プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
って事で土曜夜はモーションギャラリーmomo結成10周年全国流通ミニアルバム製作プロジェクトコレクター限定ハロウィンパーティ夜の部に参加してきました。



中野には18時40分くらいには入ってまして、夕食どこで食べようかと迷ってましたが
目につくところが見つからず某チェーン店で夕食。
その後も時間を潰しながら開演予定15分前スタジオ入り口でとりあえずな気持ちで待っていたら、
ちょうど渋滞で会場(貸しスタジオ)入りが遅れていたすぐるさんとバッタリ。
すぐるさんからも会場内ロビーで待ってもいいとの事で、そのまま開演を待ちました。
って事で感想に参りましょう。

まずは新音源、
おんがくの時代
おんがくの時代momo

SPACE SHOWER MUSIC 2014-11-04
売り上げランキング : 103736


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

の全曲を紹介、4人のメンバーのここに注目、みたいなシーンも交えながら、
掲載曲のエピソードを紹介されまして、それから掲載曲のライブ演奏、
私が参加した25日夜の部は参加者4人だったんですが、贅沢な時間でした。

今回は上記リンク先記載にもあります通り対象者はある一定の額以上の出資者限定でした。
(私がいくら出したかは伏せますが今回参加したと言う事はある程度察して頂ければ幸いです。)
あの時のユーストを視て真っ先に支援したいと思ったのは、
今回のプロジェクトが『誠実に、そして媚びずに』の形を成すものではと言う思い入れもありました。
確かにこの日観て聴いてみて思った事は、諸事物心ともに余裕が出来ていた事もあったのかもしれませんが、
サウンドも既存の作品より精度が上がっていると思えましたし。

その後はワンコーラス限定でのリクエスト受付と言うこれまた豪華なものでして、
私はstabsongを希望しまして、すぐるさんはじめメンバーの皆さんもひと通り練習はしたとの事で、
私は口ずさみながら聞き入ってました。
その後、4人のうちどなたかであるかは忘れました(事にします)が、
封印したであろうとある曲目を指定しまして、ちょっと私も何故か冷や汗でしたが、
何とか演奏されてたと思います。
そして最後のリクで『これはオチつけるようにしないと…。』と私思いまして、
タイミングも合わせて『illuminated』をリクしまして、メンバーの皆さんも何故か
フルコーラスで演奏されてました。最後は10/30から発売予定の会場限定シングルから、
1曲目「鈍色コールタール」を演奏して幕となりました。
終演後、メンバーの皆さんからの手紙を頂きまして、
(これはプロジェクト参加の特典のひとつでもありましたが)
その中で、すぐるさんより、
『夢を持つのはステキなことだけれどとても大変なことでもあります。でも追いかけずにはいられないのですね。これからもお互いがんばりましょう。』と記されていました。


確かに、追いかけずにはいられないんです。
『君を待つ間』表紙
8年前、二次創作小説を書き始めたきっかけも、『追いかけたい』事があった事も確かですし。
あの時から、自分自身含め環境は大分変わりました。
表舞台から去って行った人、地位や名声を得た人、再び結集し鬨の声を上げた人達、
そして私自身含め皆さんそれぞれ色々あったと思うのです。

続ける事の大切さと過酷さは私も常々感じている事ですが、
それでも追いかけたいですし、追わずにはいられない熱い気持ち、ずっと持ち続けるつもりです。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ