プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
前進座国立劇場公演 筋書 表紙
って事で昨日の前進座公演レポです。
高速バスで都心入りし、メトロで半蔵門を目指しました。
この日の国立劇場入口看板タイムテーブル
って事で感想に入りましょう。

1.元禄忠臣蔵
  御浜御殿綱豊卿

松竹歌舞伎版とは違い、序盤に関してもお浜遊びがしっかりと描かれていまして、
最初から助右衛門が登場してきたのには新鮮な感覚でした。浦尾役の矢之輔丈も収穫。
江島もお喜世共々、綱豊卿と助右衛門の会見に同席し、
大詰めの綱豊卿と助右衛門の立ち回りもしっかり描かれていました。
また綱豊の能の衣装が船弁慶の知盛だったのも松竹版と違っていましたね。
松竹版では綱豊卿と助右衛門の二人キャラの台詞での対決に絞られておりましたが、
御浜御殿のお浜遊びの1日を体系的に描いていたと思います。
二世左團次のオリジナル演出を受け継いだ前進座、
劇団四季がウェストサイド物語を初演する際にアメリカ初演時演出・振付担当だったジェローム・ロビンスの弟子、
ボブ・アーディティを招聘しオリジナル演出を受け継いだようなものなのかなと思ったりしていました。
長年青果モノを手がけて創りこんできた前進座の実力を観れたと思います。

2.一本刀土俵入


松竹歌舞伎でも頻繁に上演されて来ましたが、
中々タイミング合わずこの前進座公演が初ライブ観戦となりました。
日本人のこころに響く名調子の数々、矢之輔丈扮します侠客駒形茂兵衛の姿には胸を熱くさせられました。
これも長谷川伸作品を創りこんできた前進座の実力を感じましたが、
こうなれば大播磨(吉右衛門丈)の茂兵衛が観てみたくなっていたのも事実です。

って事で毎年恒例の前進座観戦も終幕となりました。
今回は人気演目を揃えていた事もあり1階席はほぼ満員、
2階の入りもそこそこあって、今まで観てきた中では一番の入りだったと思いました。

ただ、客席のマナーも相変わらずの前進座クオリティでしたが。
上演中携帯いじるはおろか、アレは撮っていた?ように見えた人も居ましたし、
開演中の喋り声も周囲で許容範囲超えるレベルで起きていました。
流石にこれは私もジェスチャーで止めてもらうにお願いしましたが…。

第三世代の『ツートップ』が抜けた影響はまだじわりじわりと来ている事も確かですので、
何らかの形で脇役クラスの底上げも必要かなと思ってもいます。

って事でこの後は渋谷7thfloorに向かいましたが、これにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ