プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:本・読書
魚住陽向さん作 三作品(全てプレビュー版)
って事で予定よりも遅れましたが先日の文学フリマで私の小説と交換して頂きました、
魚住陽向さんの三作品プレビュー版、

『天然オヤジ記念物 江戸前不始末』(ちら見版)、
『男どあほうT-REX紀』(ちょっとだけよん版)
『ふろシキー・ファイト! 〜平成風呂敷争奪戦〜』エピソード3/3

感想まとまりましたので記事にしたいと思います。
まず、『天然オヤジ記念物 江戸前不始末』から、
東京下町で暮らす大工夫婦が「絶滅寸前である地球上最後の江戸っ子」と
国家官庁から指定されてしまあう事から始まるコメディーでして、
ちら見版だけあって冒頭部分だけだったんですが、
主人公夫婦を取り巻く人々のやりとりが、8年前の先代歌舞伎座で観ました『権三と助十』での
権三と助十、そして大家や願人坊主など長屋の人達のやりとりのようで、
これからどうなっていくんだろうという感じがしました。
魚住陽向さんの作品の方は助十的なポジションがお美代になるかと思いますが、
そうなると文七元結の長兵衛お兼的なものもあるかと思いますが、ともあれ人物描写、
台詞と説明箇所のバランスパターンについては私も勉強させて頂きました。

次に、『男どあほうT-REX紀』(ちょっとだけよん版)
ネタバレになりますので詳細は伏せますが人物・名称設定が興味深かったです。
明治の名作、『吾輩は猫である』がその筆頭ですが、私自身は結構リアル志向?だったので
人名設定も色々調べながらやりましたが、魚住さんがこの作品で取ったパターンも
今後考えていかないとなぁと思います。
あと、主人公が挫折を経験していると言う点と、その描写にも考えさせられました。
私が現在も継続しているAキッチンシリーズでは菊名亮に若干その役目を負わせてますが、
ここまで踏み込んだ形でも無いので、この点でも勉強になりました。

そして『ふろシキー・ファイト! 〜平成風呂敷争奪戦〜』、
包んだ物が増えると言う謎の風呂敷を巡るお話、
その壱の(おれおれ詐欺)内での主人公と孫、そしておれおれ詐欺に巻き込まれてしまってからの
急展開が印象に残りました。
私自身、自分の作品の展開が1次2次問わず淡々としてしまい過ぎる面があるのは認識もしていますし、
この点についてももっと色々学んでいかないといかんと思っています。

最近普段の生活の負荷が上がってきてまして、
平日帰宅してそのままパソコンも付けずに寝てしまう事も多くなっていますが、
少し落ち着きつつもありますので少し気持ちを入れ直して頑張っていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:本・読書
5月コミティアでお隣だったクロヒス書房
kyozyさんの本を2冊ほど読みまして、
この場にて感想を述べさせて頂きます。

最初に『俺たちのザ・ソウ』、次に『マーフィーの法子さん』の順に読んだのですが、
共に、アクションシーンが話の基幹になっており、
私の中ではハリウッドの娯楽大作がベースになっているのかなと思い、
『俺たちの…』を読み終えた後、夏コミの際にkyozyさんに確認しましたところ、
香港映画、ジョン・ウー監督のアクション作品がベースになっているとの事で、
なるほどと思った次第です。

そして『マーフィーの…』に関しても謎めいたヒロイン法子と、
彼女を巡るなぞの人物達が諜報戦肉弾戦を繰り広げる訳ですが、
やはりクライマックスはアクションシーンでしたし、
やはりベースとなる世界観がそれぞれの文章表現者の中にあり、
それが自然と『型』になっていくのかなと思った次第です。

私の場合も、1次2次問わず古典文学をベースにしたり、
自分の周りのリアルの出来事を組み直して構成上げたりする事が多いので
尚更そう考えた次第です。

そしてやはり同人ショップでもオリジナルジャンルで人気のあるkyozyさん、
宣伝用の動画や、挿絵の存在も大きいと思いました。色々と参考に、勉強になりましたね。
自分の活動でもやらなきゃ行けない事が山積みです。
来週月曜の文学フリマは勤務先の都合上行けそうもありませんが、
冬そして三月の文章系イベントなどでまたkyozyさんの作品に触れてみたいと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:本・読書
実はブラック師の本も既に読んでますが先に談之助師の本を紹介させて頂きます。
立川流騒動記
立川流騒動記立川 談之助 ぶんがく社

メディア・パル 2012-06-29
売り上げランキング : 39463


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今更語られるべくも無い、家元の破天荒な生き様が述べられてますが、
一番ギラギラしていた頃の家元、弟子の教育にも命がけでやってたのがわかります。
あの時期に弟子入りされた師匠方は家元、
そして源流の柳家の滑稽噺の真髄を叩き込まれていたのではと思いました。
(お一人だけ、ケチの真髄を受け継がれた方も居られますが…。)

円生師が引き起こした分裂騒動、そしてその際に『暗躍』したとされた家元の行動の一部始終、
そしてその後の家元及び一門の落協脱退も、
根本は好き嫌いで決めて、『俺が一番』と思う、
それぞれの芸人さんの性根が根幹だったという視点には唸らされました。
人間国宝にまで上り詰めた先代小さん師匠の組織統率者としての能力に欠けていた事を指摘するなど、
冷静かつ大胆に述べられていましたね。

三遊協会頓挫後の家元と志ん朝師との鈴本楽屋でのエピソード、
読んでて鳥肌が立ちました。すっごい臨場感があったと思います。

そしてその際に談之助師への『金言』家元の生き様そのものだったかと思いますが、
これも好き嫌いで決めて、『俺が一番』と思う、芸人の性根そのものだったかなと思いますね。

って事で次記事は一昨日の日暮里寄席レポです。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:本・読書
今週初め、私のさとうの中では二大ヒロインに該当する、
『終末の過ごし方』の、大村いろはさんと、そして今回紹介します、
『大東京ビンボー生活マニュアル』のひろ子さんについてつぶやいていて、
念の為ぐぐってみたら書き下ろし含むセレクションが発行されていた事を知り、
すぐさま手配しました。

感想はと言いますと、やはりぐぐっていた時にも書評サイトでも、
そちらのサイト主の方が指摘されてましたが、
ひろ子さんとコースケの今が見たかったかなと思います。

初代の学生さんとか、マサ坊(私の以前のHNは彼から取っています。)が順当に年齢を重ね、
家庭や立場を得た人間になっていたので、
腱鞘炎の方の聖水が売りの喫茶店、
年1回、亜米利加人トリオが演奏しにやってくるジャズバーに、
古本屋などの店長やマスターになって欲しかったなぁと言うのはあります。
なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル
なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル前川つかさ

イースト・プレス 2011-09-13
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


二人の時間を止めたままにしているのはおそらく黒歴史になっているであろう、
『新・大東京ビンボー生活マニュアル』の影響があるのではと思いますが…。

インタビュー記事もちょっと物足りない面を感じたんですが、
当時のモーニング編集長の方針によって、映像化(アニメ化?)が見送られていた事なんかも初耳でした。
同時期にアニメ化されていたハートカクテルが微妙な印象だったんで、ソレもまた然りかなと思いましたね。

5巻終盤での駆け足感は連載増えたことによる多忙化があったようですが、
まんスポでのアレは、失礼を承知で言わせて貰いますが、
しょーもない内容そのものだったし、ここらへんはもうちょっと仕事選んで欲しかったかなと思いました。
ですがまぁ、90年代後半からの票田のトラクターシリーズに始まる、
票田のトラクター五輪見参 1 (ビッグコミックス)
票田のトラクター五輪見参 1 (ビッグコミックス)ケニー鍋島 前川 つかさ

小学館 2001-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


永田町“実録”路線でブレイクして今に至るのは周知の通りですし、
(ヤクザものの“実録”路線同様に、エンタメの一種として見るのが賢明かと思いますので…。)
ブレイク前の一番いい時間、
コースケの名付け親の陽介さんの台詞じゃないですが、
『無為な生活を送っている時が一番幸せ』だったのかなと思います。

元ネタについてのコメントも、前川さんがアレンジを加えたりそのままだったりと、
ここらへんのスタンスも非常に興味深かったです。
私も実際に文章書くようになってからはリアリティの匙加減を調整するようになりましたので…。

この『大ビン』、小学校高学年から高校の間にかけて、
小津映画や阿部昭など私にカウンターカルチャーを教えてくれた存在でした。
前川さんには感謝の言葉をいく並べても足りないくらいです。

そして最初にも述べました通り、私の二大ヒロイン、
ひろ子さんというキャラクターに出逢えさせてくれた事についても同様に。
別に何も、オレ嫁だとかそんななんじゃなくて、この人と一緒に居たいと心の底からそう思わせる存在でしたし。
自分の中では空想世界、2次元界隈の中では先述の大村いろはさんと双璧の存在で、
ルックスもさることながら精神的な意味での理想キャラです。

もうひとり、まんスポの巻末コラムで同じようにカウンターカルチャーを教えてくれた方が居られましたが、
その方については今更語るものはありません。
ですが、いずれこの方についても場を設けたいと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:本・読書
ありの先生からお借りしてまして随分時間が経ってしまいましたが
読み終える事が出来ました。
ハリウッド脚本術―プロになるためのワークショップ101
ハリウッド脚本術―プロになるためのワークショップ101ニール・D・ヒックス Neill D. Hicks 浜口 幸一

フィルムアート社 2001-03
売り上げランキング : 55492


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


確かに密林レヴュー欄でも指摘されてます通り
ひと昔前の『王様』チックな直訳ぶりでしたが、
でも要旨については理解出来たと思います。

自分自身特にオリジナルがそうだと認識していますが、
話の強弱、メリハリ的に足らないと思う点がありますので…。

ハリウッドに限らず、芸術性とビジネスとしての娯楽、
どちらを優先させるかがジレンマになっていますが、
実際問題、ビジネスとしての娯楽が優先されている現実を
ハリウッドの現状が物語っていますし。

その点ではどういう話が売れて、どういう展開が好まれ、
どういう世界観が受け入れられるのか、
その王道的なパターンの幾つかについての説明と、
問題用紙欄が記載されていました。
(自分の場合は別途紙に写してやってみますが。)

また、著作権に始まるビジネスとしての脚本をどう作り上げていくかも
体系的に語られていたのでこの点では参考になりました。

音楽関連ですと以前山下達郎さんがインタビュー記事で
金銭面、契約面での注意を若いミュージシャンに向け呼びかけていたので、
その事とリンクさせたりしていましたが…。

私の場合は主に舞台を中心に観てきたので、
脚本に直接携わる訳ではないにせよ、
この本の内容を体系的に理解出来手てたかなと思いますし、
小説、脚本に限らず戯曲、物語を志す者であれば、
この本も読んでおいて損は無いと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ