プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:勝手にユノなの魂
AfTER
AfTER鈴木康博

EMIミュージック・ジャパン 2004-11-17
売り上げランキング : 27268

おすすめ平均 star
star昔と変わらず・・・すてき!
starソロベストというよりか、ソロ入門編アルバム
starこれを機に、東芝EMI時代のオリジナルアルバムの復刻を!。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さて、勝手にユノなの魂第五弾は、
鈴木康博さんのソロになってからのベストアルバム
AFTERに収録されている、『入り江』を 紹介したいと思います。

これは元々83年のソロデビューアルバム、『Sincerely』に
収録されていたものですが、ファンの人気は非常に高く幾度かの
ファン投票でも他のシングル曲に混じって上位にランクインする曲のひとつです。

確かに、なんでこれをシングルにしなかったんだろうと思うくらいの出来です。
もし、これがソロデビューシングルだったら、運命も少しは変わっていたかな?
などと考えたりしています。ちなみに作詞は御大秋元康さんです。

オフコース時代のヤスさんの曲は、パセラなど大型カラオケ店で
かなりの曲が歌える様になっていますが、
ソロ時代の曲はまだひとケタ台でして、
無論この『入り江』もまだ歌えません。ですが、
そのうちソロ時代のヤスさんの曲のリクエストも増えて来るのではと思ってます。

さて、この曲をユノなの的に紐解いてみますと、
サビの部分の
『~愛はいつだって不器用すぎる~』から、
『本当に君が大切だから僕は急がずに待つよ~』のくだりが、
なのはの無事を信じて待つユーノの心境に重なるのではないかと
勝手にユノなの的に解釈しています。

サンクリ37時発行の『君の事が少しだけ』の終盤のシーンでは
この曲も創作の重要なヒントになりました。

現在ギター抱えてソロツアー真っ最中のヤスさんですが、
年内にどこかでもう一回ライブで観てみようかなと思います。

私自身のファン歴は今年で15年になりますが、
今後も自分なりのポジショニングでヤスさんを応援していこうと思います。
そうそう来年はバンドスタイルでも早く観てみたいですね…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:勝手にユノなの魂
さて、以前紹介しました、『心の声』を再度取り上げます。
ハルハバラ
ハルハバラCOCOROTRON

インディペンデントレーベル 2007-03-14
売り上げランキング : 160402


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この曲はサビの部分の、
『あなたを思うために何かしたわけじゃなくて、でも彼方を歩く僕は…』
のくだりは今回の夏コミ発行予定物である、
『君をいつでも』話の中でユーノくんが、
遠く海鳴の街に居るであろうなのはを想うシーンの際に
何度も繰り返し聴きながらイメージを膨らませてました、
と以前書きましたが、前半の部分にもユノなの的な
ニュアンスを持った部分があるのでして…。
まず、最初のサビの前の
『それは綺麗な話でも無く、他愛のない物語でしょう。けれど君に僕の居場所がある事を素直に喜ぶ幸せ』
まずはここですね。
確かに、ユーノのなのはへの想いは他愛のない物語かもしれません。
けれど、恋人ではない、なれないにしても、
どんな形であれなのはの中にユーノの居場所がある事は確かなのだから
その事だけでもユーノは幸せに思うべきなのかもしれない、という事かなとユノなの的に解釈してます。

あと後半のサビの部分の前にこんな節もあります。
『もどかしさの雨はまだやまないけれど、明日を待って毎日をゆく人々のこの足音の渦に、
あえて溶けて君を想えば、少しはスムーズに進めるのかな』
これも海鳴の街を離れて
一人管理局の無限倉庫に勤務するユーノの気持ちなのかなと思います。
この部分のフレーズを聴くと、
管理局界隈の雑踏の中、
ひとり振り返り空を見上げなのはを想うユーノの姿を思い浮かべたりします。

今回の私共『春待気流』の夏コミ新刊、『君をいつでも』
この曲を何度も何度も聴きながら構想を練り上げていきました。
宣伝っぽくて恐縮ですが、橋口さん達のcocorotron、
一人でも多くの人に彼等の世界に触れて頂ければと思います。
ITUNESSTOREや他の大手DLサイトでも1曲単位で購入出来ますし…。
ちなみに私はITUNESTOREでのDL購入と別に着メロ2曲とCDも買ってます。
妙なポジションかもしれませんが、今後も私なりに彼等を応援して行こうと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:勝手にユノなの魂
さて、勝手にユノなの魂第三弾ですが、 現在ツアー中のTULIPの77年に発表したアルバム、 MELODYに収録されている、『あの娘は魔法使い』を 紹介したいと思います。










MELODY(紙ジャケット仕様)
MELODY(紙ジャケット仕様) チューリップ 財津和夫 安部俊幸

EMIミュージック・ジャパン 2005-06-29
売り上げランキング : 28166

おすすめ平均 star
star名曲揃いの傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シングルカットはされなかったものの、 89年に一度解散した際のラストライブや 97年以降の再結成ツアーではほぼ欠かさずに演奏されています。 (現に今年のツアーでもやったような…。) 曲名が『魔砲使い』だったら、本当にそのまんまなんですが、 そこらへんはアレとしても、 どちらかと言えば湿りがちになる『片想い』をテーマにした曲にしては、 とてもポップで軽やかなメロディーと詩の世界がウリだと思います。 サビの部分の 『僕はただ、君の名前を呼んでみる~』の部分が、 やや湿っぽいかもしれませんが…。 カラオケですと、DAMで歌えるはずです。 ただ、展開的にベタ過ぎるきらいもあるので、 一般の宴席には向かないかも…。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:勝手にユノなの魂
さて、勝手にユノなの魂第二弾ですが、
先日紹介しました私的にイチオシのバンドのひとつ、
cocorotron
なんですが、
cocorotron ミニアルバム『ハルハバラ』表紙?

ハルハバラ
ハルハバラCOCOROTRON

インディペンデントレーベル 2007-03-14
売り上げランキング : 134806


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回は4曲目の『心の声』を紹介したいと思います。

サビの部分の
『あなたを思うために何かしたわけじゃなくて、でも彼方を歩く僕は…』
のくだりは今回のサンクリ36発行予定物である、
『君をいつでも』話の中でユーノくんが、
遠く海鳴の街に居るであろうなのはを想うシーンの際に
何度も繰り返し聴きながらイメージを膨らませてました。
こういうシュツエーションを歌う人がもう少し増えても良いと個人的には考えますが…。
良い曲なので一度歌ってみたいですが…、それよりもまず聴いて見たいですね。
今週末もライブあるようですが、間違い無くその時間私共は
『修羅場』となっているのでしょうし。
でも今年何らかの形で彼等の音楽にリアルで触れてみたいと思います。

続きを読む »

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:勝手にユノなの魂
先日紹介したSME中心のPV集
谷村有美さんの『MOON』も載ってました。
下記のアルバム掲載曲なんですが…、
圧倒的に片想い
圧倒的に片想い谷村有美

ソニーミュージックエンタテインメント 1995-10-21
売り上げランキング : 248244

おすすめ平均 star
star前作アルバムから大きく路線転換、でも…
starSinger Songwriter
star谷村有美の最高傑作!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サビの部分を、
『雪に誘われて、歩いたあの道』に変えると、
そのままユノなのになってしまうのではと考えてしまいました。
アルバムタイトルもそのまんまですし。
水橋かおりさんがカバーしたら面白そうかも。

プロフィールや今までの経歴を見ると、
いかにも『天才少女的』な足跡を残してきたなと言った感じでしょうか。
90年代初期の深夜音楽番組の常連の中のひとりだったような気がします。

そういや、昨今も『幼少時から天才で数々の賞をモノにした天才少女だった』
みたいな方も居られましたが、誰だったですかね…。
胡散臭すぎて具体的に思い出せません
ハズレ系の外人野球選手みたいに、
存在自体をネタと割り切った方が楽かもしれません。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ