プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先週木金と勝手に円丈師2Ddaysを敢行してました。

印象に残った点を幾つか挙げさせていただきますが、
まず、前座さんは金曜土曜とも円丈師のお弟子さんだったんですが、
それぞれ古典落語をされておりまして、
円丈師自体が最後の名人6代目円生師に弟子入りしたように、
まずは古典で落語の骨格を学び、地に足がつくようになったら新作、
という流れなのかなと感じ入った次第です。
仲入り前の小ゑん師が予想通り強烈な印象を残しました。
マクラから永田さんばりの顔芸で突っ走り、
『ほっとけない娘』2年前の落語協会新作募集で佳作になった作品ですが、
完全に小ゑん師の世界観の中に取り込んでしまってまして、この時点で2千円の値打ちはあったかなと思えました。

そして後半は白酒師、奇術師のダーク広和師、トリの円丈師のラインナップだったんですが、


それぞれが三人三様の世界を繰り広げられてまして、
特にトリ前の広和師が前後の二人に負けずとも劣らない存在感を示されていました。
そして円丈師、この日は円朝モノの名作、双蝶々をアレンジしました、
『双蝶々スカイツリー』
原作?の話は以前馬石師がトリを勤められた鈴本で観てましたが、
設定を現代の歌舞伎町や大詰めのシーンではスカイツリーを設定使用するなど大胆にアレンジされ、
古典あっての新作、という円丈師の考え?を観る事が出来たと思います。
まぁ、円丈師のトリ日記にもあります通り、一旦高座から下がって場面転換を待つあたりなどで
タイミングがズレたりとGDGDもありましたがそれも含めて楽しめたと思います。

終了後はnormad757さんが待つ西武ドームへ。


途中緊急地震速報が流れ出して池袋で5分程度緊急停車したりしましたが、
何とか間に合って西武ドームへ。


かなりGDGD間漂うゲームでしたが、10回裏の攻防にようやくプロのらしさを観れたかなと思います。


試合終了後は3.4分でしたがフィールドウォークでグランドにも降りられましたし、
(元々はダブルプレー体験の予定でしたが試合時間延長でフィールドウォークに切り替わったとか。)
そこそこ楽しめたと思います。


その後は武蔵野線経由でありの先生のところへ。
今更ですが夏番組を幾つか視させて頂きまして、
大元の作品とはほぼ別モノになっていたガッチャマンなどを視ながら焼酎、
という時間を過ごさせて頂きました。

って事で2日目国立演芸場金曜分につきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ