プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


来たるコミケ84につきまして、
サークル『情熱一途』スペース『セ46b』で頂いておりますが、
発行物案内第二報です。(8/12朝追記※コピー本分も確定しました。)

コミケ84終了までの間、この記事をブログトップ記事とさせて頂きます。

まずは既刊物から
君と僕が好きな歌(2012年10月発行) 表紙
①君と僕が好きな歌 単価400円
自己的路総集編 ① 表紙
②自己的路 総集編①単価400円
それからの二人 表紙
③それからの二人  単価400円
『手の鳴るほうへ』表紙
④手の鳴るほうへ  単価400円
『クロユノ!!』表紙
⑤クロユノ!!   単価400円
⑥ユノなのアリユノ美由ユノクロユノそして、自己的路!
 ~雑文集リターンズ~ 単価100円
⑦自己的路『第六話 決別』単価100円

④~⑦は部数少数予定ですのでご注意願います。

当日委託新刊(確定)

八坂真尋アンソロジー「まひろ色シンフォニー -The color of Mahiro-」

価格:1000円


別途記事にしますが、私さとうも上記アンソロに小説『魔法が解けるその日まで』で、
参加させて頂いております。近日中にサンプル版ピクシブにアップします。

告知サイトもありますのでこちらの方もご覧下さいませ。

当日新刊(確定)

さとうのりよしオリジナル創作
Aキッチン総集編(書き下ろし第六部『言問橋でつかまえて?』含む)
単価500円

なのは2次創作オフセ版(確定)

それが全てさ 価格300円
(テキスト版なので表紙アップは自重します。)
今回逆勝手にユノなの魂シリーズの特別企画と題しまして、
掲載全作品新村けんぞうさんが2012 年12 月5 日にリリースされました
ミニアルバム『3A2S』の5 曲のうち、
4 曲をフューチャリングした作品として夏コミ新刊と相成った次第です。

まずは1 作目の『荒野を目指す君のもとで』は、
その『3A2S』の1 曲目、
『そして君は荒野を目指す』をフューチャリングし、

お話は無印での終盤、フェイトとの一騎打ちに向かう旅の途中を回想する形での物語としました。
なのはのあくまでも前向きな姿勢とそれを支えるユーノ
の姿を自分なりに創ってみたつもりです。

2 作目の『今僕に必要なもの』は同じく『3A2S』の2 曲目、
『足音にほほ笑んで』からフューチャリングしまして、

A‘S(テレビ版)終盤、
闇の書の意志にはやて一家とフェイトが取り込まれてしまってから
のユーノの動きと、ユーノがなのはへの想いを意識する瞬間を創って
みました。
(近日中にピクシブアップします。)

3 作目の『君は気付くはずもなく』は『3A2S』3 曲目『あの人は気付かない』をフューチャリングし、

ユノなの魂本編第二部『君に逢えた日に』
第三部『君のひとことで』の間で設定し、何も言えず自爆して
しまったユーノの苦悶と人間関係に悩まされ始めるあたりの描写を生々しく描いてみました。
(近日中にピクシブアップします。)

4 作目の『それが全てさ』は『3A2S』5 曲目、
『それが全てさ』をフューチャンリングし、

ユノなの魂本編完結後の後日談のひとつとして、
都会の片隅でお使いをするユーノと、それを追って海鳴からやってく
るなのはや、周囲の人々との交わりを描いてみました。

元々は今回の発行をもってユノなの魂の新規作品を終了させる予定でしたが、
相方すくすくさんの勤務日程の超繁忙化でそれも叶わず、
書き下ろしを追加し勝手にけんぞう魂として発行する事となりました。
折角頂いた夏コミ直参の場所なのに何もしないでいるのも情けないと思ったのも事実です。
抽選漏れた方々の無念を思えばここは気持ちを通さないといかんと思ったのが
今回の特別企画発行の理由の第一のものでした。
(一昨日家にカンヅメで追加2作含みます作成と編集で徹夜していました。)

間に合えばになりますが相方すくすくさんのイラストがおまけのような形で付けられるかもしれません。


※今回も間に合いませんでした。期待されていた皆様方申し訳ありません。

※8/12朝追記

コピー本新刊
自己的路第七話『贖罪』 単価100円
今回は自己的路シリーズのオリキャラ、ジェリコアーリントンの過去と、
ユーノの研究室で働く事になった新人女性研究員と、その父とジェリコの間に起きていた事から、
このシリーズ定番の『死ぬことでなく生きる事、生かす事』的な流れにしてみました。
どうぞご覧頂きたいと思います。

以上、私共『GALSパラダイス』、『春待気流』、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ