プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
先週日曜、2年ぶりにいわき街なかコンサートにて、
とある歌い手さんのスタッフとして参加してきました。
その歌い手さんとは無論私さとうの盟友、
タケさんこと大竹則好さんです。
Bar QUEENの看板です。普段は大人の雰囲気の飲み屋さんですが、こうして定期的に色んな方がライブに噺に来ています。やっさんとも繋がりのある岡崎倫典さんも来るようです…。
今回も前回同様、私さとう含むタケさんの友人達の『チーム大竹則好』で
写真撮影及び動画撮影、ステージでの音響調整補助などを行いましたが、
今回は会場がプロミュージシャンも使用しているBar QUEENでした。
本格的な設備が揃っていた事もあり、
(当ブログつながりですとヤスさん、鈴木康博さんも何度かBar QUEENでソロライブ開催しています。)
素晴らしい環境でライブすることができました。
控え室にてタケさん。音出しNGってのもある意味貴重な経験でした…。
楽屋ではなく完全な控え室というのも街コンらしいと思いましたね…。
タケさん その1タケさん その2タケさん その3

今回は『猫の書き置き』以外はほぼ完全な新曲でして、
その中で『精一杯の抵抗』という歌も披露しました。

何度かこのブログにてふれてますが、私が去年友人を亡くしていた事、
その故人はタケさんとも私以上に深いつながりがありまして、
去年のとある時期は私含め、付き合いのあった故人の周囲は、
言葉に言い尽くせないほどの衝撃でして、
日々の暮らしにも支障をきたすほどでした。

話を戻しましてタケさんは歌詞中で、
『あいつが戻ってきたいと思わせるくらいに俺は生きる』と歌われてまして、
私の「『友人は私の心の中で生きている』んじゃなくて、『私が生きて友人を生かすんだ』」よりも
さらに踏み込んだメッセージにかなと思いました。
その歌が出来るまではタケさんも相当苦しんだと吐露されてました。
私よりも故人と付き合いが深く、共に友人内でのまとめ役でしたし、
現実を受け止めるのに相当の精神的エネルギーと長い時間を要したとの事でした。

ですが、再びギターと共に一歩踏み出したタケさん、
私は今回も前回同様、デジカメと携帯カメラで客席含めてシャッターを押しながらでしたが、
愛別離苦の苦難をタケさんなりに乗り越えて、今この場に居るんだなと思いました。

そんなタケさん、見たとおり剛さん(私はこう呼びますが無論長渕剛さんです)
の影響を受けた方でして…、
私さとう自身も色々ライブハウスやホールでミュージシャンを観てきていますので、
どうしても客観的に観ようとする自分自身と、
主観的に応援したい自分自身との葛藤もありましたが、
この日のライブを観て見方が変わりました。
今のタケさんなら都心の中規模のライブハウスに売り込んでもいいかなと思えました。
今まで以上に歌詞に身が入っているのが実感出来ましたし。

タケさんを観る人達もタケさん自身も互いに目に耳にするその時、
見方や考え方が良い意味で変われるのではと思えますし、
そも考えると尚更違いの分かる人達に観て貰いたいなと思いまして…。
タケさんの『質』を追い続ける姿勢というのは、
それこそ春夏秋冬@代々木bogalooに集うミュージシャンの皆さんと
さほど変わりないはずだと思えますからね。

って事で映像班の方々、DVD等出来ていれば一枚分けて頂くと有り難いです。

さて30分の演奏後、すぐに会場を出ようとしましたらQUEENの店長さんにタケさんが捕まってしまい
次のjuni氏のステージを観る羽目に…。
juni氏、確かに、専業(あえてこう言います)で活動されて色々実績も、
アメリカ帰りらしいセンスもあったんですが、
基本的に福島中通りから出られてないようでローカルシンガーみたいですね…。
地方住まいでもサトウリュースケさん(長野県)みたいに都心中心で活動されてる方も居ますし、
都心討って出てもいいのにと思いましたが今の環境だと色々限界があると思えまして、
そこらへんが個人的に感じた疑問ですね。

店長さんほどまでにそこまで有り難く思えるかと言われると、正直疑問でした。
当ブログですと千佐都さんchamiさんとか、裕貴-Yu:Ki-さんとか、
都心で鍛えられてる方のほうが個人的には共感持てますからね。
今年7月の春夏秋冬で観たPredawn、清水美和子さんのように大型ロックフェス出場などの実績もなさそうでしたし。)
って事で少し遅めの昼食を取りながら、
『チーム大竹則好』は軽めの打ち上げをし、そのまま解散となりました。

姿形もそりゃ大切でしょうけど、
一番大事なのは心(こころ)と志(こころざし)だなと言う事を
さらに実感したいわきの日曜昼下がりでした。

って事で次は『心(こころ)と志(こころざし)』について述べようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。