プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
国立劇場12月歌舞伎公演 筋書表紙
って事で先週日曜も昼夜連戦でしたが、
まず昼の国立劇場レポから。
序幕の清盛館の場は間に合いませんでしたが、菊畑の場から観れました。
奴知恵内実は鬼三太が又五郎丈、虎蔵実は牛若丸が梅玉丈、
皆鶴姫が芝雀丈に鬼一法源が大播磨(吉右衛門丈)と、
ガッチガチな布陣でしたが悪役の笠原湛海に又五郎丈実子の歌昇丈という配役でして、
ベテラン陣に混じっての奮闘が目に付きました。
(この座組であれば由次郎丈か桂三丈、あとは染五郎丈かなと思ってましたし。)
若手に経験の場を与えようとする大播磨のお考えなのかと思いましたが、
歌昇丈におかれましては、隼人丈や壱太郎丈、梅枝丈などの梨園第四世代の核になって欲しいですし、
今後も大役への挑戦をして戴ければと思います。
劇場内ロビーにて
そして檜垣茶屋の場、大蔵卿奥殿の場では、一条大蔵卿の活躍が描かれますが、
稚魚の会で大播磨門下のお弟子さん達の舞台は観ていました。
そして今回、おの大播磨の大蔵卿だったんですが、
存在感がずば抜けていたように思います。
史実では馴染みの薄い一条大蔵卿ですが、
実際もこんな人だったのかと思わせるくらいの大播磨の大蔵卿だったと思います。
あと今回は鬼次郎女房お京に扮した東蔵丈の若々しさにも唸らされましたね。

先週土日は共に古典の分類に入るものでしたが、この日の三宅坂半蔵門も
創作のヒントを沢山見つける事が出来たと思います。

終演後は一旦上野コインロッカーに荷物を預けてから新横浜ベルズに向かいましたが、
それにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ