プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
本来は土曜のイノセントスフィアの公演レポのはずでしたがこちらを先にさせて頂きます。
この日のwest入口にて
って事で日曜のwacciレポから。

この日は午後13時半に都心入り、まずは池袋に向かいサンクリにてありの先生にご挨拶。
サンクリもあの事件以降右肩下がりな状況、色々方向性を模索していると思いますが、
あーいうのもありかなと思いますね。いい方向に向かえばと思いました。

って事で渋谷に移動、くじら屋で遅めの昼食を取った後、WESTに向かいました。
この日のeast west 周辺 
この日は道路向かいのEASTとDUOが
モモクロZの西武ドームライブビューイングと、
アイマス美希さんの中の人のライブと言う
今の音楽市場の現状を現してもいました。

そんなwacci、今では周囲のバックアップもあり中~大規模クラスの動員レベルのバンドになりましたが、
草食肉食などとのたまう連中と関わって欲しくなかったですし、
(私はあーいう人達に支配されるのが嫌で、創作、表現者としての道を選んでいる訳ですからね…。)
版元のSONY系のレコード会社だって、
NORTHERN SONGS
NORTHERN SONGS片桐麻美

エピックレコードジャパン 1996-01-21
売り上げランキング : 416573


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

片桐麻美さんや、
フェビアン/Colours
フェビアン/Colours
株式会社ソニー・ミュージックレコーズ 1989-07-01
売り上げランキング : 299362


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私が兄さんと呼んで敬愛する古賀森男さん(フェビアン)が
居た頃とはまったく違うところになっていましたので、
売り方に対して、戸惑いと言いますか違和感がありました。

正直、最初は行かないつもりでしたし、行く事を決めたのは先週水曜でして、
wacciメインで観るのはこの日を最後にしようと思ってました。
心の中で別れを告げるのであれば全て見届けてからにしようと。

って事で感想です。

この動員レベルでのミュージシャンの定番でもある体操パフォとかも含めて、
ざっと見て思ったのは、やっている事は以前とそんなに違いは無かったかなと言う事でした。

アレ思い出したのは
N.Uでのコレでした。確か同じWESTで客席も含めやってた記憶があります。

(その時のレポも参考までにあげておきます。)
あの場に居る事が出来て良かったと思っています。
アンコール前最後の曲も印象に残りました。買ったっきりITUNESに取り込んでいなかった
ウィークリー・ウィークデイ
ウィークリー・ウィークデイwacci

ERJ 2012-11-07
売り上げランキング : 79342


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

をつい今し方取り込んだところです。
これで最後とはせず、今後も見届けようと言う気持ちになっています。

時効かもしれませんがこんな事がありました。
一昨年の年末itunesフリーダウンロードで『君を見送る』が
ピックアップされていた時期があったんですが、
ITUNESSTOREフリーダウンロード枠コメント欄でユーザーからボロクソに叩かれてまして、
見るに堪えない状態でした。
まぁフリーダウンロードでコメしている連中の殆どは邦楽叩きたいだけの、
って言うか邦楽叩きたいがだけに洋楽を聴くと言う、
他スポーツを叩くことしか脳のない一部のネットサッカーファンと、
それに似た脳内構造の年寄りライターやどこぞの元知事のように、
嫌われるタイプの洋楽ファンなんで特に心配はしてはいないんですが…。

そんな中で、『いかにも狙いそうなコード進行合わせて作ったような曲』みたいな書き込みもありました。
『またこんなのか』と思い、音楽から離れて行った人等を呼び戻すのは並大抵の努力では成し遂げられないと思います。

別に記事にする予定ですが音楽関連不況がらみで、ハロプロ以降の『アイドル』や、
声優などのマニア系音楽を叩くのはお門違いです。
何らかの理由で音楽から離れていった人等の方が、マニア系ユーザーよりも多いはずですし。
私自身、表向き秋元氏配下と呼ばれる女性タレント集団やメジャーレーベル所属の人等でも興味を持たない、聴こうと思わない人等も居ます。
お金くれるんなら聴いてもいいですけどね…。私だってそんなのはあります。
ナタリーとかの音楽ニュースYAHOO配信もコメントがつかなかったり、
『興味ない』『誰この人?』みたいなのがポソポソ付いてたのが一斉削除されて提灯コメントがこれもまたポソポソ、
なんてのが殆どですし。

やっぱ思うのは好きの反対は無関心って事なんでしょうね。

ですが売れたくても結果が残せず、メンバーのうち一人の音楽活動断念により解散した、
ソウルジャンクションズのような例もありましたし、路(みち)がある以上は進んで欲しいと思っています。
ただしそれも茨の道で、例えばタイアップしても今はヒットにつながらない事の方が多いですし。
先日のmegumild同様に結果が求められる立場になった以上、
音楽から離れていった人等を自分等が呼び戻すんだと言う気持ちでやっていってほしいですし、
『またこんなのか』よりも『まだこんなのがいた』と思われるような作品を世に出して欲しいです。
今のポジションでは難しい事は百も承知ですが、
あえて私の中では橋口さん達に高めのハードルを出しておきたいと思います。

今後ですと片山遼さんN.U.マイクロニクル
同じFM横浜で番組を持っているsacraなどとの対バンが観てみたいですね。

って事でライブ終了、菊井さんやすなっちさん、坂田さんにキヨさんにご挨拶しましてWESTを後にし、
いつもの五目蒙古タンメン 野菜マーボネギでした。
何故か中本御徒町経由で東京八重洲から帰郷しました。

そして動員も今まで観てきたN.U.、フロウズン、momoと比較して一番入っていた事も記しておきます。

酸いも甘いも受け止めて向き合おうと思う気持ちになったのは、
この前日、青山円形劇場で観たイノセントスフィアの演劇も原因のひとつになっていました。

って事で次の記事はイノセントスフィアの『ディス・ワンダーランド』となります…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ