プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


先週土曜吉祥寺プラKに行ってきました。


西武ドームが大味な試合になり、
八王子の某宿に荷物を預ける必要があったので秋津~新秋津~西国分寺から八王子往復して吉祥寺へ。
って事で感想に参りましょう。

wacci

公式にも説明あります通り『君とシチューを食べよう』がCMにソングに決定したとの事でしたが、
あの曲は元ネタはかなり前からの作品で、昔からの橋口さんを知っている人であれば
大体分かるものでもありましたので、『え?これに使っちゃうの?』
みたいな困惑も相当ありました。ですが、
wacciも対バンした事があるソウルジャンクションズのように
売れたくてもそれを果たす事が出来ず、表舞台から去らざるを得なかった人達の事も
考えれば、これもひとつの形なんだろうと思うようにしたら、
何とか自分の中で納得出来たかなと思います。
スケジュール欄にもあります通り、今後ユーヤマンの中の人やZILcoNIAの皆さんなどとも共演が決まっています。
今の制作体制のバックアップもありますので、これを期に柏のハコもう片方のThumb Upや上野BRASHなど、
どんどんあちこちのテリトリーのハコに上がって出稽古をして頂きたいと思っています。
これも経済的なリスクが伴うのでそれぞれのミュージシャン、バンドでメイン以外の
テリトリーでのライブは難しい面もありますが、今ならそれも出来るはずですし。

そして、柏や上野をメインにしている方々を
『ありがちなイケメンミュージシャン(バンド)』でひとくくりにしてしまうのも、
それはそれで勿体ないと私は思いますので。
それぞれのテリトリーで看板張ってる方々と言うのは、
それぞれテリトリーの常連組から支持されるだけの何らかのプラスアルファを持っていると思いますから、
一度は観ておくのも悪い事では無いと思います。
片山遼さん今野竹雄さんなどとも共演も近いですかね…。
それもwacci今後の楽しみのひとつです。

アシガルユース

メインボーカルの花盛さんが2年前3月のベルズ時よりもかなり痩せられてたので驚きました。
MCで『油モノガンガン食ってる』などと言われていたように思いましたが、
相当努力されてたと思います。あとはリバウンドしない事を祈るのみですね。

ってサウンドも期待通りの熱いポップロックでした。
って言いますかこの頃は朝からの強行軍のツケが回り、立っているのもやっとな状態でした。
次こそは体調万全で聴きたいです、ハイ。
そんなこんなで2バンド終了時は、wacciアシガルユース共にいい空気を作り上げてましたので、
これをすぐるさん達がどう継いで形にするか、それに興味が移っていました。
momo
momo
んでもってトリのmomoでした。
新曲『さよならをしよう』中心でのセットリストでしたが、
途中ですぐるさんがギターを置いてボーカルに専念する曲も2.3曲ほどあり、
怪我の功名かもしれませんが新しい試みになったかと思います。
私もこの頃には体調も一時的に回復しまして、心地よくすぐるさんの世界に浸る事が出来ました。

そして、一番良かったと思えたのは、wacci及びアシガルのファンの方も
全員では無いにせよかなりの方が最後まで残っていまして、
いい空気、雰囲気を最後まで作り上げていたと言う事でした。
お目当てのバンドが終わればサヨウナラ、と言うのも私は何度か観てきましたので、
一番酷かったのは5年前の当時FUNGOの渋谷エッグマン
正直なところ先週土曜も起きてしまうのではと心配してましたが、
良い意味で予想とは逆の世界でした。

三角形的な『つながり』をテーマにしていたこの日のスリーマンでしたが、
実際はwacciの主宰イベントでの『シェア』が出来た、
言葉よりも心で『分け合い』、『繋がれた』夜だったんじゃないかと、
そう思います。

終演後すぐるさん達にご挨拶、年明けの渋谷HOMEでのチケットを購入しまして、
プラKを後にしまして八王子某宿に入りそのままバタンQして一日を終えました。

って事で次記事は先月以来の遠征記をしたためたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ