プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
下北沢OFFOFFシアター 入口付近にて
先週金曜下北沢OFFOFFシアターに行って来ました。
チケット
6月に新宿サニーサイドシアターに行った際
劇団イノセントスフィア狩野和馬さんから
今月下北沢に出る旨伺っていまして興味を持っていましたが、
完売が相次いでいた状況もあって、平日割引対象でもあった金曜(7/27)14時開始のステージを
狩野さん経由で予約し、下北沢を目指しました。

って事で感想へ参りましょう。

作家水森がキーボードを打ち込んで物語を創って行く、
中心になったのはミズキとユウジが出会い言葉を交わしていく、
ミズキとユウジはどちらかが大人になったり子供になったり、年齢がちょうどかち合ったりして
時が巡りながら二人は何度も出会っていきます。

その周囲を貧しい兄妹の悲劇や図書館での惨劇、自滅ネタから自虐コント?を交えたラブコメの連作や
大人の恋物語、ジャンプ系?熱血バトル、主人公水森と別れた元妻とのシーンなどを交えていくお話でした。

終盤、作家水森が予定枚数を大幅にオーバーしてしまった物語を編集の及川が
何とか連載モノに出来ないかと上層部に掛け合う事になり、
その時に作家水森の台詞が印象に残りました。

『どんなにあり得ないと思える話でも、それは「スコシ・フシギ」ってだけで、世界のどこかでは本当に起きているんだよ。中には、これから起きる本当もあるかもしれないけど。でもね、僕たち作家はふとした瞬間にその存在を感じて、それを誰かに伝えたくてペンを取る……。物語が出来るっていうのはそういう事なんかじゃないかな。』

そしてまた、最後の、いや何度も続くであろうミズキとユウジの出会いのシーンが描かれてフィナーレとなりました。

終幕の時、私鳥肌が立ってました。久しぶりでした。ここまでグッと来たのは。
後ろの席の親子連れの娘さん(高校生?)が泣かれていまして、
この場に立ち会えた事を幸運に感じつつ、余韻に浸っていました。

『ふとした瞬間にその存在を感じて、それを誰かに伝えたくて…。』
私自身、意識していなくてもどこかで考えて、思っていたことだったと思います。
私もそれを伝えたくて、キーを打っていると思うんです。今も昔も。

俊さん雅奥さんフロウズンの代表曲のひとつ、『あいのうた』でも終盤でこんな歌詞があります。

『回り回り巡る巡るこの世界はみんなのもの』
その詩の世界の中のひとつの形を見たように思いました。

終演後、狩野さんにご挨拶。感想をお伝えしたり今後の予定などを伺って下北沢を後にしました。

この世界で、自分は何を伝えていくか、
1次2次問わず常に心がけて文章活動に取り組んで行きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。