プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「ナイトスターリリー(阿部佑也さん・片山遼さん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


大分経ちましたが第9次南三陸遠征記金華山編です。


石巻から向かうは女川、


少し気動車遅れたりしましたが何とか間に合いまして、




満員のあおりを受け、往路はなんと外席での道のり。


海風に吹かれながらの海路、実は前の晩あまり眠れず開き直ってのブログ記事連発だったので、


この時点でかなり体力も消耗してました。


そして金華山に着きまして、








定番のパターンでお参りしまして、最初に来たのが2016年ですんで、
お金に困らないと言うご利益があると言います3年参りになるかなとも考えてましたが、


その1回目は2016年8月なので、3年カウントにはまだ早いかなとも思ってました。


って事で今年の夏、またここに来ようと思っています。


金華山から女川の帰路は座席を確保したもの、往路以上に揺れる船内で、
かなりグロッキー状態でしたね。








女川から石巻、そして仙台へ。ここからは常磐線経由を選択しました。








浪江からは代行バス。夜だったのと諸事情によりバス車内からの撮影がしにくい状態だったので、




位置ツイのみしてましたが、この現実とも今後も向き合わねばと思ってます。






そして富岡着、そこからはまた鉄路の道のり、


終電一本前の上り電車に間に合いまして、何度目かの南三陸遠征は終幕に向かったのでした。

今後も私なりに南三陸、できれば今年は北三陸にも足を運んでみたいと思います。
まずは大分ご無沙汰な志津川、気仙沼になるかと思いますが…。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


って事で昨日開始現在進行中の第9次南三陸遠征記です。


いつもの郡山~福島高飛びからの、福島、仙台経由での石巻入り。










そのまま宿泊先ホテルに荷物を預け、昼はイヤミもびっくりのフランス2000円料理コースを頂きました。




そこから徒歩で石ノ森萬画館へ。さっくり観た後駅前に戻りレンタサイクルを借りまして、


防潮堤の大きさに『?』と感じつつ、




南浜つなぐ館へ。
この日は係員の方も居られましたので中に入って映像を視たり、
お話をさせて頂いたりしてました。
その後は定番コースでもあった日和山へ。




神社→茶店のルートの後、山を降り駅で自転車を返して、宿にチェックイン。






夕飯とお酒を頂きながらの夜でした。




今後も石巻、そしてこれから向かいます女川、金華山の行く先を、
見届け続けたいとあらためて思う石巻グランドホテルの朝のとある客室で、
『記事を保存』ボタンをクリックしたいと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


って事で大分経ちましたが南三陸遠征レポです。
今年の夏は諸事情で日帰りとなりましたが、それでも見ておこうと思い、
石巻を目指しました。


恒例の福島郡山間高飛び(当然別料金&事前に手配済)を経て、




福島仙台と経て、


またも南三陸の海に帰ってきました。


そして今回は正月遠征時に行こうと思ってました、日和大橋を目指しました。


その前に昼ご飯をと考えまして、第1候補に挙げてましたラーメン屋さんは今回もお休み、
成り行きで探してましたが、結局選んだのは、


復興グルメ旅
復興グルメ旅復興グルメ取材班 佐藤尚之 田頭真理子

日経BP社 2013-06-20
売り上げランキング : 466727


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本にも載ってました割烹 滝川で釜飯を頂く事にしました。








頂いた後は、本来の目的である日和大橋制覇?に向かいました。






恐怖症ではないにせよ、かなり高いところだったので、頂上付近ではほぼ無心でペダルをこいでまして、




何とか石ノ森記念館付近まで辿り着きました。
やはり下から眺めていた方が無難でしたね。でも渡りきった事は自信になったかなと思います。


んでもってここからは帰路になった訳ですが、




いつもの仙台~郡山~いわきルートでしたが、


常磐線富岡復旧で代行バスも増える事ですし、今後はルートは多少変わるかなと思います。


ともあれ冬、年末年始も行こうかなと思っています。
今回行けなかった金華山がメインになるとは思いますが…。
志津川も行ってみたいですし、色々行程を考えているところです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


先々月ざっくりまとめいきます。
まずは5/20-21と恒例の友人墓参も兼ねた小旅行を行ってました。
今年は三人での旅行となりまして、仙台→福島の墓参からの岳温泉でした。


今年こそは秋田在住洋楽好きの友人のところに秋行ければと考えています。


そして春リリマジ前日、横浜ブルーラインフェスにも行ってました。
目当てはハイパー、in state、富田雅奥さんでしたが、
それ以外でも見ておこうと思っていた人達が居たのでなるたけ動いていました。




最初はひさしぶりだったひなた@ベイシスでしたが、これが朝から超満員。
時間逆算しての行程だったので途中退出でしたが、これは面白そうな日になるかなと思えましたね。






ナカノ健一終演後、




一旦渋谷に向かいblueglueストリートをちょこっとだけ見まして、チケット買って
また横浜界隈へ。


ベイシス間に合いまして、




メインだった美樹生さん達in stateと雅奥さんを見届け、
その後若干?な事もありましたが、




最終目的地であったYokohama O-siteに到着。


ちょこっとだけ見て撤収する事としていましたが、


出演者二組とも、『出来る』方々だなと言う思いを感じずには居られない感じでした。

今回のブルーラインフェス、現実問題音源販売と観客動員に実績のある人達ばかりでしたし、
それこそこの日渋谷でストリートしていたblueglueも出演目標にするようなイベントにして頂きたいと思っています。
来年もやるのであれば当然観に行きたいと思いますね。


そして翌日は春リリマジでした。
今更ですが手にして頂いた皆様方には心より御礼申し上げる次第です。
いきさつはどうあれ、私の作品を待っている人が少しでも居られるのであればやれる限りの事をしていくつもりです。
夏もスペース頂きましたし、やれるだけの事はしていくつもりです。

って事で次からは先月の観劇やライブ等の記事を2.3ほどこしらえたいと思います。
それにつきましては次項にて…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


って事で年末年始遠征記です。
まずは年末の東京遠征から。C91初日の一般参加後、恵比寿のAIMに行く前の時間帯、


大学後輩でもあり友人でもあります月天さんとの夏冬サシ呑み、浅草橋同志會を開催してました。
私はまたも無意識のうちに、『生きるも地獄、死んでも地獄、天国なんてどこにもないかもな…。』
と口にしていました。
でも、私もまた、

俺コワの名曲、夢のおわりの一節にあります、『天国のドアを蹴りやぶって』ここまで来たつもりですし、
私及び私の周囲で、色んな夢が潰え、色んな夢が消えて行きましたが、
私自身の夢の続き、これからも何らかの形で追いかけていくつもりです。
生活環境に変化が生じ、金銭的な制約も増えてしまいましたけどね…。
オリジナルの活動を制限せざるを得ない状況になってしまった主要因でもありました。
今自体、家に帰ってあまりキー打ちする時間を設けていないので、そこから何とかします。
明日の夜からそうするつもりです。


ってことで先々月末、C91の3日目私共のブース来場頂きましてありがとうございました。
今はもう、何と言いますか、『よそいき』の作品ですし、その中でどういう方向性を見いだしていくか、
それはもう自分自身との向き合い、そして作品としての出来映え、
見て頂けるものとして、これからも色々考えて取り組んで行きます。
アルミンユーノシリーズの二作目は発行は夏以降にずれ込みそうですが、
こちらも何とかするつもりです。
映画版に関しては基本様子見です。あちらさんサイドのユーザーが他作品に流れていったってのも
何か因果めいたものを感じてしまいますね。
まぁ、私の場合ですと、04年秋からの放映開始時、05年秋のAS放映時は上京の度にすくすくさん宅で、
リリカルパーティも新木場開催から言ってましたし、
09年初頭の現制作体制移行からの流れもだいたい見届けてきましたが、
所謂深夜アニメの世界からは4・5歩距離を置いた今のポジショニングで今後も見届けるつもりです。
GLBLの皮を被ったキャバクラ・ホストクラブ的なモノが増えている事も確かですからね。
応援はしてはいますが、一人のキャラの扱いが良化する可能性はさほど高くない現実も分かっているつもりですし、
実り無き、実り少なきものに私自身の金銭的精神的なリソースを注ぐほどお人好しではありません。
他に楽しめるジャンルはある訳ですからそこにシフトしていくだけの話です。
私の中の期待度を例えて言うならば、同じ見届けモードの中ですと、
J2の水戸ホーリーホック→ユーノ→埼玉西武ライオンズ(を実質支配の某銀行団)の順かなと。

そういや私が年末ありの先生宅にてAmazonプライムで最終話見てタップしました某アニメ、
あれだけあの界隈でセンセーションを起こしてますが一般向けでの露出は驚くほど控えていますね。
去年逝去された講談師神田陽司先生の生前最後のツイートではありませんが、
『陽に当てすぎるとヤバい』事を制作側も分かっているんだろうなと。
そこが陽司先生が指摘されたあの作品との違いかなと思いますね。




そして先々週、鶴川2DAYS遠征を行いましたが…。
一番狙っていたある銘柄が私の一つ前の方で売り切れになってました…。
これもまた人生と思いますし、その銘柄も以前よりは入手しやすくもなってますので、
これに懲りず色々やってみようと思います。
後ろの方の番号の引き替えまで見てましたが、日本酒が先に全対象銘柄売り切れたせいか、
権利辞退していく方も複数名居られました。これもまた時代の流れかなと。


そしてまた夏に向けてのスタートとなります。5月リリマジまでサークル参加はお預けですが、
色々ネタ作りは進めていこうと考えています。休止してた幾つかのシリーズも随時再開させますので、
気長に待って頂ければ幸いです。

以上、私共『GALSパラダイス』、『春待気流』、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ