プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
京都南座京阪祇園四条駅入口にて
って事で一昨日夜から今日昼にかけまして0泊2日の特攻ツアー敢行して来まして、
まずは昨日昼の南座からです。


一昨日の夜茨城を出まして翌朝8時20分前に天王寺に着。
そのまま阪堺線で神明町に向かいまして、


関西遠征時恒例の杉浦監督、鶴岡親分の墓参を終えた後、


天王寺に戻り環状線で京橋へ。


祇園四条から南座、って事で舞台版東京物語となりました。
それでは感想に参りましょう。
小津安二郎大全集 ( DVD 9枚組 ) BCP-027
小津安二郎大全集 ( DVD 9枚組 ) BCP-027
株式会社コスミック出版 2010-12-08
売り上げランキング : 1682


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出発前の一昨日昼、映画版で予習を済ませておきまして、

私さとう、学生時代以来の久しぶりの東京物語でしたが、


一概に長男長女を責める気分にもなれませんで、自分でもあー扱ってしまうかもしれないと言う気持ちにもなってました。
『感動』と言うよりはリアルさと残酷さが胸に積み重なる物語だったように思います。

そしてこの新派舞台版。舞台を長男である幸一宅に集約し、
熱海での騒々しさも、戦死した次男昌二の未亡人、紀子に暖かいもてなしを受けた事も、
周吉とみの口で語られる形となり、父周吉がトラになって警官に連れて来られたのも幸一の家に、
とみが倒れ亡くなったのも幸一の家に変わってました。
これは舞台版ゆえの事であると私も受け止めてましたし、
それ以外の基本線は映画とそのままで、
子役含め昭和20年代後半の雰囲気になっていましたので安心して観ている事が出来たように思います。
新派女優ツートップの波野久里子丈、2代目水谷八重子丈の存在感と実年齢ではあまり差が無いのに
完全に親子、母娘になっていた事、田口守さんと児玉真二さんがそれぞれ長男と長女の婿としての
役割になっていた事、あとは瀬戸さんもまたも原節子さんの演じられた役をされていましたが、
(私の場合ですと去年秋の『麦秋』今年正月の『お嬢さん乾杯』に続いて3度目。)
華のあるなしを比べるのは野暮ですので触れない事にしましてもポジショニング的には全うされていたと思います。
何よりも名匠山田洋次監督の演出でしたし決めるとこはしっかりキメてましたからね…。

一番印象に残ったのは舞台版オリジナルのラストシーンでした。




とみの葬式をあげる為に尾道に旅立った周吉幸一志げを見送った後の、
紀子と幸一の妻、文子との会話シーンでした。
紀子が見合いを断った事、平山家の家族で居たい事が切実に語られ、
少し泣きそうになりましたね。

オマージュ作品を発表したり小津作品への敬意を表している
山田洋次監督の思い入れをこの場面で観れたように思いました。
って事でこの後は河原町から阪急電車で梅田へ。
梅田からなんばをブラブラしてから南堀江ZEROに向かいましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

こんばんは。初めまして、私も南座の東京物語を拝見いたしました。映画も昔見ました。大好きなさくひんです。波乃さん、田口さんは長男長女ですょ!次男が瀬戸さんの戦死した旦那。兎に角皆さん自然で素敵でした。特に児玉さんが三枚目で、髪結いの亭主って感じで良かったですね。瀬戸さんは美しくて輝いていて、言葉遣いも、所作も美しい。こんな劇団って素晴らしいですね!!

Re: タイトルなし

> こんばんは。初めまして、私も南座の東京物語を拝見いたしました。映画も昔見ました。大好きなさくひんです。波乃さん、田口さんは長男長女ですょ!次男が瀬戸さんの戦死した旦那。兎に角皆さん自然で素敵でした。特に児玉さんが三枚目で、髪結いの亭主って感じで良かったですね。瀬戸さんは美しくて輝いていて、言葉遣いも、所作も美しい。こんな劇団って素晴らしいですね!!

返信遅れましてすいません。
このようなヘンピなところに来て頂きまして有難うございます。
言葉遣いや所作は百年以上の伝統で培われたものだと考えています。
前進座を例に挙げるまでもなく、古参の劇団も動員に苦しんでいるところはありますが、
新派は猿翁一門の若手とのコラボなど積極的に新しい風を入れようとしていますし、
次に続ける脈と流れはあると見ています。
10月の三越劇場の婦系図も楽しみですね。08年の演舞場版も観ていますし、
自分の視点で観比べられる事も出来ますし。

今回はこれにて。

シアターガイド

先日はお邪魔致しました。たまたまシアターガイドを購入致しましたら瀬戸摩純さんが連載されていまして…先月の東京物語が無事に終わった事も含め、おすすめの舞台を幾つか載せていました。言葉や所作がきれいなだけではなく、文章や表現力、心遣いのある本当に美しい方なのだと驚きました。何回か連載のようですので来月号が楽しみになりました。体調がよければ10月東京三越劇場まで観に行きたいと思いますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。