プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
先週日曜ベルズ看板
って事で日曜昼間ベルズ行ってきました。
大学先輩でもありますSonnetteさんをお誘いしましての日曜昼下がり、
早速感想に参りましょう。

タキザワユキヒトさん
タキザワさんは去年12月以来で、かつ最初に観ました去年3月以来の
バンド編成でした。
ゆったりとした感じで聴けましたが、タキザワさんブログにもありましたとおり、
歌を大事にしたいとの意図を私なりに感じる事が出来ました。

乙三
去年5月以来でしたが、やはり演奏力と客席への浸透力は流石でした。
Sonnetteさんはこの時点で元が取れたとも言われてましたね。
去年10月のMILDSとのツーマン、今更ながら行きたかったです…。

そしてフロウズン、
この日のセットリストは下記の通りでした。
(俊さんブログより。)
この日のセトリ
1.未来
2.ニンニン
3.木
4.電人M
5.雪のタイム
6.モグライアン
7.あいがった
8.ひとつ
大ラスセッションにて
そしてセッションは『愛は勝つ』でした。
フロウズン、『まる』からの選曲が複数あったのが印象的でした。

終演後、都心に急ぎ戻るSonnetteさんと共に足早にベルズを後にしました。
帰りの電車内でこの日の出演、演奏に関して色々と指摘点も頂きまして、
私自身、贔屓の引き倒しにならないように気をつけねばとあらためて思いました。
この後は品川でSonnetteさんと別れ、私は上野鈴本演芸場を目指しましたが…、
それつきまして次項にて…、の前に、

FC向けメルマガでは一昨日、俊さん雅奥さんのブログでは昨日、
フロウズンが4/30渋谷EASTでのワンマンを最後に活動無期限凍結するとの発表がありました。

去年10月のアルバム発表と今年4月のEASTでのワンマン発表、
そのワンマンライブタイトルが『ありがとう』だったので、それを目にした瞬間、
私さとう、『もしかして』と言う思いはありました。
常に先を見て前を向いてきた俊さん雅奥さんがこの5文字言葉を口にすると言うのは
何かあるのではと。
推測ですが、去年10月のアルバム発表時点、いやその前の頃から、
そういう話が進んでいたのではと考えています。

二人が決めた事ですし、それを受け止めるしかありませんけどね…。

辛いな…。
またこうして『見届ける』事が出来てしまいます。
4/30は万難を排してEASTに駆けつけますし、それ以外でもなるたけ駆けつけるようにします。

私さとう、2010年年末WESTワンマン後、
俊さんに貰った言葉に、まだ応えていない自分自身にあらためて悔しさを感じています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。