プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:旅行・遠征記
さて、先程の続きです。
神戸駅に着き、そのまま徒歩で
湊川神社に向かいました。楠木正成を祀ったこの神社は
楠公さんと言われ地域からも親しまれています。
戦前は忠君忠義に生きた大英雄とされ、
戦後は悪党のイメージが先行したり、
吉川文学の世界では不戦を是とする平和主義者として描かれたりと
時代によって描かれ方は大きく分かれますが、
それまでの日本の戦場ではありえなかった
ゲリラ戦法を駆使して鎌倉末期~南北朝時代を駆け抜けた
偉人のひとりである事は確かです。
湊川での奮戦ぶりと最期には敵味方問わず感嘆の声があがり、
足利方からのその死を惜しまれた名将ですし。
宝物殿はすでに所定の時間を過ぎ閉館となっていましたが、
湊川神社本殿と
湊川神社本殿
楠木正成が足利軍相手に奮戦の後、一族郎党と共に自害したとされる
楠木正成戦没の地
楠木正成戦没の地を観てきました。 私的な正成像と言うのは、
七星報国に代表される『善人』としての正成と、
荘園や地頭領内を荒らしまわった『悪党』としての正成、
戦前戦後の評価を足して2で割ったようなものではないかと思うのです。

悪ガキ的な発想による神出鬼没の奇襲戦法に、
赤坂城、千早城に見る山岳ゲリラ戦法、
鎌倉幕府打倒の原動力にもなった正成、

貴族偏重による武士層の不平不満の鬱積から足利氏の離反による
建武政権の瓦解に対しては南朝方に組し一度はその献策によって
足利軍を打ち破るも、再起して上京してくる足利軍を
何らかの方法で対処する策が退けられ、死を覚悟して湊川へ下っていった。
史実で評されている正成像をおおまかにあらわすとこんな感じになると思います。
第一次赤坂城攻防戦の際は自害したようにみせかけてまで
生き残り再起を果たした楠木正成が、何故勝ち目のない正攻法で
足利軍に挑んだのかは後世色々と評価は分かれますが、
私は忠義でも信義でも無く、自分の信じた世界に殉じたのではと思うのです。

自分もある意味勝ち目の無い戦いに今現在挑んでいるようなものですので、
楠木正成の終焉の地と言われる湊川に赴き、
自分の志を確めたかったものでして…。

『天下』なんて取らなくていい、
それよりも正成のような世を掻き回す『悪党、悪役』であり続けたい。
私はそう思います。
5年前みんみんさんの不正規隊の発行物に載せて頂きました際、
『奥付けにかえて』で、
(たしか2002年9月合わせのVOL2だったと思います)
~我が性根、『正義』に非ず~と題しましたが、まさに
『正義』にあらずして『悪党・悪役』であったであろう
正成の生き方に触れてみたかったものでして…。

この場所もどうしても行っておきたかった場所なので、
今回足を運ぶ事が出来満足しています。
こうして神戸を後にし、再度大阪に向かいました。

今回の関西・備州遠征、次項でいよいよファイナルです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



湊川湊川(みなとがわ)*河川および地名、施設湊川 (千葉県) - 千葉県富津市を流れ浦賀水道に注ぐ河川。湊川 (富山県) - 富山県氷見市を流れ富山湾に注ぐ河川。湊川 (三重県) - 三重県熊野市新鹿町を流れ新鹿湾に注ぐ河川。湊川 (兵庫県) - 兵庫県神戸市中部を流れ大阪湾に



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ