プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
先週土曜、ひたちなか市民球場で行われた、
巨人西武戦を見てきました。

51年ぶりの巨人主催公式戦開催ともあって、
入場券前売りは大人気、大激戦となり、
私の場合もご他聞に漏れず
大手プレイガイドのチケットプレオーダーは全て落選、
一般販売初日に全てを賭け、回線が不安定な中、
S席は即売りきれになるも三塁側の内野A席を確保、
当日に備える事になりました。

ただ、その後、いわゆる『戻り』があったようで、
開催日から10日前に知人から依頼あり別途確保したS席が、
初日大苦戦の末確保した私等のA席よりも良い場所だったのには
正直遺憾の意を感じてしまいました。
初日に券を獲れなくて諦めてしまった人も少なく無いのではと思いますし。
今後主催側には再考を検討してほしいものです。

さて、球場には混雑を見越して開門1時間前に球場入り、
ひたちなか外野入場口付近

球場周辺もいつもの高校野球県予選や、
他球団主催のプロ公式戦と比べて賑わいは格段の差がありました。
ひたちなか三塁側内野入場口付近

そんな中、一部西武選手は自家用車で球場入り、
商店街の草野球チームではありません。試合では全く明暗を分けたGG佐藤選手と星野選手
非常にほのぼのとした風景がそこにありました。
あと、こういう時はサイン貰えない事が多いのでそっとしておきました。
この少し後に、おっかけらしい女性ファンも話を聞き付けて現れて
選手が来るのを待ってましたが時既に遅し。

さて、いよいよ開場です。
投手陣に指示を出す西武荒木投手コーチ
自分達の場所から見えるのはこんな風景。
西武選手が練習を開始していました。
ストレッチをする西武選手(誰でしょうかね…。)
江藤選手もグランドに姿を現しました。
江藤選手と巨人チームスタッフの談話。非常にほのぼのとした感じです。
西武選手打撃練習
全般的に西武選手の打撃に快音は聞けずじまい。特に主軸の不調が気にかかりました。
巨人選手陣も再度グランドに現れ、ストレッチ開始。
この頃になると内野も大分埋ってきました

巨人守備練習、西武守備練習、
試合前のアトラクションに続き、
中の人は相当暑かったでしょうね…。

さぁいよいよ試合開始です。
応援はレフトの方がまとまりはありました。現場主義のパファンにはチーム問わず敬意を表したいですね。
試合は巨人が西武ジョンソン投手の不安定ぶりにつけこんで、
効果的に得点をあげて主導権を握ります。
打席に立つのは李選手?だったような。
そして、例のシーンに。
ヘルメットをすぐに投げつけてあっという間に両軍入り乱れる形に。
この後、二岡選手に2点適時打を打たれた事を考えると、
木村拓選手の心理戦に持ち込まれたかな?とも思います。

この試合はご存知の通り、高橋尚選手の『弔い合戦』となりましたが、
正直あのような精神状態もあって万全ではないと言うよりは
調子は悪かったです。ただ、それ以上に不調だったのは西武主軸打撃陣。
無死満塁で内野フライを打ってしまったカブレラ選手
カブレラ選手に投げた球の中には、
これはヤバイと思う球筋のものも幾つかありましたが、
尚成投手の気迫が勝ったのか、
それとも西武主軸のふがいなさが勝手に敗れたのか、
それは巡り合わせかなと思います。
カブレラ選手の初回打席時『ガツッ』という鈍いバットの音が
耳に残ってます。
あともうひとりGG佐藤選手についても。
完全に高橋尚投手のタイミングに合わず、
まさに『借りてきた猫』状態でした。
2死でのチャンス時にGG選手に打席が回るシーンが
3回あり、全て凡退。これが勝負を分ける要因のひとつだったかなと。

二岡選手はここひたちなかできっかけをつかんだかな?と思います。
二岡選手打席時
本調子には遠い出来でしたが、それでも三打点の活躍。
今後調子を確実に上げて来ると思います。

最後に幾つか気になった事。
写真は撮りませんでしたが、西武星野投手の出来が良かったです。
左横手投げの中継ぎ、巨人打撃陣を翻弄してました。
北京五輪予選時には是非とも代表に入って欲しいものですが、
どうなりますかね。

あと、いつまで巨人外野席は『例のアレ』を、
やっぱりライト席だけ浮いていました。

続けるのでしょうかね…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。