プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


我々春待気流の展開するリリカルなのはシリーズ2次創作についての大切なお知らせです。

現在は逆勝手にシリーズで展開中の『ユノなの魂(1人称のユーノの物語)』につきまして、
今年いっぱい、もしくは来春のリリマジで完全終了とする事とさせて頂きます。

相方すくすくさんの勤務日程もタイトで今回も挿絵版間に合わず、
いつまで続けられるか微妙な情勢になってきました。

また、2009年の製作体制移管以降、
こういう男性キャラ不要の萌え作品としての形になったのであれば、
クロノのようにユーノを離脱させるべきだと何度も主張して来ましたが、
私さとう自身、ユノなの魂シリーズは部数が見込めるとは言え、
自分の気持ちにウソをつき続けてきた面もあったのも事実でした。

であれば、今後の春待気流としての看板は自己的路シリーズに一本化させようと言う気持ちになり、
相方すくすくさん、後見人タミーさんにも了承を戴いた次第です。

現在展開中の新村けんぞうさんの3A2Sの勝手にタイアップ企画の二本目、
(夏発行予定『それが全てさ』(仮題))を持ってユノなの魂は終筆とし、

今後は未挿絵作品の挿絵付きオフセット作品化を進行させる事に専念し、
そして冬コミ受かれば、落ちても翌春リリマジに、
神様に祈ったって意味ないね(2010年5月発行リアルエンド版)、
君の住む街(暫定テキスト版2013年4月発行)、
あれからの僕、相変わらずの僕だけど…(暫定テキスト版2011年5月発行)、
の上記ユーノリアルエンド3部作オフセ版で大ラストにしようかと思います。
(書き下ろしで1作(サクラ咲くまで(仮))追加するかもしれませんが…。)

昨今売上げも頭打ちですし、私さとう自身もここは退路を断って、
オリジナルと自己的路シリーズに進んで行きたいと言う気持ちです。

自分のようなスタンスの人間は萌えベースの作品の中では必要とされていない事は
身に染みて分かっているつもりです。
であれば、自分も命を掛けられるところへ向かった方がいいのではと思うようになって来ていました。
どの道売れないのであれば、まず自分自身が納得の行ける事がしたいと思うのです。

今まで私共の作品を手にして下さった皆様、本当にありがとうございました。
そして申し訳ありません。

もう誰かの為(無論手にして頂ける皆様)にと言う気持ちだけでは正直しんどくなってきたところです。
pixivヴュー数は安定していますが実売ですと、
最近は自己的路シリーズの方が良かった時もあったくらいですので。

でもいずれ分かることではありましたし、色々と現実が見えてきた以上、
私さとう自身もドアノブをひねり、ドアを開き、次の場所へと足を踏み出す事としました。
ユノなの魂、なんだかんだ言いまして7年続きました。
これは自分自身を褒めてもいいかなと思います。

なお、『それからの二人』のような2人称での物語は今後も作成するつもりですので、
そちらで宜しければと思います。

以上、私共『GALSパラダイス』、『春待気流』、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。

追記
可能であれば現在も存在していますラウドヴォイスのホームページ
(ラウドヴォイスは2010年4月末日をもって解散しています。)
無料配布音源、『陽射しがさんと降り注げば』を聴きながら読んで戴けますと、
私さとう的にはとても嬉しいです…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ