プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で一昨日の夜の部西武ドームレポです。


武蔵浦和から新秋津→秋津経由で西武ドーム入り。


この時期ですのでそりゃ暑い中に入ったり、


一旦入り口付近に戻り工藤氏のトークショーを見たり、
(かなりざっくばらんなトークをしてました。現役後半時の指導者的なスタンスが印象に残ってましたので引退後のキャラチェンジは正直意外でしたね。)
物販ブースをあちこち見て回ったりしてました。


んでもって試合開始となりましたが…。


調子の波はありましたが、以前の先発時よりは試合を作っていた松井裕投手と、



6.7回、今までの棒球投手では無く完全に確変モードに入った楽天投手陣に抑えられていましたが、



8回裏に追いつき、


この日は八重洲終バス帰還予定のため21時54分発の電車に乗らねばならず時間切れが近付き、


9回裏2死満塁時に無念の撤収。その後下山口駅付近の車内で、

結末を知ったのでした。


リスク管理を考えて早めに着く事を考えてましたので、色々やむなきところはあったと思います。


そういえばこの日をもって楽天監督代行は2軍監督に戻ったとの事ですが、
上記記事にもあります通り楽天監督が名古屋伝統の手法、逆タニマチの術で手なずけた、


大手一般紙、スポーツ紙の記者達が2軍監督とは距離を置き、どちらかといえば肯定的でない記事を
書く事もあったのが目立ってましたが、そんな楽天2軍監督はどちらかというと、


夕刊紙や週刊誌の記者と懇意にしているってのも興味深い現象だなと思いました。

拙攻合戦、どちらかと言えば楽天の詰めの甘さが目立った一戦でもありましたが、
今までよりは見せ場があった松井裕、
確変クルーズの奪三振ショーなど、それなりに見所はあったと思います。

次の球場通いは来月になりますが、その時も色々楽しんで見てみようと思います。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ