プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
今回のチケット
って事で昨日も神保町~東新宿の連戦でしたが、
まずは昼のらくごカフェから参りましょう。
東京駅八重洲口付近にて
正午前に某所を出発しまずは東京駅まで。
八重洲バスターミナル付近にて色々手続きの後、
徒歩で神保町に向かい、らくごカフェに陣取りました。

今回から『独演会番外編』のタイトルも付くようになりましたが、
今まで観てきたパターンとはそれほどの違いは無かったように思います。

開口一番的に高座に来られました愛山師が、
今までこの会しか観ていない方は真打の人がめくりと座布団返しをするのは
当たり前と思うかもしれないなどと懸念されておられましたが、
私の場合は独演会はまだですが日本橋亭での講談落語たっぷり会には行った事がありますので、
その際は前座さんがされていましたからこのアマ一門会のみである事は分かってはいました。

まずは露地野一文さんの『土方桜』、
箱館戦争時の土方伝説的なお話でしたが、
よーく考えれば江戸からあちこち転戦して当時の蝦夷地に辿り着いた土方が
苗木を持っていたかどうかは不確定ですし、
そこらへんはあまり詮索しない方がいいでしょう。

今はもう歴史モノは基本ナンデモアリな世の中です。
(例えば私が一昨年観宝塚での三成モノなんかがまさにソレ。)
これもある意味特定の作家(言わずと知れた昭和の大先生ですが)の世界観を
『ガチ』前提で売り込んでいた反動かなと思います。
これも例えですが、土方と近藤が刎頚の仲だったという証拠はどこにもありませんし。
そこらへんのリテラシーもしておけば、現状とは違った『今』があったのではと思います。
これはプロレス・格闘技全般とか、つんく氏配下のタレントが幅を利かせるようになった、
アイドル系タレント全般にも同じ事が言えると思いますが…。

話を戻しまして、続いての演者は露地野ぼん子さんの
作家結城昌治さん原作の『替玉計画』、
主人公が勇み足をした終盤、オチを想像してしまっていた私はイケナイ子なんでしょうね…。
講談は古典新作の語り方が私が観た限りでは完全に分かれており、
講釈と言うよりは語りに近いものでして、色々奥が深いと思いました。

そして愛山師登場、主人公自滅モノのブラックコメディ二作と仲入り後の古典でしたが、
どちらも趣のある内容だったかと思います。
新作に関しては『健常者はこんな発想思いつかないだろう』と言われていましたが、
逆に言うと発想力が豊富だと言う事なんだろうなと思ってましたし、
古典モノに関しては上方原作のものを当然の如く自分のモノにされているなと感じました。

愛山師の独演会は奇数月最終週金曜なので中々日程合いませんが、
今年は何とかして駆けつけたいと思っています。

って事でこの後も徒歩でらくごカフェから飯田橋まで向かい
そこから池袋経由で東新宿、真昼の月夜の太陽に向かいましたが、
これにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。