プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:僕が追いかける影
久しぶりに第二弾、当代播磨屋吉右衛門丈を取り上げたいと思います。

先代幸四郎丈の次男として生まれ、
先代幸四郎丈と先代幸四郎夫人の父にあたる初代吉右衛門丈の約束
『子供を2人産み次男は吉右衛門の名を継がせる』により、
初代の養子となった訳ですが、
戸籍上は実の母が姉弟となる複雑さに少年期迷う事もあり、
当然初代在命中から、または実父である先代幸四郎丈から、
そして稽古の鬼、大成駒からも厳しい薫陶を受け、
当然のごとく青年期は歌舞伎を辞める事も真剣に考えていたようです。

一昨年だったか、1969年版の右門捕物帖がテレ東で再放送されてまして、
20歳前後の若い頃がこれまたカッコ良かったんです。

背も高く、細めの体で視線も女性殺し!?でして、
今朝マクロスF最終回を観ながら考えたんですが、
アルト君のモデルは若き日の吉右衛門丈なのではと思ったりしています。
黙っていても女性が寄ってきそうなあの色気、
そしてイケメンぶり、
絶対に後世の役者さんが真似ても絶対に出来ないものだと思いました。

一時期のキム×クさんが松田優作をかなり意識してましたが、
やはり決定的な『違い』がありましたし。
キム×クさん本人が一番分かっている事でしょうけどね…。

話を戻しまして吉右衛門丈、
血も涙もあり、酸いも甘いもかみ分けた、
この国には数少ない『大人』と呼べる人なのではと思います。

今までも兄当代幸四郎丈との不仲が囁かれるなど、
共演者を選ぶ、結果的に選んでしまうように
人間的に不器用な点が多いかもしれません。

(成田屋、中村屋一門及び当代仁左衛門丈との共演が長く途絶えたままですが…。)

ですが、舞台から演じる人物の血と汗と涙が客席に伝わって来る、
(今月の盛綱も河内山も樋口も無論そうでした。)
播磨屋さんの魅力に惹かれる人間が少なからず居ると言う事に意味があると思います。

以前もここで紹介しましたが、
パルコ歌舞伎第二弾で星の王子様の舞台化とか期待しちゃってるんです。

王子様が芝雀丈もしくは染五郎丈、
飛行機乗りが吉右衛門丈、
バラの花が福助丈、
王様が富十郎丈、
狐が歌六丈、

なんて事を考えたり、

一昨年の秀山祭での『寺子屋』以来定期的に実現している兄幸四郎丈との共演、
去年も『盲長屋梅加賀鳶』で2人の台詞のやりとりにゾクゾクしていましたが、
兄弟での『権三と助十』『らくだ』や、
(『らくだ』の場合、死体役は人形にせざるを得ないかも…。)
日替わりで富樫と弁慶で入れ替わる『勧進帳』も観たいなと思います。

今月も秀山祭2年ぶり昼夜で参戦しましたが、
国立劇場設置10月歌舞伎公演「大老(たいろう)」ポスターより
井伊直弼が吉右衛門丈!
長野主膳が梅玉丈!こりゃもう行くしかないでしょう。
来月の半蔵門も当然行きます!
ひこにゃん目当てじゃ決してありません。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:僕が追いかける影
今回最初に紹介するのは、
DDTプロレスリング所属のプロレスラー、MIKAMI選手です。

最初MIKAMI選手を見たのは、2年前の5月、
怨霊選手デビュー10執念興行のメインイベントでした。

怨霊選手自体も昔のデビュー当時の印象しか無かったので、
最初は誰が誰だかさっぱり分かりませんでした。

無論その日のメイン、
怨霊選手のシングルマッチの相手を務めたMIKAMI選手の事も
正直何が何だか分からない状況でした。

ただ実際に試合内容を見るにつれ、怨霊選手もさることながら、
MIKAMI選手も魂のこもったすばらしい動き、
メインに値する内容である事を自分も理解出来ました。

それからネットで資料集めをしてどんな選手であるかを知るようになり、
メジャー団体に出ても、何ら遜色無い実力を持っている事、
某ゲームでの能力数値が高く設定されているのも、
業界関係者に評価されている事の現われではないかなと思います。

後楽園ホールのグッズ売り場にMIKAMI選手もよく見かけたりするんですが、
眼の色がキラキラしてるんですよね…。
本当にいい意味で10代的な感覚を持ち続けているんじゃないかなと思います。

MIKAMI選手は1973年生まれですが、
ただし27歳(のまま)、との事で、
私もその気持ちを見習いたいなと思っています。

私も何時の日か、そんなMIKAMI選手の『弟』になれるよう、
(実年齢でも下ですが…)
MIKAMI選手に『弟』と認められるように精進したいと考えています。

そういえば、私もMIKAMI選手のブログ今月初日のコメント欄で、
『目標』を書きましたが、今日現在、まだ目標数値に全然足りません。
『4』は無理だとしても、(笑)、
せめてひとつづつ数値達成に向けて精進したいです。

これも『弟』になる為の長い道のりの第一歩かなと思います。


| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ