プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で夜の真昼レポです。
HOME終演後、時間が少しあったので池袋西武へ。




酔仙酒造が試飲即売会を行っていましたので、即売会時売り場に居られます営業の方と色々お話。
Rise Up KESEN オレンジラベル買うのは初めてです。
秘酔や古古などの米焼酎ブランド、
高田時代の蔵元が震災大津波の直撃を受けて以降は製造出来ない状態となり、
去年からの大船渡蔵始動からも乙類焼酎の製造は出来ない状態が続いていますが、
米焼酎についての問い合わせが今もあるとの事で、
こういう場ですので私も詳細は申せませんが、今後の事で色々脈はあるように見えました。
この日も4合瓶日本酒買いましたが買って呑んで応援し続け、
秘酔・古古に逢える日を楽しみにしたいと思います。

そして大船渡蔵の事に関しましても、環境への配慮も十二分に行い、今後も行い続けるとの事、
最低100年は公害は起こさない事を念頭に置いて酒造りを進めるとの事で、
未来を見据えての酔仙酒造の歩みを今後も自分なりのポジションで見届けたいと思います。

って事で東新宿へJターン。そのまま開演を待ちました。

阿部俊宏さん
全てをさらけ出すスタイルですが前観たときよりも全体的に良くなっていたと思います。
バンドスタイルも観てみたいですね…。
mooooor
前観た事あったかなぁと思ってたら初めてでした。
反省して復習します。

Lucy'sPainSoundtrack
腰を据えてじっくり歌われるスタイルでして、
てっぺいさんが呼ばれただけの事はあるなと思いました。
chariots

物販無かったので残念な感じでしたが、
全バンド終演後てっぺいさんにお話しましたらVo.のyasuhariotsさんにデモ音源を頂きました。
週末じっくり聴いてみます。公式サイトに記載ある音源の事かと思いますが…。
真昼に何度か呼ばれているであろうてっぺいさんの眼力を感じました。
てっぺいさん自身何度か言及あります通り、年100回以上はライブをご覧になられているとの事で、
視野と見識の広さにあらためて感服しました。
今回先々月の南堀江お土産としてspilaの音源を差し上げましたが、
他のバンドの音源も買っておけば良かったと思っています。
先代文治師匠の芸談より
先代文治師匠の言葉を借りますが『人のうまさが判る人は、うまい人』だと思いますし、
てっぺいさんも『うまい人』だと思います。
ヒゲとボイン


そしてそんなてっぺいさんのヒゲボ、
今日もドラムはcittyの森さんでしたが、てっぺいさんの世界観でも役割と存在感を示していたと思います。
シロツメクサも聴けましたし。

迷彩モダン






って事で音源まで買ってしまいました。
この日もご多分に漏れず財布は緊縮モード、昼のHOMEでも我慢我慢で、
夜も我慢我慢と考えてました。が、聴いて『ヤバイ!』とまで思ってしまいましたので
演奏後の物販に自分の身体が勝手に動いていたように思います。
昼夜のバンドの優劣を決めるつもりも論ずるつもりもありませんが、
ここまで来たのは久しぶりですね。先々月南堀江で観ました星屑オーケストラもそうですけど、
私さとう、激しいスタイルも好きなようです。

動画もありますので紹介させて頂きます。

たいへんにんげん
トリは私2度目のたいへんにんげんでしたが、下記動画曲がラスト曲だったんですが、


『いーじゃない』の大合唱が自然発生し、
私も共犯でしたが、阿部さん、菊井さん、てっぺいさんあたりも参画してましたね。



あの日だけの輝き、とてつもないケミストリーだったように思えました。
すばらしい時間だったと思います。
そして何度目かのこのままシラフで真昼を去らねばならない悔しさも感じていました。
まぁでも再来月久しぶりに飲める日が来ると思いますのでその時まで楽しみはとっておきます。

終演後てっぺいさん菊井さん阿部さんにご挨拶して、


真昼を後にしました。
輝き方を模索しているもの、既に強烈な輝きを魅せているもの、
偶然の重なりとは言えみんなでさらに輝かせたものと、
この日はてっぺいさん主宰の『原石』見本市、展示演奏会だったのではと思えました。
地方住まいで中々行けませんが私ももっとてっぺいさんワールドに立ち会いたいとあらためて思えましたね。

地下鉄を乗り継いで向かった先は東京駅八重洲BT、
そこはいつもと違う大混雑でした。
往路バスの渋滞遅延等複合要因でもありましたがバス発車が遅れるくらいのレベルで。
その場で調べたら国立競技場では嵐フェス、東京ドームではG優勝試合、
B'Zも大きな会場でのライブがあったようで、バス車内はいつもにましてカオスでした。
でも私はそんな車内の中で、『俺だって勝るとも劣らないもの観てきたんだぞ』と言う気持ちで居れたように思います。

最後に、そのバス車内で隣の方がB'Zライブ帰りだったようなんですが、
ツアーパンフらしき表紙が、

のサムネイルに酷似してたので笑いこらえるのに必死でした…。
アーイキソイキソ…。
スポンサーサイト

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ