プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
国立劇場11月歌舞伎公演筋書表紙
先週日曜昼は国立劇場11月公演摂州合邦辻を観てきました。
本来夜のバチバチ10がメインでしたが、時間的に間に合う事と、
来年三月に観に行く予定の(プレオーダー突破しました)
身毒丸のベースとなっている事を知り、
これは行くしかないなと思い、国立劇場三階席に陣取りました。
半蔵門界隈も冬支度が整いつつあります。
実はこの演目三幕目と四幕目は今年2月に文楽で見ていましたので
ある程度の予習も済んでました。
あらすじはこんな感じですが、最近は大詰の合邦庵室の場が頻繁に上演されており、
継母の義子への禁断の愛がテーマになっています。

この作品は玉手の俊徳丸への愛が高安家を護るための偽りであったのか、
それとも本当に好きだったのかについて未だに解釈が分かれますが、
藤十郎丈の師である作家武智鉄二氏同様に
玉手御前は俊徳丸が本当に好きだったという
解釈の元、三津五郎丈扮する俊徳丸へのアタックは
周囲及び客席すら引いてしまうような猛烈ぶりでしたし、
それがゆえに、自らの命を落としてでも俊徳丸を守りたかったと言う
終幕への展開があったように思えました。
国立劇場内設置ポスター
配役的な妙で言えば、合邦妻おとくに扮した上村吉弥丈
誉田主税之助に扮した片岡愛之助丈
これは経験の場を設け二人の成長を促したい、
藤十郎丈の配慮があったのかなと思いました。

あと、完全に物語の世界観から浮いていた方が居ましたが詳細は略します。

ただ気になった事、様式美と言う言葉で片付けられるかな?と。
玉手御前、物語の設定では俊得丸よりも2.3歳上の20歳前後との事ですが
六十過ぎたベテラン女形が演じられる事が多く、
最近では七世尾上梅幸丈六世中村歌右衛門丈、
そして今回の藤十郎丈と、逆方向での

『都合上18歳』
となっている感があります。
もうこの際玉手御前は40歳前後と言う設定にしてしまえば、
初見の方も納得するのでは無いかなと。
逆になるべく実年齢に近い設定で見てみたい気もします。
せめて脂が乗り切っているであろう50代の女形だったら…。
今回玉手御前に扮した、籐十郎丈が50年前に
当時20代で玉手を演じた際は大絶賛されてたとかで、
今ならば玉手御前が玉三郎丈
浅香姫が菊之助丈ならどうだろうなどと考えてました。

見終えた私は永田町→赤坂見附→新橋経由で川崎に向かい、
バチバチ10に向かいましたが、これについては次項で…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ