プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で昨日のうつぼファイナルワンマンレポです。
18時半過ぎに真昼入り。コサックさん関係者と思われます家族連れ、
特に小さいお子さんがちょこちょこ居られまして、
かと言って特にモン(自粛)のような感じはまったく見受けられず、


真昼史上かつてないくらいのレベルでのアットホームでハートフルな雰囲気でして、
忘れる事の無い時間がこれから始まるんだという気にさせられました。

って事で感想に参りましょう。

ラスト音源の『おもうつぼ』中心で今迄の代表曲も混ぜたセトリだったと記憶してます。
アンコール1曲目、弾き語りをする前に、
最前列に居られましたコサックさんご自身の娘さんが(具体的な記述は控えますが)おもちゃを離そうとしなったのに対して、
あえて取りあげようとしなかった、その際に言われた言葉が、
『これで取り上げたらXXX(具体的な記述はこちらも自粛します)みたいだから…』
ってのが印象に残ってます。
そして弾き語りでの際にコサックさんが泣きながら歌っていたのが
同じく印象的でした。音楽の世界では名を成せなかったけど、
これからは家庭を守りつつ自然と一緒に生きていくんだと言う決意みたいなものが感じられました。
これ以外でもコサックさんの生き方をそのまま示すようなステージだったと思います。


開演中とその前前後していろちがい坂田さん、てっぺいさん、阿部さん、菊井さん、ジョニーさん、
そして開演前にはたけいさんと、主立った方々には挨拶出来ましたが、
当のコサックさんは開演前そして終演後も沢山の方々に囲まれていたので、
私さとう自身の帰路の都合もあり挨拶は断念し、
ベース宮田さんによろしくお伝え下さいと伝えまして、真昼を後にしまして、


新宿三丁目、赤坂見附経由で京橋から徒歩で八重洲BTに向かい
高速バスの人となり何度目かの都心遠征幕となりました。





私の場合はうつぼを知ってからだいたい7年でした。
こういう形での別れも何度か見届けてきましたが、
うつぼに関わった方々と、コサックさんのこれからに、たくさんの幸せがありますようあらためて願い、
この記事の保存ボタンを押させて頂きたいと思います。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で一昨日の幡ヶ谷36.5レポです。






いつものように都心入り、今回は私さとう初の京王新線でしたので、
念入りに調査をした上での幡ヶ谷入り。


近隣の公園?で時間調整をした後36.5入りとなりました。


って事で頂きました平原さん特製グリーンカレー、
見た感じシチューライスのようでしたが、食べたらカレースパイスの味だったのでフムフムと思いながら頂き、
開演を待ちました。って事で感想に参りましょう。


野辺剛正さん
小田和正さんゆかりのメジャーレーベルの在籍歴もあるベテランミュージシャンの方でして、


出だしの大人のラブソング的なものからライフソングまで硬軟織り交ぜた巧みかつ熱いステージでした。
大学在学中からパルコ劇場のライブにも通っていたほどのヤスさん(鈴木康博さん)ファンの私から観る、
小田さんゆかりのミュージシャンでおられます野辺さん、
この過酷な音楽の世界を生き抜いて来た野辺さんの経験値の高さを観れたように思います。
サポートピアノだった天津智行さん、三日月の詩のメンバーでもあるとの事で、
9年前GARAGEで一度観たっきりでしたが、こうして今迄続けて来られて、
フルアルバム発売まで辿り着かれた事に敬意を表したいと思いました。
その際のブログ記事はコレです。


平原謙吾さん、この日はトリオ編成でして、
新曲含め楽しませて頂きました。熱く逞しいライフソングの世界を観る事が出来たと思います。
客席もほぼ札止め状態で、年配の方が多い感じでしたが、
客席とステージのケミストリーは良かったと思いました。




平原さんの先々月の吉祥寺でのワンマン、同じ日に別なユニット(ナイトスターリリー)の柏でのバンドワンマンと被ってしまい、
結果的に柏を選ぶ事にしたので、この時の『借り』をどこかで返さねばと思い続けてきまして、
ようやく願いが叶った5月の連休でした。


私さとうの中では平原さん、何度でも観てみたいと思う人達の中の一人です。

私の大学同期、大竹則好さんとの共演が観てみたいですね…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事でこちらも先々週の真昼レポです。


この日もデーゲーム後の国分寺→新宿経由での真昼入り。
到着時には、


が、

演奏してました。サルパラのユーコさんが何故かドラム担当だったりとか、
昔からの友人、的な感じかなと思ったりしましたが楽しめる事は出来ました。
ここまでがO.A.扱いでして、次からが本編扱いだったと記憶してます。



こたなぎもみじさん、ブログ記事にしてませんでしたが去年10月以来2回目でした、
リアルソング路線で力強い世界を歌われる方とお見受けした次第です。

そして私の中ではメインだった阿部さんの登場となりました。



阿部俊宏さん(ツイートで漢字間違えてました…。申し訳ありません。)
真昼の猛者達をバックに従えた阿部さん、熱く逞しいライフソングの世界を歌い上げられていました。


中々需要供給的にも難しい世界でもありますが、
どうにか陽の当たるところにまで辿り着いて頂きたい、そう思わずには居られないんです。

ライフソングというジャンルで見ますと、阿部さん、
平原謙吾さんと並んで私の中では期待度の高い方と認識してます。


そして終演後、私はウーロン茶で阿部さんのビールと乾杯、
帰路の都合上、私的には次が最後の出演者となりましたが、
私的なラスト出演者もこの日真昼を選んだ理由になっていました。


そんな彼女達奮酉のラスト曲開始時点で無念のタイムアップ。


大江戸線経由で上野に出まして帰路につき、何度目かの都心遠征幕となったのでした。

そしてこの日トリで見れなかったうつぼ、


今時点で来月の都心交通手段確保済みでして、何が何でも見届けたいと思っています。
こういう形での別れも何度か観てきましたし、見てきました。
ステージ・客席みんなで笑顔の大団円になれればと願ってやみません。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
某ツイート連携ソフトが現地で機能せず、久しぶりの画像直上げ
って事で昨日夜の柏04レポです。
柏駅からあちこち歩いて開演直前に会場入り。
かなりざっくばらんな感じのハコでしたが、悪くも無い感じでもありました。
って事で感想に参りましょう。


2番目までは実質O.A扱いでしたし、かなり内輪なノリでもありましたので、
割愛しておきますが、悪い感じでもなかった事も着け加えておきます。
(定番の強行軍の反動で若干お疲れモードな私でもありました。)
三番目の方、結局名前覚えられませんでしたが、年齢を売りにしない姿勢は
敬意を表したいと思います。あの系統ですと私の場合は、
NORTHERN SONGS
NORTHERN SONGS片桐麻美

エピックレコードジャパン 1996-01-21
売り上げランキング : 433562


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

片桐麻美さんを思い浮かべます。
そしてその後の橘うたさん、後で調べたら年齢がさらに…のようで、
もうちょっと時間経たないと真昼やナビカフェに上がるのは難しいかなと思いますが、
当然その頃になれば何らかの形で上がっているだろうとも思っています。

そして私の中で観たいと決めていた、関隆浩さんの新バンド、
NEVER SAY NEVER の時間となりました。




お世辞も入っているとは言えなかったこの日、
ぶっちゃけますが他の出演者のガチ勢も見受けられた、そんな地下世界でも、
輝くべき人、人達はキチンと輝いておられたと思いました。
関さんの前ユニットから、ソロでのファンの方も居られたようですし、
関さんのやる気、本気、そして、


前日、現場通いをしてからのステージと言うそのバイタリティ、
私の中でも当然燃えてくるものがありましたよ。
楽曲のセンスも当然感じましたし、都心のあちこちのハコに殴り込んで欲しいと思いますし、
私も可能な限り駆けつけたいと思います。


帰路の都合もあり、ネバネバ終演後関さんに挨拶しまして、
常磐線下り電車の人となり、関さんと他の出演者の方?がネタにされていた、
取手土浦よりもさらに北のところに戻り、何度目かの都心遠征の幕となりました。
五月後半からイベ参戦も復活しますし、これから私もペース上げていきたいと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で先週のKSLリリースツアーファイナルワンマンレポです。




早めに柏入りし、下見もした上での会場入り。




そして開演を待ちました。って事で感想に参りましょう。


ソロ弾き語りも含め、ツアー初日のループとはかなり違った味付けである事は私にも理解出来ました。
何度か思ったのはステージング、楽曲の『巧さ』で、
ただ夢を追うだけで無く、時には過酷な姿を見せたであろう音楽の世界の中で、
生き抜いて、生き残って、夢を繋ぎ、夢を積み重ねて来られた、
祐也さんと遼さんのここまでの歩みとこれからを示した2時間強だったと思います。




例え仙台支社プロジェクト採用だったとは言え、フリーのミュージシャンが
JR東日本のテーマソングに楽曲起用されていたと言うのも、
ジャニ系への曲提供実績もそうですが、祐也さんの夢を積み重ねた形の中のひとつだと思いますし。
私も去年師走のツアー初日の後、色々ぐぐりましたが10年前の頃は大変だったろうなと思いましたからね…。

そして終盤には今後の報告も。




八月の遼さんワンマンと九月祐也さんフルアルバム発売とレコ発イベの告知があり、
二人ともここからもっと先に行けるポテンシャルを持たれていると思いますので、
少なくとも日曜開催の八月は行くつもりですし、九月も何とかしたいです。

特に八月は何人か誘ってみますか…。
ともあれKSLのお二方、メイン層は女性の方ですし私は客席後方で控えながら、
今後も行けるステージは実際に行って応援して見届けたいと思います。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。