして、幕間中の作品解説には助けられました。






早変わり、本水と、かなり幹部さん三階さん、そして外部俳優さんも負担も高そうではありましたが、
見る側からすれば純粋に楽しめたと思います。




一度は観ておきたい、でも中々機会を得られず2年前は何も出来なかったのでしたが、
今回は奇跡的なつながりで世界に触れる事が出来て良かったと思いました。

そしてこの日から2日後、皆さんも御存知の通り、


舞台装置に腕を巻き込まれ複雑骨折し、休演となってしまいました。




元々マチネ公演でルフィを担当されてました尾上右近丈がそのまま本公演にスライドする形となっています。


これもまた戻り券との遭遇にかかっていますが、
運良くゲット出来れば、応援も兼ねてサイド演舞場に赴き応援したいと考えております。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ