プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
らくごカフェ入口付近ポスター
って事で夜は若手講談師神田松之丞さんの会に行ってきました。
松之丞さんは一昨年の夏の歌丸師がトリの8月中席で前座で観ていたの以来ですが、
ツイートでフォロー頂きまして、それから色々調べてこの日の夜らくごカフェで会があるとの事を知り、
電話予約した上で陣取る事としました。
客席も9割方埋まってまして、期待も膨らみつつ開幕と相成りました。
この日の演目は下記の通りでした。

松之丞「狼退治」ー寛永宮本武蔵伝ー
松之丞「竹の内加賀之介」ー寛永宮本武蔵武蔵伝ー
夢吉「将棋の殿様」
ー仲入りー
松之丞「一休さん」(新作)
松之丞「ボロ忠売り出し」
(松之丞さんブログより)

序盤の新発田死闘編マクラでいきなりのハイテンション、
一昨年の夏半蔵門で観たサドベック講談そのままの世界でした。
まぁ、あと大変だなと思いました。楽屋ゴロの類は。
去年TBS落語研究会の記事でも記しましたが、
ただのタニマチなのか闇の元締めなのか判断に迷いますからね…。
もっとも演芸会も昨今場末の安物のカリスマがうようよしていますが…。
その手の主催の会とは私は距離を置いていますけどね。

話を戻しまして、新作の一休さんは落語ベースの話、
そして最後の読み本は私が何度か通っています愛山師から教わったとの事で、
テンポ、読み方がなるほどなと言う感じでした。

講談界に現れた新星、松之丞さんが置かれて居るであろう演芸界、
二つ目というポジションでも並々ならぬ熱い思いを抱かれておられまして、
今後もじっくり向き合ってみたい表現者に出会えました。

終演後松之丞さんにご挨拶、神保町を後にしました。
ラム酒(ルリカケス)と日本酒(自然酒)
この日は久しぶりにありの先生宅へ。
私が持参しましたラム酒と日本酒を二人で頂きながら冬新番を視つつ、
色々お話させて頂きました。
ジョジョ第二部は相変わらずでしたし、
たまこまーけっとはキー局でも充分やってけるだけの作品かなと思いました。
逆にビビットレッドはU系っぽく見えましたが…。
BS11の録画増やしてみようかな…。

今日もこれから談笑師トリ(予定)の立川流広小路寄席に行こうと思います。
さて、どうなりますやら。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ