プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
この日の船堀シネパル案内板
って事で今日船堀タワーホール地下の船堀シネパルで行われた時代劇まつり(2回目)に行ってきました。
ブラック師匠の色紙と若き日の写真
上映前に快楽亭ブラック師匠のトークショーがあった事や、
中高生の頃テレ東が何故かゴールデンタイムで映画月形版水戸黄門の再放送をしていて
偶然それを視ていたのが記憶に残っていたので、
神保町二郎を食うよりも『文化』を食べようと思い、
上京して都営線の人となり船堀を目指しました。

(神保町二郎はしばらく自重します。少なくとも今時点よりも相当体絞ってからじゃないと…。)
来週 立川流の若手立川平林さんが出演する第三回映画と落語会が開催されます。平林さん今日会場にいたかもしれません…。
船堀に到着し早速ブラック師匠の今回の上映映画の紹介中心のトークショーが始まり、
師匠曰く、水戸黄門、途中まではアレなサブタイが並ぶB級作品(wikiの項目に詳細)でしたが
出演スタッフを入れ替えて東映時代劇看板作品のひとつとなり、
今回の『天下の副将軍』も若手から悪役まで豪華スター揃い踏みの大作となった事などを述べられてました。

ブラック師匠が言及していた大河内傳次郎扮する水戸家用人大田原伝兵衛に、
この映画のサゲ(いわゆるオチ)にかかってくるとの事でしたので、
これもどんなものなのか期待していました。

まずは第一作上映『旗本退屈男』
旗本退屈男 [VHS]
旗本退屈男 [VHS]
東映ビデオ 1995-10-21
売り上げランキング : 10190


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

退屈男と斬り合いをしていた隠密がその最中いきなり退屈男の仲間になったり、
原田甲斐、伊達兵庫達悪人側の医者が調合した薬が毒薬だった事が判明するシーンなど、
(今なら普通こんなんなら分かるだろ!ってツッコミ入ります。)
超展開の連続でして、その度に客席からクスクス笑い声が起きてました。
あとは伝説の漫才師横山エンタツが退屈男の狂言回し的な子分役で出てきたりと、
今に続く時代劇の流れがあったように思います。
また、話のベースが伊達騒動をベースにしたものでして、
ここらへんも後で記述しますが『古典芸能』が日常に当たり前に存在した最後の時代故の事だと感じました。

2作目は『水戸黄門 天下の副将軍』
水戸黄門~天下の副将軍~ [VHS]
水戸黄門~天下の副将軍~ [VHS]
東映ビデオ 1995-10-21
売り上げランキング : 7547


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

月形龍之介の黄門は「怖さ」「強さ」含めてケンシロウクラスの最強キャラであり、
今回もラスボスの高松藩城代家老を自分の手で斬り捨ててます。
あんな殺気だった黄門、今テレビでは放送できませんね…。
そして大田原伝兵衛の名前の由来、それは『こういうこと』だったんです。

(ネタバレに該当しますので詳細は伏せておきます)

ここでも『古典芸能』が日常に当たり前に存在した最後の時代故の事だと感じました。

テレビも始まったばかりで昭和時代劇黄金時代、
理屈抜きで展開する、昭和の大スタア達が画面狭しと暴れまわる世界に、
今に続く『超展開』を学べたように思います。

あと2作品で悪役、退屈男では実質ボスキャラの原田甲斐
(伊達兵庫はヘタレキャラ)、
水戸黄門ではリアルラスボスな城代家老、
佐伯将監を演じた山形勲の存在感も光ってました。
骨太い『ルード』であったと思います。

色々と勉強なったと実感して船堀を後にしました。
たぶん2週間後、この場所に現れると思います。
関の彌太ッぺ [DVD]
関の彌太ッぺ [DVD]長谷川伸

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2008-12-05
売り上げランキング : 21581

おすすめ平均 star
star永遠のベストワン映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

錦兄ぃが観たいんで…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ