プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:ふと思うこと
昭和映画斜陽期の大映の二大看板、勝新太郎と市川雷蔵、その雷蔵丈の末期の作品、
元々5部作で作られたであろう『陸軍中野学校』シリーズの最終作5作目、
陸軍中野学校 開戦前夜 [DVD]
陸軍中野学校 開戦前夜 [DVD]
角川書店 2012-06-28
売り上げランキング : 32426


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『開戦前夜(1968年製作2012年に3000円前後の廉価版DVD発売されてます。)』で、
雷蔵丈扮します陸軍中野学校出身のスパイ椎名次郎と、
椎名次郎及び中野学校と相対する米国スパイ集団『P機関(元ネタはペンタゴン?)』のコリアン系女抗日スパイ、
小川明子さん扮する一之瀬秋子(通名設定?)が、
日本側要人数名が足しげく通う国粋思想の権威大原博士に近付く目的で、
その博士の孫娘、昌子とも接点を持つようになりますが、
その昌子と秋子が香港から日本に戻った再会のシーンの際に昌子が秋子に、
『御姉様!』
と言う台詞がありまして、それを視ながら苦笑いしてしまった記憶があります。

一之瀬秋子と大原昌子は劇中、『たいさいじょし』の先輩後輩の間柄と言う設定で、
おそらく前後の大妻女子大学、当時の大妻高等女学校をモデルにしていたと思います。
(こちらは『おおつま』です。)
戦前、特に女性教育がある程度確率された明治後期から日中戦争が激化する昭和10年代初期の頃までは
女学校、女子学校等女性高等教育機関内での独特の文化が形成されていました。

2年から4年の間にかけての期間、基本的に男性から隔離、男性を拒絶し、女性だけの世界、
恋に恋して夢を夢見る、そんな世界になる訳ですが、
その後は基本的に親や周囲が決めた相手と望まぬ形での結婚とそれからの家庭生活が待っていた訳でして、
現実に投げ込まれる前の本当の意味でのモラトリアムだったかと思います。
そういう意味ですと戦前からの女学校とかの思想、
例えばマリ見てのようなミッション系の女学校もありましたし、そういうのには敬意を表したいと思います。
もっとも、10年前のマリ見てのブレイクも、
時を同じくして全盛期だったNANAのようなリアル路線の反動だったかと思いますが…。
(その当時はリア充なんて言葉はありませんでしたが。)

今の向こう側の路線と言うのは男性キャラ不在による、
俺嫁だとか萌えナントカだとかの思想が見えてしまうものが多く、前に記事にしていますけいおんなど、
ある程度清新さが前提にあるものはまだいいですけど、
最近ですと最初から演者の技量含めネタと割り切り開き直ったものが多すぎるように思います。

それに戦前女学校的な世界観が成り立つのはある程度生活水準、
教育水準もある事も前提になっていますので、全てにおいてガールズ思想が成り立つ、
皮肉交じりの言葉でもありますが、『百合王国』なんてのには私は乗れないんですね。
実際問題、リアル社会で中学高校の頃から女子同士いがみあったり、
陰口言い合ったりしているところも見てきたので、
『そんなんある訳ないやろ!影でいがみあってるに決まってるわ!』なんて思ってしまうので、
完全空想の世界には私さとう、やっぱり行けそうもありません。

でも探せばそういう生々しい世界も描いている作品もある訳で、
最近ですとこれまた先日ブログ記事にしました『言の葉の庭』で
悪役的存在になった女生徒キャラとか居たわけですから、
そういう世界があるところに自分が行けば良いだけの話でもありますけどね。

ともあれ、なのはシリーズも1期2期まではバランスは取れていましたが、
3期の失敗とそれが呼び水となった現在の版元への体制移管により、
どういう方向に行ってしまったかはここでは記さないでおきますが、
2期までの頃をどうしても懐かしく思ってしまいます。
『向こう側』とも健全かつ適度な関係でいれたと思いますし。

腹に一物も二物もある『和解』『友好』よりは、
適度に距離を置いて相互尊重とは言わないまでも、
相互不可侵的な間柄の方が健全だと私は思うんですが…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ