プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
昨日新横浜BELL'Sで行われました、
フロウズンワンマンライブに行って来ました。
開始1曲目『猿が吠えている』演奏時
今回のワンマンライブの目玉は、
『続・あいのうた』『心の中の花束』のCDジャケットを手がけました、
MYU↑さんとのコラボレーションイベント"LIVE ART"の関東初開催と言う事でして、
ステージ右端にMYU↑さんが陣取り、このように…、演奏している間に作品を制作していく流れとなっていました。
4つのテーマ毎に4曲演奏している間、
MYU↑さんが絵画を完成させるというものでした。
と言う事でセットリストは下記の通りです。
フロウズン VO&Gui富田雅奥さんフロウズン Bass&Vo(Cho)高畠俊さん
猿が吠えている
あくまで天使
ghost
神話
1作目のテーマは何だったか忘れてしまいました…。
ここでまず1作品目(不思議の国のフロウズン)完成

MCで『神話』製作時のエピソードが紹介されまして、
夜自転車を漕いでいた時に夜空を見上げたら星が綺麗だった。
それからインスピレーションが沸いてきたと説明してたように思います。

そして4曲演奏とMYU↑さん第二作品制作開始
第二作品のテーマは『酒と泪と男と女』との事でした。
『ブレーカー』演奏時の頃だったような…。『モグライアン』演奏時 この時ステージには小型スコップを持った酔っ払い(DUCCIさん)が謎の踊りを…。
刺激
ブレーカー
テキーラ(仮)
モグライアン
MYU↑さんによりますと、黄色い上向きの矢印はポジティブな気持ちを表すものとの事です。
そして第二作品完成
富田さんや高畠さんがMCで酒の事を色々話されてました。
この時はお酒のエピソードを色々語られていたように思います。

そして第三作品製作へ。
テーマは『出会いと別れ』。
『ひとつ』 ギターソロを演奏中 Support GuiのKさん(バンキンガール)
ひとつ(アコースティックバージョン)
カレン
流れ星Ⅱ
手の鳴る方へ
手探りで『君に続く道』を探している、そんな事を説明されたように思います。
そして第三作品完成。
『カレン』を聴きますと色々思い出して胸が熱く、
今でも少し目頭が熱くなります。

そして最後の4作品目『Love&Art』製作へ。
ここからはライブで御馴染みの曲が並びました。
『それからどんどこしょ』演奏時だったように思います。
未来
それからどんどこしょ
あいのうた

ここでMCが入りまして、
今回はコラボイベントと言う事もあり、アンコールなしとの事でした。
ラスト曲になったのは、この曲でした。

心の中の花束
メンバー紹介時の富田さん
ライブ時恒例『心の中の花束』時の客席区分け歌合戦の際に撮った一枚。
4枚目には今回のライブイベントの集大成的な意味合いを感じました。
そして4枚目も完成。
この時、MYU↑さんが、記事題名にもしました、
『愛と音楽は私達を自由にしてくれる』とコメントしてまして、
見事なまでの〆になったかなと思いました。

演奏全曲終了後に今回作成された4枚の絵画の再発表と、
9月に全国発売でアルバムが発売されるとの告知があり、
ラスト時の挨拶その1ラスト時の挨拶その2
出演者全員で両手を挙げて終幕となりました。

終演後物販で月初めに出ました「Red Groove TV Ⅲ」を購入。
その際、高畠さんには『小説頑張ってください』との言葉と、
富田さん高畠さんに握手までして頂きまして、
本当にありがとうございます。
高畠さんに『(MYU↑さんに)挿絵頼んだらどうですか?』など言われて
ちょこっとパニックになっちゃいましたが…。
あの後宿に帰って考えてみたんですが、
展開予定のオリジナル(Aキッチン(仮題))も
挿絵書いて頂けるといいなぁと考える絵師さんは居まして、
(言うだけならタダですのでこの際だから言っておきますが榛××おさんです。特にヒロインは×名さんのイメージで思考してます。)
高畠さんに言われた時にその事が脳裏に浮かんでパニクっちゃったんですが、
でも、私の文章での世界観をMYU↑さんがどう解釈するだろうかな、
そんな事を考えてみたりもしました。

良い意味で色々考えさせてくれた今回のワンマンイベントだったかなと思います。
今は距離を置いてますが、尊敬していたある人が
『歌は見せるもの』と言われてたのも思い出しまして、
各々の心に『見せる』歌を実際に描く人(今回はMYU↑さん)が
それをどう具象化するか、そしてそこからまた歌や文章がまた生まれて、
どう巡り巡っていくのか、そんな事を今キーを打ちながら考えてます。

そしてフロウズン、
今回はギターソロをサポートのKさんになるべく任せてましたので、
小澤さんが居た頃の3人時代の雰囲気はこんな感じだったのかなと考えていました。

9月予定の新譜も当然期待しますし、
来月の主催イベント@CRESTも勤務先日程何とかなりそうですので、
また客席に陣取りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 本日の日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。