プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


って事で年末年始遠征記です。
まずは年末の東京遠征から。C91初日の一般参加後、恵比寿のAIMに行く前の時間帯、


大学後輩でもあり友人でもあります月天さんとの夏冬サシ呑み、浅草橋同志會を開催してました。
私はまたも無意識のうちに、『生きるも地獄、死んでも地獄、天国なんてどこにもないかもな…。』
と口にしていました。
でも、私もまた、

俺コワの名曲、夢のおわりの一節にあります、『天国のドアを蹴りやぶって』ここまで来たつもりですし、
私及び私の周囲で、色んな夢が潰え、色んな夢が消えて行きましたが、
私自身の夢の続き、これからも何らかの形で追いかけていくつもりです。
生活環境に変化が生じ、金銭的な制約も増えてしまいましたけどね…。
オリジナルの活動を制限せざるを得ない状況になってしまった主要因でもありました。
今自体、家に帰ってあまりキー打ちする時間を設けていないので、そこから何とかします。
明日の夜からそうするつもりです。


ってことで先々月末、C91の3日目私共のブース来場頂きましてありがとうございました。
今はもう、何と言いますか、『よそいき』の作品ですし、その中でどういう方向性を見いだしていくか、
それはもう自分自身との向き合い、そして作品としての出来映え、
見て頂けるものとして、これからも色々考えて取り組んで行きます。
アルミンユーノシリーズの二作目は発行は夏以降にずれ込みそうですが、
こちらも何とかするつもりです。
映画版に関しては基本様子見です。あちらさんサイドのユーザーが他作品に流れていったってのも
何か因果めいたものを感じてしまいますね。
まぁ、私の場合ですと、04年秋からの放映開始時、05年秋のAS放映時は上京の度にすくすくさん宅で、
リリカルパーティも新木場開催から言ってましたし、
09年初頭の現制作体制移行からの流れもだいたい見届けてきましたが、
所謂深夜アニメの世界からは4・5歩距離を置いた今のポジショニングで今後も見届けるつもりです。
GLBLの皮を被ったキャバクラ・ホストクラブ的なモノが増えている事も確かですからね。
応援はしてはいますが、一人のキャラの扱いが良化する可能性はさほど高くない現実も分かっているつもりですし、
実り無き、実り少なきものに私自身の金銭的精神的なリソースを注ぐほどお人好しではありません。
他に楽しめるジャンルはある訳ですからそこにシフトしていくだけの話です。
私の中の期待度を例えて言うならば、同じ見届けモードの中ですと、
J2の水戸ホーリーホック→ユーノ→埼玉西武ライオンズ(を実質支配の某銀行団)の順かなと。

そういや私が年末ありの先生宅にてAmazonプライムで最終話見てタップしました某アニメ、
あれだけあの界隈でセンセーションを起こしてますが一般向けでの露出は驚くほど控えていますね。
去年逝去された講談師神田陽司先生の生前最後のツイートではありませんが、
『陽に当てすぎるとヤバい』事を制作側も分かっているんだろうなと。
そこが陽司先生が指摘されたあの作品との違いかなと思いますね。




そして先々週、鶴川2DAYS遠征を行いましたが…。
一番狙っていたある銘柄が私の一つ前の方で売り切れになってました…。
これもまた人生と思いますし、その銘柄も以前よりは入手しやすくもなってますので、
これに懲りず色々やってみようと思います。
後ろの方の番号の引き替えまで見てましたが、日本酒が先に全対象銘柄売り切れたせいか、
権利辞退していく方も複数名居られました。これもまた時代の流れかなと。


そしてまた夏に向けてのスタートとなります。5月リリマジまでサークル参加はお預けですが、
色々ネタ作りは進めていこうと考えています。休止してた幾つかのシリーズも随時再開させますので、
気長に待って頂ければ幸いです。

以上、私共『GALSパラダイス』、『春待気流』、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


って事で第7次南三陸遠征2日目レポです。
ルートイン石巻中央で朝食のあと出陣、


陸前山下駅に向かったのですが『駅前ダンジョン』に見事にひっかかり、
あと少しで乗り遅れるところでした。




石巻で乗り換えて向かうは女川、


あいにくの天気でしたが、雨風ともになく気温も高めで、
往復の航路の心配はする必要は無い状況でしたのでそこについては安堵もしていました。




そして女川駅から徒歩でフェリー乗り場へ。




船内ではオーナー兼船長さん?と思われる方が、
金華山神社の『効用』について説明された上で、
『皆さんお金持ちになりたいんでしょ?』みたいな事も言われまして、
確かに勝手にひとり被災地支援と題してあちこち動き回っている訳でもありますが、
そりゃ無いよりはあった方がいい事も確かですんで、
今年もう1回行く予定でもありますが、実効カウントでもあります来年も行く事にしましたし、
そしてお願いも船長さんの説明されていた通りお参りの際は踏み込んだ内容でのお願いをする事にもしました。




そして神社までのプチ登山道の後、本殿付近に到着。


昨年夏の際はやらなかった銭洗所や鹿餌を購入しての餌やりもしたりしました。




この日の金華山、東北らしからぬ南国の冬のような温かさのある島でした。
昨年夏よりも諸事踏み込んでの散策だったと思います。




そして復路、



女川に戻ってからは定番?のわかめうどんの後、


これまた定番のロング帰路となり、


遠征終幕となりましたが、今後も機会を見つけ南三陸の海と、海の街々に駆けつけたいと思います。


行けば行くほどに行きたい場所が増えるものでして、
尽きぬ思いをこれからも持ち続けて行きたいと思っていますので…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


って事で第七次石巻遠征記その1です。
某駅を始発で出まして、






いわきから磐越東線で郡山、郡山からは新幹線で福島まで高飛び。
福島からは再度在来線で仙台行の快速に乗りましたが、


仙台に向かう途中だった私の大学先輩でもあります信夫山先生に偶然かち合いまして、
仙台までの1時間強、色々お話させて頂きました。


そして仙台駅にて仙石東北ライン緑快速に乗り換えて石巻へ。


また帰ってきました。
石巻到着後、駅前コインロッカーが全滅状態だったので、




併設コインロッカー荷物預けも兼ねて石ノ森萬画館へ。
ちょうど餅の振る舞いもありましたでのそれにもあずかれました。


いったん駅に戻り駅前喫茶にて昼食。
レンタカー・レンタサイクル事務所も昼休み明けしましたので、
2年ぶりの門脇地区探訪となりました。




前回は行けなかった沿岸部まで今回は足を運んでみました。
海岸地帯は何事も無かったかのように穏やかな景色を見せていました。
実はこの後日和大橋に行こうと思ったのですが強風もあり断念。
夏行ければその際に『攻略』したいと思っています。




ツイートでは記してませんでしたが、 「がんばろう!石巻」看板に向かう途中、
3人連れの方に声をかけられまして、デジカメのシャッターを押して欲しい旨お願いされ、
勿論お受けし逆光の中フラッシュをオンにしましてシャッターを押させて頂きました。
その際に伺ったのは、(再開発の本格化かと推測しますが)住宅跡地が完全に撤去されてしまうとのことで
デジカメを撮ってほしいとの事でした。
この住宅跡地に住まれていた御三方のご母堂様が震災に遭い亡くなられたとの事で、


このツイートをしてた際に去り際の御三方にデジカメ撮影のお礼の言葉を頂いてました。
お礼をしなくてはいけないのは私さとう、自分の方だと思っていました…。


まだまだ時間を要する事が多い事と、
いくら時間をかけたとしても、還らない事がある事をあらためて知る事が出来た訳ですし。

私さとう、あらためて今後も足を運んで見れるものは全て見ておこうと言う気持ちになれたと思います。


この後は元々予定していました日和山へ。
素通りも義理に反すると思い参拝をした後、




一休みをしてから日和山を下り、




宿泊場所の下見も兼ねて自転車探索をしてから石巻駅前へ。
レンタサイクル返却し再度萬画館に赴きコインロッカーの荷物を回収してから、


石巻駅からひと駅乗って再度陸前山下へ。
そこから宿に向かいチェックインし、


元日夜なので個人系のお店は殆ど空いてなかったので近くのファミレスへ。
かなり食べ過ぎてしまい宿帰還し3時間程度の寝落ちの後、
風呂に入った際に大浴場付設の体重計でその『代償』を知る羽目になったと言うオチとなりました。
明日、って言いますか今日ですが女川・金華山行きも控えてますので再度仮眠し、
第7次南三陸遠征2日目に備えたいと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記
って事で先週月曜と昨日行いました第六次南三陸遠征、
女川攻略戦レポです。



先週月曜、いわきまでのバスの時間を15時台に設定していた事もあり、
プチ女川散策を思いつきまして、






石巻経由で女川を目指しました。


この日は女川滞在可能時間が2時間ほどしかなかったので、


旧女川交番見学後、タクシーで向かうは、
復興グルメ旅
復興グルメ旅復興グルメ取材班 佐藤尚之 田頭真理子

日経BP社 2013-06-20
売り上げランキング : 390183


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記密林リンクはじめ、女川界隈名店のひとつ、


ニューこのりへ、当然頂いたのは、


活穴子天丼でした。
それから時間逆算で徒歩でも帰りの電車に間に合う事が分かり、




港界隈を巡りながらの帰路となりました。
この時に観光桟橋からの風景も目に入り、金華山への思いを強くしていました。
それから有明直参への準備の最中、金華山航路を調べてみると
基本は日曜運行のみでお盆特別運行の最終日が16日である事を知ったのが、
上京準備をしていた13日の朝でした。
そこから上京中の鈍行電車、何回かあった特急追い越し待ちのホーム上で、
金華山便の電話予約をしまして、13日中に前後の宿も押さえ、
出発したのが一昨日15日の、


昼過ぎでした。


この日は石巻に宿をとり、




いよいよ出発、


まずは女川を目指しました。


女川駅から徒歩で観光桟橋を目指し、






出発となりました。
往路航路はこの日の波と風に向かって逆方向への進行だったため所要時間も想定よりかかり、
船内もかなりゆれ揺れで私さとう軽く船酔いを起こしていました。


んでもって到着。




南国のような綺麗な海にはホントに驚かされました。
そこから徒歩で金華山黄金山神社へ。


3年続けてお参りすると御利益があるとの話を往路航路の際船長さんのアナウンスで紹介ありましたが、
私の場合は何よりも被災地支援でもあったので、お参りはしましたが、
露骨なお願いはしないでおいたかと思います。




鹿はかなり見つけましたが、猿は未発見でしたね。


って事で1時半くらいの滞在を終え帰路へ。


写ツイ投下出来たくらい復路はゆれも抑え目でした。


女川に戻った後、帰りの列車の待ち時間の間をぬって昼食をとり、




女川を後にしまして、夕方に仙台に入り今に至ります。
往復船内にありました震災時の資料もさることながら、
優しいだけじゃない海の姿をあらためて思い知りました。

そして女川もようやく再出発の道のりを始めたばかりですし、
比較的被害の少なかった渡波~浦宿までの一帯も含めまだまだ行ってみたいところが沢山あります。

今後は女川『攻略』を本線に南三陸遠征を進めていきたいと思う次第です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


って事で一昨日~昨日の遠征記②です。
一旦気仙沼駅に出るも海の市でもレンタサイクルをしている事を知り、
タクシーでこの日泊まった観洋へ向かい荷物を預けて海の市へ。
そこからだいたい5時間のレンタサイクルツアーとなりました。




沿岸部のホテルからターンして鹿折方面へ。






昼食までは時間があったので一旦気仙沼駅に向かい、




再度ターンして鹿折仮設商店街へ。




昼食を取って、




鹿折周辺をあちこち見回して、




BRT南気仙沼駅周辺に行ってから再度海の市へ。
ここで2階シャークミュージアムで震災の記憶のゾーンでの映像上映の内容で、
特に鹿折地区で何が起こったかを分かることが出来たと思います。
またも涙してしまいました。










観洋にチェックインし温泉に入り、夕食は南町復興商店街へ。


かなり奮発してふかひれチャーハンを頂きまして、5人前後のグループ客も居て
それなりに賑わう店内で味わいながら頂きました。


ホテルに戻ってからは再度温泉に入ってからけんぞうさんキツネロケッツのツイキャス見てましたが、
途中で寝落ちしてしまいました…。




翌朝は…、


jetsの勝利を確認してから朝の温泉~朝食へ。






今回もキッチリ魚モノは全て頂きました。


そしてチェックアウトし気仙沼駅へ。






8時間近くの鈍行ツアーを終え某地に戻りました。


今日からこれから直参三日目含め有明ですが頑張っていこうと思いますし、


今後も南三陸ツアーは続けるつもりです。
次は来年夏になるかと思いますが、女川攻略か、それとも今回素通りした志津川周辺になるか、
はたまた大船渡界隈になるか、色々迷うところでもあります。
ホントに、あの海が好きなんでしてね…。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ