プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇



って事で一昨日の大統領師匠レポです。

新宿駅から地下通路で三丁目都営新宿線出口まで徒歩で、
少し早めに着いてしまいましたので、
開場時間まで付近をうろうろしてました。
開場時間時すぐに会場入り。
去年の時点で前説?トークも長めにやる事は分かっていたので、
13時45分過ぎくらいから始まったその前説トークも、
じっくり堪能しました。
旅行時の悲惨な体験、奇妙な友人、
時間切れで強制終了になってしまいましたが
『師匠』のゲーム会社在籍時でのマグマ体験が一番印象に残ってます。

って事で本題に入りましょう。

ツイ検索等で評判高かった『借り物競争』、流石の展開に唸らされました。
『時代の波2』は去年も観てましたんでさらに斜め上を行く展開にこれまた唸らされましたが、
今回は『親父の迷宮』が私の中で一番印象に残りました。
ゲーム世代の中でのファンタジーとリアルの境界をバランス良く見せていたかと。
続編、というよりも30分~1時間くらいでの短編化でお話が観れればなぁと思ってます。

去年から観始めた大統領師匠、去年は『ONE ROOM DISCO』を筆頭に、
時折魅せる本隊イノセントスフィアばりの重い展開が印象に残ってましたが、
今回はコントベースでの話がメインでした。
でもっやはり先述の『親父の迷宮』のように味わいと余韻が残るお話をキッチリ用意してくるあたり、
侮れないなぁとあらためて感服しています。

あとはロマンスの神様、30(その後の30)、東京ドームにて、
説得、寝られないなども印象に残りました。

地底人 (アクションコミックス)
地底人 (アクションコミックス)いしいひさいち

双葉社 1986-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

謎の怪人ミキサー大帝など、80年代のいしいひさいちさんチックなSFギャグだったかと思います。

終演後は狩野さんにご挨拶しまして感想や、
7月の出演舞台の事などを伺いまして、サニーサイドシアターを後にしました。
カルデッド チラシ
去年同時期とは打って変わって重い話になるかと思いますが、
万全を期して客席に布陣したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ