プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で遅れましたが日曜のSアリレポです。


早めにサンクリを撤収し、上野でコインロッカーに荷物預けましてさいたま新都心へ。

セットリスト等は他の大手サイトさんにお任せしますとして、
私的に気になった点を幾つかあげさせて頂きたいと思います。

やはり歌唱力も一流どころであるゆかりさん、奈々さん共々、
アコギとカホン1個ずつの簡素な編成でも客席を沸かせられると見ています。
イーグルさんのカホン叩く姿見て見たいですね‥。

あとはイタメシ屋さんでのエピソードも印象に残りました…。

アンコール終了して会場1周した後のMCが一番印象に残ってました。
『ほんの少し勇気を貰った』『みんなが連れて来てくれた』あたりがもう、
ゆかり姫とその中の人、田村ゆかりさんとが交錯する感覚がしました。

例えば、スーパースターE.YAZAWAをコントロール、マネージメントする、
人間矢沢英吉と言った感じならご理解頂けるかと思いますが、

永遠の17歳、ゆかり姫をゆかりさん自身が、
コントロールマネージメントし切れなくなっているのかもと言う心配な気分になっていました。

これは、私が長渕剛さん94年ツアー初日の山形県体育館ライブも観てまして、
(その年末に何が起こったかはここでは記さないでおきますが)
あのレベルではないにせよ、
中の人としてのゆかりさんの心身のバランスが心配になってました。
足首とか膝とかもケアしてるとは思いますが万全では無いでしょうし。

例えがちょっと変ですが、
廓とか、花魁とかの世界であれば年季奉公明けの年齢でもありますし、
もう、私の中では、ゆかり姫が人間田村ゆかりさんに戻る日が来たとしても、
それはそれで良い事なのではないかと思うようになっていました。

王国民の皆さんも、例えその日が来たとしても、
きっと拍手で送り出してくれるんじゃないかと私は思います。

その日がもし来たとするならば、

百恵さんのように、マイクを置いて次の人生へと旅立って行くんじゃないかって思うんです。
今、それが許されるのはつんく氏、秋元氏門下の各アイドルタレントの方々、
そして奈々さんやほっちゃん、その下の世代の声優さんの中でも
ゆかりさんただ一人なのではと思っています。



って事で終幕。


上野いわき行き終電特急に飛び乗って何度目かの上京遠征は幕を閉じました。
2年ぶりの王国の宴でしたが、
また機会あれば自分なりの視点で見てみようと思います。


あとは財津和夫さん作詞作曲での新作も見て聞いてみたいです…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ