プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記


って事で一週経ってしまいましたが先週土曜のスカラベレポです。


先週も昨日同様に国分寺経由での球場入り。


開演を待ちました。

って事で感想に参りましょう。

ねこカフェ


兄妹ユニットのねこカフェ、吉祥寺音楽コンテスト2017準グランプリの実力を感じ入った次第です。
特にアコギ一本でデスメタルへのリスペクトを体現するギター担当田部井泰和さん、

ゆく
ゆく田部井泰和

Yotsuba Records 2016-09-05
売り上げランキング : 271903


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トークの磁力がcitty岸田さんや

ピン芸人で漫談家の中津川弦さんを彷彿させるものでして、
広すぎる?方向性を感じました。

ゼーゼーハーハー


トークでのどすべりまくりをサウンドで挽回して行った流れは、
吉祥寺音楽コンテスト2015準グランプリの実力を感じました。

そしてトリのユースムースアベニューとなりました。


去年から再結成し活動再開しておられましたお二方、
私さとう的にはその解散ワンマン以来のライブとなっていました。
その際の記事を参考までに
ALL BECAUSE OF YOU GUYS-すべて君たちのせいさ
ALL BECAUSE OF YOU GUYS-すべて君たちのせいさジョン・レノン TULIP

ビクターエンタテインメント 2007-05-30
売り上げランキング : 595966


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







高校時に知ったチューリップ経由でビートルズを知った私が見る
久しぶりのユースムースアヴェニューは、やはりビートルズ的な世界と青江さん近藤さんの世界のブレンド的なものだったと思います。


東京八重洲高速バスの時間が迫り無念の時間切れとなりましたが、
今のユースムースを観れる事が出来て良かったと思えましたね。


んでもってこの日は高速バスの人となり何度目かの都心遠征を終えましたが、


実は昨日も吉祥寺に寄り道をしていました。
実を言いますと先週帽子を忘れまして、忘れたのを気づいた時点ですぐに諸方面に連絡し、
手筈を整えてきましたが、この日もリハ行いながらの営業でしたが、
お客さんの賑わいも雰囲気も先週同様温かいものだったと感じましたね…。

先週の三バンド、ユニットに共通していたのは音楽とトークのプラスアルファのエンタメ力だったかなと思っています。
今後もなるべく吉祥寺と言う街とも関わりを持ち続けていきたいと思いますね…。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記


って事で一昨日の真昼レポです。
翌日(5/4)の準備等あり、


開始1時間後の18時過ぎに会場入り。阿部さんからの客席ゾーンとなりました。
って事で感想に参りましょう。


阿部俊宏さん
この日も菊井さんをサポートに迎えての演奏、
吐くまで飲みたいの時、何度か声を詰まらせていましたが、


実際に泣いていたとの事で、まさに『だいたいノンフィクション』でした。


この日の最後の曲、『借金まみれの女』がアップされていますので紹介します。
あと、最初の曲(おそらく未音源)『他愛の無い話』(タイトルうろ覚えですが)もかなり好きだったりします。


奮酉
独特の世界観を持たれる2ピースバンドのお二方、
この日もコーラスワークに楽器演奏に奮闘されてました。




公式アカウントでのミニ動画アップがありましたので紹介します。


さっちんたち
この日は、


ギターとピアノでの歌と演奏、じっくり聴かせる世界でした。




マカロニボニー、


そしてこの日チケ予約したのはジョニーさん達でした。
キーボードせんじゅさんもサプライズ参戦されてまして、本当に圧巻の30分強でした。
本職の映像ディレクターの仕事もそうですが、キーボーディストとしても大きなハコに上がった事もあるせんじゅさん、
そして真心ブラザーズはじめ幾つかの大名跡ミュージシャンのバックプレイヤーとして名前の知れている上野さん、
そんなお二人をはじめ一目置かれる存在としてのジョニーさんの存在をあらためて思い知りましたね。
『さよならを君に』から『愛について』の流れで一気に客席ゾーンの空気が変わりましたし。




私さとうもジョニーさんの世界に影響受けている人達の中のひとりでもありますので…。


トリはリュースケさんと上上ブラザーズ、
ジョニーさん達の作った空気をこれまた見事な形で上書きして塗り替えて魅せたように思いましたね。
良い意味で春夏秋冬三兄弟時代とは別のサウンドになっていたと思います。

終演後は各出演者の皆さん、特にせんじゅさんともご挨拶。
せんじゅさんご多忙中ですが、そんなせんじゅさんと話に上がったのはせんじゅさんがリアルで面識のあった、
とあるイケメンさんの事でした。私もかの方は大分前から知っていまして、
ここ数年でのキャラチェンジに違和感を感じてもいました。
それがあーいう形で瓦解し今に至る訳ですが、当然引き金を引いたのは本人ですし『罪』は負って当然ですが、
焚き付けた人等も居るとは思ってもいます。揃いも揃って『逃げ切って』今は知らん顔なんでしょうけどね…。
高望みせず身の丈にあった生き方を選んでいれば、
きっと違う今と未来があったはずなのになぁとあらためて思った東新宿の夜でした。

きっとこの日のジョニーさんのように『一目置かれる存在』になっていたと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
明後日になりました文フリ22につきまして、
スペース、ウ-44で頂いておりますが、発行物につきまして下記の通り案内します。

既刊

Aキッチン総集編①(第一部から第六部まで)単価300円
Aキッチン第7部 運命 単価100円
Aキッチン第8部 運と実力 単価100円
Aキッチン第9部 縁(えにし) 単価100円
Aキッチン第10部 凱旋 単価100円
Aキッチン第11部 道半ば 単価100円

※当初第7部欠番としましたが在庫復活しましたので訂正します。

新刊

間に合えば第12部『つながり・まじわり(仮題)』のプレビュー版含みますおためしセットを
無償配布として用意したいと考えております。

オリジナル短編集も別途無償配布用意するかも…。

先月今月とモチベやや落ち気味でしたが今日明日と持ち直して行きたいと考えておりますので、
以上、私共『GALSパラダイス』、『春待気流』、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記


って事で昨日のベイシスHi-CUBE JUNCTIONワンマンレポです。


予約取っていましたホテルのチェックイン時刻に合わせ都心入り。


某宿にチェックインし休憩も兼ねての時間調整をしてから、








ベイシスに向かいました。って事で感想に参りましょう。



今年リリースしましたミニアルバム、「異彩」リリースツアーと言う事もあり、
「異彩」収録曲は全て演奏されていたように思いましたが、
それ以外の曲も披露されてまして今月初めに購入した「CUBE」からも演奏曲ありましたので
予習しておいて良かったと思いましたし、それ以外の曲も終演後音源未購入のはフルコンしましたので、
今後も色々観れる準備は出来たかなと思います。

開始2、3曲目の時点で大山さんが感極まれていたような感じでしたし、
中盤MC時の大山さんの「ただいま~」への自然発生的な「おかえり~」
レスポンスもあったように、熱くて暖かい、幸せな空間がそこにあったと思います。

終盤のMCでも大山さんが言われていたように、
ここがゴールではなくむしろスタートだと言う事でしたし、
札止めではありませんでしたがほぼ満員レベルの入りでしたので、
これからも期待出来ますし、その流れ私さとうも可能な限り見届けたいと思います。


という事で終演、終演後は音源購入と大山さんに挨拶しましてベイシスを後にしまして
馬車道の某宿に向かい泊まりがけでの変則3連戦のひとつ目を終えたました。
って事で今日も色々動こうと思います。まずは…、


になります。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記


って事で先週日曜の国立劇場歌舞伎公演レポです。


先週日曜は千葉QVCマリンに有明都市系イベなど色々候補があり迷いましたが、
前日でも席前売りでかなり余裕があった国立劇場を目指す事にしました。
って事で感想に参りましょう。




通し狂言なので序盤から見れて後半大詰めの場へのフラグもキチンと見れましたが、
歌舞伎特有とも見て取れる状況説明台詞の多さから来るまどろっこしさもありました。
その中で存在感をキッチリ示されていた亀鶴丈、そして今回は役どころもあり抑え気味でもありましたが壱太郎丈、
そして東蔵丈の存在が収穫でもありました。




大詰めの店先、奥庭の場は上演頻度も高く、

御存知仁左玉(孝玉)コンビでの上演が有名ですが、
高砂屋加賀屋コンビも、負けず劣らずの名コンビですし、安心して見ていられました。
このコンビでの発のお芝居は、8年前の妹背山婦女庭訓の我之助と雛鳥が最初で、
去年7月の又平お徳以来でしたが、
このお二方の『カップリング』で、色々なお話が観てみたいとあらためて思った次第です。
伊右衛門お岩とか、新派劇ですが早瀬主税とお蔦なんかもいいかもしれません…。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。