プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日のGARAGE入口
って事で昨日の下北沢GARAGEレポです。

昨日は昼前に上京。
神田明神
神田祭を見ながらあちこち歩き回り、夕方に上野某所に入り、
行きは小田急でした。地下からですと時間かかりますね。

そこから下北沢、GARAGEを目指しました。

って事で感想に参りましょう。

青木拓磨さん(パウンチホイール)

ギター弾き語りでの登場、バンドの歌の弾き語りやバンドではやらない曲などを演奏した後、
最後の曲は登場曲のカバー(平井堅さんの曲)だったと言う落語の落とし噺のような終わり方でした。

この時点で岸田師匠はじめCITTYご一行(笹沢さん除く)と遭遇。
オレンジズを観に来られていたようです。

コーチガリー

今回は第三期編成のキューチガリーと、現編成のニューチガリーの2本立て、
キューチガリー(BASS岡市さん、Guiケンゾウさん)
まずは第三期編成のキューチガリー(BASS岡市尚士さん、Guiケンゾウさん)から、
2009年3月の第三期ラストワンマンが私の創作活動であたふたしてた時だったので観に行けずじまいでして、
去年弾き語りとしての岡市さんは観たのですが、どうしても観ておきたかったのが今回下北沢を選んだ理由でした。

『頑張ったけどダメだったって言ってもいいよ』から始まり、『上を向いて歩こう』に続く流れで、
一気に最初に第三期コーチガリーを観た2008年正月の柏に戻ったような気分になりました。

岡市さんとさねゆきさんのやりとりと奥で突っ込みを入れる榎本さん、
客席から見て右隅に構える腕利きの浪人剣客、ミフネ用心棒のようなケンゾウさんと、
4曲でしたが、時間取り戻すには充分過ぎる時間でした。
新旧メンバー入替の場にて
そして一旦編成入れ替え…。演出がかなりGDGDだったんですが、
ニューチガリー(クーニーさん正式加入おめでとございます。)
現編成での4曲披露。
『初恋のうた』『帰り道』など去年発表の音源中心の流れでした。
既報通りクーニーことBass北尾邦彦さんが正式メンバーとして加入となり、
MCではさねゆきさんへの突っ込みが多かったんですが今後の活躍に期待したいと思います。
オレンジズ
オレンジズ

私さとう、オレンジズは大学在学中帰省時に見た当時の深夜番組での印象がありましたが、

今は編成もギター中心になり、いい意味で当時のイメージが壊れられたと思います。
カンパネルラ
そしてトリはカンパネルラでした。


下北沢伝説のバンドの中のひとつと言われるカンパネルラ、

ステージでは昭和のいるこいる師匠を彷彿させる漫才トークが中心で何度か客席を脱力空間に陥れてましたが、
サウンド自体はイギリスポップ的な受け入れられ易い世界だったと思います。
榎本さんと青木陽伸さんもサポートで参加されてました。

今回どのバンドも企画等では無い通常のライブにしては長めの時間でして、
じっくり堪能出来たかと思います。
ただ宿泊にして良かったですね。日帰りだったら終バスに間に合いませんでしたし。

終演後、さねゆきさんと岡市さんにご挨拶。
今回青木陽伸さんはスケジュールの都合上コーチガリーのステージには間に合わなかったとの事ですが、
11月のワンマンを楽しみにして頂きたいとの事でした。


あと個人的に色々ありがたい話もして頂きました。本当にありがとうございます。

そして岡市さん、ベースの練習は2週間前後しかしてなかったとの事でしたが、
全然サマになってました。
そして東京と岩手県山田町を往復する生活をされている事や、
他の三陸沿岸地域と比較してインフラ復旧があまり進まない釜石~宮古間の事など、
色々お話伺いましてGARAGEを後にしました。

私の大学同期であるタケさんこと大竹則好さん同様に、
津波で命からがら避難した経験もある岡市さん、
東京でも普段のお仕事と格闘道場での指導役としての仕事の合間を縫って被災地支援活動をされている岡市さんに、
あらためてこの場をお借りして敬意を表させて頂きます。

GARAGE出口にはフライヤー配りに来られていたmomoすぐるさんと遭遇。
遠征時の運転の事や7月ワンマンの事など色々お話を伺いまして、
帰りは井の頭線でした。
井の頭線渋谷経由で上野某宿に戻り遠征一日目は幕を閉じた次第です。

続けていくと言う事の大切さと過酷さは、私さとう自身、身をもって知っているつもりでしたが、
パウンチホイールの青木さん、新旧コーチガリー、オレンジズ、カンパネルラの姿を観まして、
あらためて自分自身も『点』を『線』に出来るように、
色々思案と策を巡らしながら望みを繋いで行こうと思った次第です。

私さとう夏に向けていい刺激を受けましたので、
まずは6月サンクリに向けて色々取り組んで行きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ