プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日のPHASE入口看板
って事で夜の高田馬場PHASEの記事です。

リヒタースケールでもギター担当してましたサトシさんのバースデーイベントでした。

オープニングアクトのフジタサトシ(藤田真琴さんとサトシさんのユニット)は
リヒター時代の曲を2曲演奏しまして、
続いてのAYUMO and KYCはしっかりしたサウンドでしたね。

カリフはパワーロックで気に入りました。
MILDSスタッフの舞草さんがスタッフとしても参加されてます。
あやさんは出身地も同じであります、中島みゆきさんの系譜を継げる方かなと思います。

佐伯大介さん
サトシさんと同郷との事で温かいステージでした。
最初の曲が印象的でしたね。

一番心配だったmimikaさん。私さとうこの系統は苦手でして、
以前も観たような悪夢が胸をよぎりましたが、
サウンドもしっかりしてたし何よりもmimikaさんの芸人根性に敬服しました。
コアゾーン内は10人未満でしたが、他のバンドも基本観てたようですし好感が持てました。
武士の情けを知る集まりだったかと見受けましたね。

アカツキ
カリフ同様正攻法で押すパワーロックでして、かなり気に入りました。
タカイテツシさんがドラム叩いてるんですね。

準トリは藤田真琴さん新バンド、ククロールロペス。
セトリとかは真琴さんブログ待ちですがこの日高田馬場を選んで良かったです。
(この日はmomoが高円寺で、ブラック師匠が新宿でライブ及び高座でした。)
後述しますが私と同い年ですし超刺激になります。

トリのS.B.I二曲目終了時点で無念のタイムアップ。
ここで東西線経由で大手町に向かい、そのまま歩いて八重洲バスターミナルから高速バスの人となりました。

S.B.Iはサトシさんボーカルのバンドでしたがアカツキでも一緒だったタカイテツシさんや、
カマキリの人美樹生さん命名)も参加されてましたね。

真琴さん最初見た感じ、momoすぐるさんやmildsしょうたさんのように私よりも5歳前後若いのかなと思ってましたが、
去年7月のライブの際お話してビックリ。
なんと私と同じ年齢じゃありませんか。しかも早生まれってとこまで同じ。

真琴さん、私が今まで会って来た人の中で一番若い人だと思います。

ポジティブかつ繊細な世界、3年前リヒター時代に柏で観てからですが
今でも追いかけているって事は真琴さんの世界に魅力を感じているんだなって事なんだなと思います。

真琴さん、私が『もっと評価されていい』と思っている人達の中の一人です。

リヒタースケールが『エンドロール』を迎えてからはや2年半弱ぐらいですが、
真琴さんも晴れて再出発を迎えられたと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。