プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
この日の青山円形劇場入口にて
って事で先週土曜のイノセントスフィア公演、ディスワンダーランドレポです。
あらすじは公式アカウントでの動画紹介にもあります通り、

地下空間に集う人々と少女ヒナコを巡る物語でしたが、感想に参りましょう。

私が観る前に想像したものとは違い、
地下空間も確固たるものではなく、いつ崩れるか分からない危うさも持ち合わせで居た事、
そしてヒナコが18年前の大事件と関わりを持つと言う流れ、

終盤の実は…だったの連続も特に違和感無く自然とした流れで進んでいきました。
最後の最後にヒナコがフウコの方に進んでいった事が、
喜びも、骨にまで響く痛みをも受け止めて進んで行く事を示すものだと思うようになっていました。
フウコに扮した武藤晃子さん、体調不良により降板した黒川さんの代役との事でしたが、
西森さん達が選んだだけの才智を持たれた方と見ました。

そして、狂言回し的な存在となった『師弟コンビ』
『師匠』にされてしまった山中冨美也さん扮する作業員ケイスケと、
『弟子』の吉田英成さん扮するボビーの巧妙なやりとり、
そして性悪そうな公安部管理官サメジマ、その立ち振る舞いの原因は未だに消えない、
無差別テロへの怒り・憤りだったと言う古典劇で言います『戻り』の発想、
中国出身シェフのワンさんが実は伝説の必殺剣を駆使する海賊だったという設定など、
西森さんが邦楽ジョッキーなどで接している
日本の古典演劇、戯曲の文法を踏襲しているのかなと思ったりしました。

終演後、狩野さんにご挨拶、感想などをお話しました青山を後にしました。
今回も期待以上の内容だったイノセントスフィア、今後も各団員さんの動向に注目して行きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ