プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で一昨日の昼夜レポ、昼の国立演芸場レポです。
行きは


18きっぷ鈍行で11時前に上野入り。
それからあちこち回って昼過ぎには半蔵門入り。立ち見券を無事確保して開演を待ちました。
って事で感想に参りましょう。


前座の鯉和さんが今度は持ち時間5分余らすと言う大暴れ。
これはきっと後で、少なくとも後の二つ目昇々さんにはお小言モノだったと思いますが、
その昇々さんが時間をキッチリ合わせていたのにも印象に残りました。

東京ボーイズは前回披露を自重した謎かけモノ、
6月に解散した大物ユニットで?「かいさん」でした。
小南治師は定番?の大入り袋の披露からの『宮戸川』でした。
私の中では落語協会での菊春師に匹敵する『宮戸川』の遣い手?だと思ったりしています。
そしてWモアモアのお二方、団体客、年配の客席で思う存分お二方の世界を展開していました。
助六師もこの前と同じ噺かな?と思っていましたが違いましたw
踊り含めこの師匠も中席には欠かせませんね…。


そして仲入り後は遊雀師、マクラから突っ走りまくり、
定番の前座時代の小咄から客席を見渡しての
『噺家殺すにゃ刃物は要らぬ、あくびが3つあればいい』にはウケまくってしまいまして、
『悋気の独楽』も遊雀師ならこう演るであろうなと言う期待以上の内容でした。

そして歌丸師、『真景累ヶ淵』の最終話『お熊の懺悔』でしたが、
新吉とお賤の破滅的な旅路とその末路に焦点をを絞った形での語りでして、
客席をミイラ 落語芸術協会会長の世界に引き込んで居られました。
貫禄を感じましたね。やはり歌丸師には2万年生きて頂きたいと思った半蔵門の昼下がりでした。

終演後は恵比寿aim、ひとりMILDSを見に行きましたが、
それにつきましては次項にて…。


スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ