プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:日記
この日のOFF・OFFシアター入口
って事で金曜の昼夜連戦レポ昼の部からです。

JACROW公式サイトにもあります通り、自殺をテーマにした4本の短編集、1本当たり30分前後X4で120分でしたがm
どれもこれも強烈過ぎる芝居でした。

JACROW公式ブログにも舞台写真公開の欄でその紹介があります通りですが、
上演順かつ現時点(7/30)でまだ上演中ですので上記公式ブログ以上の
ネタバレにならない程度での紹介をさせて頂きます。

第一話『甘えない蟻 another ver.』
『2011年8月。震災の爪痕も生々しい石巻のとある一軒家。全壊したその家で一家の主人である男が首を吊って自殺した。その夜、男の家族、兄弟がそこに集まり、話をする。それぞれが持つ哀しみと自責の念がやがて黒い感情になりぶつけ合うのだった・・・』

自殺した主人の妻と娘、主人の兄と弟がそれぞれ責めあい、
ぶつけ合う流れは実際にそうなったら起こりうるものであり、
こうなりかねないなと言う思いにさせられてしまいました。

第二話『スーサイドキャット』
『とある女子高校の応接室。亡くなった娘の両親が学校側を問い詰める。電車への飛込み。娘はいじめを苦にして自殺したのだと。学校はいじめはなかったと主張、両者の言い分は平行線のままだった。それに対し母親は「証拠がある」という・・・ 』
それぞれ、両親と学校側の対応が超リアルなものでした。
じっさいこうなるだろうなぁと思いながら見ていましたが、
『犯人』の描写で物語の真相はとんでもない方向に行き始めたところで、
『本当の犯人』のしたたかさが見えてきましたね‥。

第三話『リグラー2013』
『とある不動産会社のとある営業部。真夏日の朝、定例ミーティングが始まる。熱血営業マンである課長は今日も部下にげきを飛ばす。やがて営業ができない中堅社員に矛先が向くと、課長の執拗なまでの教育が始まるのだった・・・』
これも実際にこの国のどこかで行われていそうな気がしましてリアルでした。
『出来る側』の人間も、上司よりもしたたかでいた描写が気に入ってます。
こちらも『真相』が見えてきたあたりでのどんでん返しが強烈過ぎるものでした。

第四話『鳥なき里に飛べ』
『2015年10月初旬の話。富士山麓青木が原樹海コウモリ穴近くの遊歩道にて、ひとりの男がフラフラと樹海奥深くに入っていく。その男の後を付ける謎の男。やがて謎の男が声を掛ける。「よかったら話をしてもらえませんか?」』
三話目までが重すぎる展開だったのでこういう話もあってもいいと思えました。
話す男二人が終盤始めた日本伝統の格闘技の有様を観たあたりから、終盤のオチを予想してしまっていた私はヒネクレ者なんでしょうね‥。


一話目二話目三話目と進むほどに普段のパンチも最後のストレートも重さが徐々に増して行きましたが、
何とか最後まで立ち続けていられた、目を背けずに見届ける事が出来たと思います。
客席と舞台の間でのボクシング4回戦だったと思います。



三冠パワーボムの掛け合いのような芝居でして、

演る側も相当な体力と精神力を要したと思います。

終演後は今回出演されてましたイノセントスフィアの狩野和馬さんにご挨拶。
感想や今後の予定などを伺いまして、下北沢を後にしました。

身を削ってこそ、見せて魅せられる世界があるんだって思えますね。
そしてこの後は吉祥寺シャッフル、アリケンさんけんぞうさんのツーマンライブに向かいましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。