プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
彩の国さいたま芸術劇場『リア王』筋書表紙

そして夜はさいたま芸術劇場リア王を見てきました。

あらすじはこんな感じですが、
まず前回の記事で紹介しました浅利演出との共通点について、
シンプルな舞台装置と役者の技量で勝負する点かなと思いました。

二ナガワ演出の場合は脇役陣はほぼ固定化、
主役もほぼ10名前後の主役クラスの役者で実質ローテ化してますし、
建前上スターシステムとは無縁であるはずの、
劇団四季もその点は似てるかもしれませんが…。

そして今回驚いた二ナガワ演出、リア王のほぼ全ての場面で使われた背景は
なんと能や歌舞伎で使われている松羽目、
そして要所要所に鳴り響くのは(無論生音ではありませんでしたが)
鼓と笛と、歌舞伎、能の世界そのものでした。

そして、『純粋に愛を求めた』ゆえに三女コーディリアを追放したリア王が
その後長女ゴネリル、次女リーガンに粗末な扱いを受けるシーンでも、
リアの傍若無人ぶりを腹に据えかねた故に、
常識的な対応を求めたという事を基本線にしてましたので、
長女次女を一方的に悪者にしていない、
また三女コーディリアも100パーセント善人にしていない、
この点も白眉でした。

リア王と三人の娘の物語と並行して進むグロスター伯爵と嫡子エドガー、
その二人を陥れるべく奸計を計り伯爵家、やがてブリテン国そのものを手中にせんとする
庶子エドマンドと扮する池内博之丈の姿の方が印象に残りました。

コーディリア役の方は今回初舞台でしたし、あまり多くを望むのは酷でしょう。
それに序盤と終盤しか出ていませんでしたので、ある意味『若さと幼さ』が地で出ていれば
二ナガワ演出のリア王の中では十分だったのかもしれません。

それにしても恐るべき73歳、その進化は止まる事を知りません。
蜷川幸雄さんの辞書には『老い』『円熟』の言葉は無いようです。
私的に序盤のリア王が三人の娘にその慈愛を問う場面で出てきた松羽目を観て、
『やられた!』と思いました。
今年も与野本町渋谷に何度も足を運ぶ事になりそうです。
さいたま芸術劇場入口付近

三度のカーテンコールを見届けてから与野本町駅に戻り、
何度か乗り継いで今回もありの先生宅へ。
久しぶりに手に入った佐藤黒豊永蔵をロックと水割りで頂きながら
その夜は更けていきました。

昼夜とシェークスピア悲劇を観て、
個人的に感じた浅利演出と蜷川演出の違いですが、
台詞と役者、そして芝居全体のバランスでは
若干二ナガワ演出の方が分があるかなと思いました。
浅利演出の方はやもすれば言葉(台詞)が一人歩きしていたようにも思えましたし…。
ですが、もう何作か劇団四季の台詞劇を観た上でこの事の結論を出そうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。