プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で今日念願の新装後初の歌舞伎座観戦と相成りました。


先日偶然団体枠もしくは役者さんの後援会等からの戻りチケット再放流に遭遇し、
渾身のクリックでチケット確保を成し遂げた次第です。
って事で感想に参りましょう。

通し狂言
一、新薄雪物語(しんうすゆきものがたり)
  花見


この場では国崩しの悪役、秋月大膳に扮しちた海老蔵丈の存在感が際立ってました。
居るだけで劇場全体の空気が変わる存在、当然この後の展開に期待をしましたね。
  詮議


詮議での場では善玉の執権葛城民部に扮した海老蔵丈、
幸崎伊賀守に扮した当代紀尾井町、園部兵衛に扮した若高麗との息の合った演じぶりでして、
30年以上何らかの形で芝居演劇に関わってきた『選ばれしもの』の凄みを感じました。
  広間
  合腹


主君である鎌倉幕府六波羅探題への忠義立てと
無実の罪を着せされた息子娘を救うために命を犠牲にする二人の父親、
幸崎伊賀守と園部兵衛の姿、今の世にどう受け止められるかを客席全体で観ていましたが、
『ここ笑うとこ?』な場面であちこちで笑い声が聞こえてきたりしまして、
戦中までには存在した倫理観、世界観の成立は難しいところなのかなと思ったりしてました。
かの家元、談志師匠も常々口にされていた事ではありましたが…。

ですがこの新薄雪物語、古今東西の悲恋モノと一線を画すのは、
悪役の秋月一味は存在しますが、
主人公扱いの園部左衛門と幸崎家息女薄雪姫の仲を成就させるべく、
周囲の大人達が命がけで尽力すると言う事かなと思います。

そこらへんは、明治維新前後に流入した亜米利加系プロテスタントのキリスト教の倫理観が
浸透する前の日本の建前と本音の恋愛観と倫理観が前提だったのかなとも思えましたし。

二、吉原雀(よしわらすずめ)


中村屋兄弟のコンビーネーション含む良さが光った30分弱でした。
親は無くとも育つでしょう。この二人なら大丈夫だなと思いました。
私さとう、勘九郎丈の『一九代目』襲名の日を私も何らかの形で見届けたいと思いますし、
七之助丈も何らかの名跡を継いでもと考えてます。『もしほ』は、どうかなと…。



って事で毎月各プレイガイド先行抽選激化、一般販売初日チケット瞬殺が続く中、
奇跡の歌舞伎座初観戦は幕を閉じました。東銀座駅直結の地下売り場も良い感じ、
3階席までのエレベータエスカレータも充実しておりまして、
噂通りの新装歌舞伎座でしたが、惜しむらくは2階の飲食コーナーが引き継がれておらず、
葛きりは3年前の先代歌舞伎座の終焉と共に永遠になってしまった事かなと思います。




この木挽町界隈も私の好きな場所のひとつでして、
もう少し涼しくなったらまた来ようと思います。


夜の部も何らかの形で観てみたいですし…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。