プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「ナイトスターリリー(阿部佑也さん・片山遼さん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で一昨日夜のレポです。
下北から新宿経由で池袋へ。


夜の部の人となりました。客席も札止めとまでは行きませんでしたが当日券含めかなり埋まってまして、
ひと安心しながら開演を待ちました。って事で感想に参りましょう。




二十面相の暗躍と秘められた過去、そして黒蜥蜴誕生までを描いた物語でして、
主役の緑雪コンビに春本由香さん貴城けいさんの両名も主筋に絡んでくる流れでして、
硬軟織り交ぜたエンタメ作品として成立していたように思えましたね。


6月の新派公演も当然期待して待ってようと思える内容でした。


って事でこの日は鉄路にて帰路となり、何度目かの都心遠征幕となりました。
年度も変わり、色々と私も頑張っていこうと思う次第です。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の昼夜演劇連戦昼の部からです。


いつものように昼前に都心入り、そのまま茨城マルシェに向かい昼。
その後山手線経由で渋谷→下北沢へ。駅前劇場の人となりました。
って事で感想に参りましょう。


働き方改革と企業不正、そして親会社子会社、下請けなど、


今回も私が一昨年見た角栄モノ同様にじわじわ響いて来る作品だったと思います。
アフターイベントでも代表さんが言われてました。ラストの部分、そしてそれに付け足した部分、
確かに綺麗な終わり方じゃ無い方が良いと思いましたし、
そこから先の二人のそれからはどうなっていくのかなぁと、次の行き先であった池袋に向かう電車の中、
ずっと考えていました。
(私もアマチュア二次創作メインですが一応物語作りでもありますので)
本筋はラストにもあった通り古巣からの妨害で国内での販路を絶たれ、
二人の所属部門のみ国外(って言いますか某大陸)の財閥に売られるという事になり、
結果的に海外に討って出て起死回生の大逆転を成し遂げる、
その過程を朝ドラのように綺麗に書くか、それともJACROW定番の『実録』路線で書くか、
(あくまで『実録』路線で有り百パーセントリアルでも無いのは言うまでもありませんが)
そんな『実録』路線だったら、技術的に成功して行くのと並行して、
袖の下等で当局に取り入り、古巣の現地法人及び及び当局首長派と反対する派閥勢力を一網打尽にする形で、
策略をかけてそれこそ現地法人トップに就任していた次長から部長になっていたあの人物を縄にかけ、
当局側証人兼、現地財閥企業技術顧問と言う形で留置場で再会する元主任、
『本当はあの女キツネをそこに入れたかったんだがこっちはアンタでも構わん。』
なんてのもあるかなぁ、なんて事を考えたりしてました。

ともあれ、組織内での人の立ち回りというのは、それこそ秦の始皇帝の頃からあったわけでして、
こういうのもこれからも何らかの形で続いていくんだろうと思えましたね。

アフターイベント終了後、そんな主任役だった狩野さんに挨拶、
今後の事も色々伺いまして、


一昨年上演の『夕闇、山を超える』のDVDを購入し、次の目的地池袋に向かいました。

年末、その『夕闇、山を超える』の再演及び角栄モノの新作上演も控えているようですし、
またJACROWの客席に居る事が出来ればと思っています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先月の伝芸総まとめです。
まずは16日夜、


一之輔師匠の芝浜を見たさに夜の鈴本へ。


前半は琴調先生の赤垣源蔵はじめ、天どん師匠の一之輔師いじりなど、色々楽しめました。
そして一之輔師、


冒頭から粗忽の釘に走ろうとしたり、終盤魚屋熊五郎が更生し稼業も繁盛して、
終盤のクライマックスに行きかけたところでこの噺嫌いなんですとか、
なんでここまで熊五郎が立ち直ったのに女房が酒を勧めるのは疑問だとか、
いい意味で『あ~』と思わせる一之輔師ならではの視点も感じまして、
オチもきっちり『夢で終わるといけねぇ』とテンプレ通り〆る等、
変幻自在の世界を観れたと思います。


一之輔師を最初に観たのは7年前、その時から、
何かを持たれた方だなと言う感じでした。


そして大抜擢での真打昇進、




その後も大暴れを続けて、今では業界をけん引する時代の寵児のひとりでもあります。


天才の世界に、これからもなるたけふれていたいです。


イブイブの昼、久しぶりの大播磨を観に三宅坂へ。








梅の由兵衛、突っ込みどころはありましたが痛快なエンディングでもありました。
菊之助さんが年末の播磨屋興行に加わるようになり、戦力的な厚みも増したと思ってます。
これからも色々観続けて行きたいですね。


翌日イブも伝芸漬け、昼はシネマ歌舞伎め組の喧嘩を観て来ました。


収録は2012年5月、辰五郎は18代目勘三郎丈、そしてこの年の暮れには、


この世を去られてしまう事になります。
命の炎の最後の燃えたぎる姿を観ることが出来たと思います。
御大の最初で最後の辰五郎、円盤化されたら絶対買います。


そして夜は歌舞伎座へ、十二月大歌舞伎第三部でした。


瞼の母、中車丈の忠太郎に玉三郎丈のおはまでした。
忠太郎と中車丈のシンクロ率が半端無かったですし、
おはまも、息子である事を拒否した理由が今の立場を守るためだけでなく、
忠太郎が博徒となってしまっていた事も含んでいたという演出も印象的でした。


3年前の残像がほぼ完全に吹き飛んだ瞬間でもありました。


楊貴妃も途中まででしたが観まして、歌舞伎役者九代目市川中車の現在進行形を見届けられたと思います。

猿翁丈の遺伝子を受け継ぎ、
NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 ブルーレイ BOX [Blu-ray]
NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 ブルーレイ BOX [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2010-03-15
売り上げランキング : 11010


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラマや映画での熱演、
キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]
キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]
キングレコード 2016-08-03
売り上げランキング : 16475


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX
半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX
TCエンタテインメント 2013-12-26
売り上げランキング : 25245


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


カルト映画作品や話題ドラマでの怪演ぶりで徐々に頭角を現してきた、
役者香川照之が市川中車という名跡を得ての延々と続く化学反応で、
役者としてどんどん大きくなっていく瞬間を、今後も出来る限り見届けたいと思っています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


先月と今月東銀座、木挽町界隈に行ってきました。
まずは先月23日の歌舞伎座昼の部から。


毛谷村


仁左衛門丈と福助丈のコンビで以前観てましたが、


六助の軽そうに見えて実は出来るキャラがわかりやすい形になっていたかなと思いました。
主人公の前に突然許嫁と称する女武芸者やその母が現れるトンでも展開でもありますが、
まぁそこらへんは適当に楽しむようにしていました。

道行旅路の嫁入






期待通りの小波と戸無瀬でした。
壱太郎丈と藤十郎丈、年齢的に言えばそのままの祖母と孫娘でしたが、
仮名手本の世界観での娘と継母になっていたかなと思います。

極付幡随長兵衛



ついに観れました。男の中の男、大播磨の長兵衛が。
もう言葉は要らないほどの感激でした。あとは大播磨の駒形茂兵衛も観ておきたいですね。

そして今月に入りまして、これもまた奇跡的に戻り券が手に入り、




ワンピース観てきました。
この日のツイートでも記していました通り、原作はほぼノータッチでして、
歌舞伎ファンから観た、スーパー歌舞伎としての世界がどう映るか、
それを重点的に考えていました。


実際観てみて思ったのは、世界観とか話の展開も歌舞伎の文法にマッチしてまして、
すんなり楽しめたと言う事でした。これならば面白そうかなと。


久しぶりにイヤホンガイドも手にしまして、幕間中の作品解説には助けられました。






早変わり、本水と、かなり幹部さん三階さん、そして外部俳優さんも負担も高そうではありましたが、
見る側からすれば純粋に楽しめたと思います。




一度は観ておきたい、でも中々機会を得られず2年前は何も出来なかったのでしたが、
今回は奇跡的なつながりで世界に触れる事が出来て良かったと思いました。

そしてこの日から2日後、皆さんも御存知の通り、


舞台装置に腕を巻き込まれ複雑骨折し、休演となってしまいました。




元々マチネ公演でルフィを担当されてました尾上右近丈がそのまま本公演にスライドする形となっています。


これもまた戻り券との遭遇にかかっていますが、
運良くゲット出来れば、応援も兼ねてサイド演舞場に赴き応援したいと考えております。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先週日曜レポです。
この日は、


昼夜はどこに行くか決めていましたが、
中間にあたるこの新宿眼科画廊地下に関しましては赤坂見附からの時間が読めず、
出たとこ勝負になるので予約はしてませんでしたが、
完売でも無かったので何とかなればと思い、間に合って地下の人となりました。
って事で感想に参りましょう。


『アオイトリ』とそれを受け入れられない女性との遭遇をベースに、
研究者達との関わり合い、『クロイトリ』モード以上に『黒い』事をしていた、
『アオイトリ』の姿、そして全てが『消えて』いく終末、そんな話だったと思います。
私も9年前、当時のさいたまシアターでのニナガワ演出『身毒丸』を観た前後、
寺山修司の世界もかじった事がありましたので、
ああ、久しぶりにこういう世界に出会えたと思えました。

終演後、今回は演出等の都合で出演後挨拶が出来なかったのでそのまま、


新宿経由で夜の鶴川、


狩野和馬さん、今回も重要な役どころでしたが、


役割と存在感を示されていたと考えています。
この日はもう、『アオイトリ』に全て持って行かれた、私の中ではそう感じています。




正午過ぎに三宅坂で観ました菊之助丈も、


流れをつかみ切れずに町田に敗れた水戸の戦いぶりも、
全て吹っ飛んでしまったかのようでした。

また来月も小劇場に行ってみたいなぁと考えている土曜朝です。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ