プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:どうしても、考えてしまうこと
私さとうの原点は古賀森男さんなのかなと思っています。

以前記事でも記しましたが、やはり森男さんの事を考えてしまいます。


あの頃の森男さんの年齢に私さとうがなり、
この曲の意味がさらに分かってきたように思います。

架け橋の歌詞に『僕は今も走り続けてる』、と言うのがあります。
確かに、私も走っているとは言わないまでも、歩みは止めていませんからね。

公式サイトの日記にもあります通り
最近は『仙人度』がさらに進んでいる森男さん、
正直なところ「?」と思う事も少なからずあり、
『Innocent note』の出来もそれほど高評価?ってな訳でもありませんで、
おととしもレコ初ライブ@南青山マンダラ行きましたが、
色々思う事あってブログ記事にしていません。

私さとう的には、もう1度だけギブソンをかき鳴らして歌う森男さんが見てみたいんです。
『誰かのバック』ではなく、バックに従えた形で。

ここで思ったのは先月のN.U.バンドワンマンでサポートした
新横界隈の最強布陣?
俊さん亮平さんレイボウさんにアチョーさんが
バックだったらどうなるかなぁと妄想?を巡らせたりしています。
俊さんのコーラス、亮平さんのピアノ、レイボウさんのリズムギター、
アチョーさんのドラムを従えた森男さん、
もしO-WESTあたりで観る事が出来たなら絶対に泣いちゃうと思います。

話を戻しまして私さとう、いつか必ず『架け橋』を見つけて、
その『架け橋』からたどり着きたい場所に向かう事が出来ればと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:どうしても、考えてしまうこと
私が『兄さん』と勝手に呼んでいる
『永遠の少年』あり『永遠のオトコノコ』である
Fabienne・古賀森男さん、
そんな森男さん、11月5日に4年ぶりの新作アルバム、
『Innocent note』が発売されます。

Innocent note
Fabienne

Innocent note
インディーズ・メーカー 2008-11-05
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そんな森男さん、
今までもバックでギター弾いて女の子に歌わせないか?とか、
誰かのプロデュースしないか?とか誘われているそうですが、
皆断っているそうです。
無論古賀さん自身、ここまでの道は平坦では無かったようです。
(現に99年に再起動してから一回事務所変わってます…。)
それでもこうして頑張っている事に意味があると思いますね。
2004年発表のアルバム『レインボウフラッグ』
のラスト2曲目、小惑星B-612の、
『孤独と契約した僕は、ただひたむきに空を飛ぼうとした』
のくだりがイイです。
古賀さんは童話『星の王子様』の話がとても好きだとか。
ソロ時代でもフェビアンへの回帰色を強めていった『SONGBOOK』が出色ですね。
ソングブック
古賀森男

ソングブック
メディアレモラス 1996-06-21
売り上げランキング : 192461

おすすめ平均 star
star心震えます!!名盤です!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
96年頃に出たアルバムですが
私はリアルタイムで聴く機会はありませんでして、
2005年末頃入手したものです。
まぁ、当時聞かなくて良かったと思います。
96年ですと私も色々と46時中苦しまされていた頃で、
もし当時このアルバムを聴いたら
間違いなく古賀さんの世界観に埋没してたでしょうから。
『SONGBOKK』、個人的に捨て曲ゼロです。
2曲目『駆けてゆく』から3曲目『MELODY』の流れは最高ですね。
古賀さんの作る思い出の歌は中毒度200パーセントです。
あと『架け橋』も。丁度その歌を作っていた頃の
森男さんの年齢に私が近付いてきたので、
結構気持ち的にシンクロしますし。

そういう点ですと、
古賀森男図鑑の『KING』も印象に残る節があります。
古賀森男図鑑
古賀森男

古賀森男図鑑
ファンハウス 1992-11-26
売り上げランキング : 176274

おすすめ平均 star
starじわりときますよ
starよい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
『何度かやめようかと思ったよ』
『ネクタイしめて子供を育てる』
『だけどいつも目に浮かぶのはビートル・ジョンのギター』
『破けたジーンズ捨てられないのさ』
自分も膝の部分破けてるジーンズ2つもありますが
やっぱり捨てられません。
去年渋谷多作PSALMライブレポの際に書きました、
『変わらないでいる事も何らかの意味と意義がある』
その事を教えてくれたのは森男さんでした。
2002年、新宿MARSライブで『トムソーヤ』のイントロを聴いた瞬間、
涙が止めどなく溢れていました。
今回はひとりフェビアンでアコースティックとの事ですが、
私はまた泣くと思います。
レコ発ライブ、詳細発表が待ち遠しい…。
平日でも多分密航するかも?
カラオケですとDAMでなんと6曲も入ってます…。

特に『トムソーヤ』は私の持ち歌です。 
でも『予感』とかソロ時代だと
『メリーゴーラウンド~古い友達に~』など、
もっと歌いたい曲もあるんですけどね…。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ