プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:旅行・遠征記
石巻駅にて
って事で先週の石巻中心宮城遠征記です。


宿を9時過ぎに出まして仙台駅、
10時台のA快速でまずは松島海岸を目指しました。








松島海岸で代行バスに乗り換え、矢本を目指し、
途中東名からは津波の痕跡が目立ちはじめまして、
東松島市で被害が甚大だった野蒜付近になりますと、


バス車窓から見える今も消えぬその傷跡にあらためて事の重大さに感じ行ってました。


矢本から気動車に乗り換えて石巻へ。この後、浦宿までの接続列車がある事を知り、


女川の手前の浦宿まで往復をオプションで追加。っても18切符なんで料金はかかりませんでしたが。








万石浦の風景を楽しみながらの往復でした。


そして再び石巻へ。




13時前でしたがまずは萬画館と橋向かいの石巻マルシェで昼食。


石巻やきそば大盛を頂きまして、いよいよ萬画館内に入りました。
萬画館観覧券
言わずと知れたトキワ荘世代のレジェンドの一人、石ノ森章太郎先生の記念館でして。
展示物は色々ありましたが、一番印象に残ったのは、
『龍神沼』の全ページと、ストーリーの作り方、構成のしかた、構図のとりかたや、
コマの使い方などを事細かに説明したものがあり、これはものすごく勉強になりました。
ですがその構成、展開に若干ノスタルジックさを感じたのも事実でして、
トキワ荘世代は落語で言うならば古典落語なのかなと思ったりもしていました。
石ノ森先生の『白波五人男』からの『ゴレンジャー』構想にもあります通り、
トキワ荘世代は落語歌舞伎講談などの古典芸能にも当たり前に接してきた世代でもありますからね…。
映像作品は2時間と言う短めの滞在なので映像上映はどれも見れませんでしたが、
またの機会にしようかと考えております。
そしてこの萬画館がある中州地帯は震災時津波の被害を受けたところでもありまして、




今もその傷跡をあちこちに残す有様に、あらためて事の重大さを感じた次第です。
退館後再度マルシェに赴き、お土産などを買いましてから石巻駅へ。


北関東某所までの長旅の始まりとなりました。




石巻から前谷地までは見渡す限りの田園風景でして、心が洗われるように思えました。


前谷地、


小牛田から郡山まではひたすら南下のルート、




白石から福島、郡山までひたすら普通電車の中の人になっていました。


郡山で乗り換えの磐越東線で時間遅れが発生しましたがいわきでの上り最終には間に合わせる、
もしくは接続させるとの駅員さんからの説明を受けひと安心しましたが、


駅ナカの夕食はもっとゆっくり食べておくべきだったのかもと思ったりしていました。


って事で何とかいわき最終に間に合い最寄り某駅まで辿り着き、今回の遠征は幕となった次第です。
鉄道に乗りっぱなしが多かったんですが、宮城沿岸地帯の今をあらためて実感した次第です。
今後も機会あれば今回日程上断念した南三陸気仙沼をはじめとして、
岩手沿岸地帯にも足を運んでみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ