プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日神田愛山師・柳家喬太郎師二人会に行ってきました。

昼間は色々調べた結果、初の鎌ヶ谷ファイターズ2軍戦を観る事に。










この日はライオンズ戦、そのライオンズは肩故障しリハビリ中の坂田選手復帰との事で、
それも含め観に行こうと思ってましたが、
ファイターズ先発はなんと、


斎藤祐樹選手でして、私の周囲にはレプリカユニ着用は無論の事、
全身祐ちゃんグッズに身を固めた祐ちゃんギャル(一応)と、
ツイート検索で色々見てたら現地参戦を予告してた坂田片岡ギャルの二人組(リアル)が
陣取ったりと中々のカオス空間でした。




そんな斎藤投手、序盤は当たり正面の強い打球が多かったんですが、
西武打線を徐々に術中にはめていき5回1失点で勝ち投手にはなりましたが、
一軍復帰はまだ時期尚早かなと思えました。


ネット裏上段席の常連おっちゃん達は斎藤投手がしくじり出すとヤジを飛ばす有様で、
あの方々はディスりに来たのかなぁと。そして祐ちゃんギャル(一応)の姿に、
ヤフコメ欄やツイにありがちなソレとリアルとあんまり差がないのかなと思ったりしてましたw
あと、


見た目70代対50代のおっちゃんの小競り合いも観れたんで貴重だったかなと。
団員さんだけじゃなくて一般ファンも狼藉起こした場合は関係先通報、出禁等の処分も必要かなと思ってます。


坂田はこの日西武唯一の得点となったレフト方面への適時二塁打を放つなど三打数一安打でまずまずの成績、


今日(8/28)は今日で大爆発したようで、遅くとも来週には1軍に戻ってくると思います。




って事で私は九回二アウト時点で撤収し京成バスで西船橋から両国へ。




お江戸両国亭の人となり開演を待ちました。って事で感想に参りましょう。


前座の五代目圓楽一門会の楽天さんは『牛ほめ』、
二つ目神田春陽さんは『権三郎海賊退治』
(2年前の国立で前座時代の松之丞さんの講談を観てた記憶があります。)
そしてお待ちかねの喬太郞師匠はチラシ記載の演目の予定を変更し、
ここで春風亭昇太師匠作の新作落語、『夫婦に乾杯』をかけてこられました。
マクラで昨今の冷凍冷蔵庫騒動ネタで爆笑の流れに取り込んでそのまま本筋に突っ走るパターンで
最後まで笑い通しの25分弱だったと思います。
そして愛山師は怪談モノの『小夜衣草紙』、本気で惚れた若旦那に捨てられた花魁の怨念がテーマの怪談噺でして、
前半は動の喬太郞師、静の愛山師だったと思います。
そして後半は愛山師から『(講談私小説)涙のほくほく線』
主人公の品川陽司が車のドアに手を挟まれて温泉に入れなくなり、同行してた常連2人に温泉の感想を訊き、
二人目の『風呂が広かった』の感想を聞き、
『小学生並みの感想』だと主人公が呆れて幕になっていたと記憶しますが、
まさかとは思いましたが愛山師が淫夢民である可能性が微粒子レベルで存在する?と思ってしまいました。

(動画リンクと本編は関係ありません。)
そしてトリは喬太郞師の『死神』でした。

噺の本筋は知っていましたが今までライブで観た事が無く、
喬太郞師がどう料理するか楽しみにしていましたが、
期待以上の内容でした。くすぐりでは前の愛山師の内容にもふれたり、
終盤での蝋燭洞窟では最近不慮の最期を遂げられた大物女性歌手も登場させるなど変幻自在の内容で
あの40分弱、死神の世界になっていたと思います。
上記つべリンクの六代目圓生師同様に喬太郞師が倒れ込み幕が閉じた時、
すごいもん観れたなぁ、とあらためて感服した次第です。


両国から秋葉原経由で上野へ、21時18分上野発高萩行きの終電鈍行の人となり、
今回の日帰り遠征は幕を閉じました。
喬太郞師と愛山師、あらためて最強の二人だと感じ入りました。
冬の二人会は日程的に厳しいのでまた来年夏、両国亭の人となれればと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。