プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日歌舞伎座昼の部行ってきました。
元々はこの次の記事にする予定の劇団四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』をメインに考え、
昼は何を観ようかと考えていましたが、


先日神田松之丞さんとのツイでのやりとりで自分も今月の歌舞伎座に興味を持ち、
時間的にも劇団四季自由劇場夜の部との連戦も可能な事が分かりまして、
この日からさらに数日後、ドンピシャのタイミングで戻り券が出ていましたので迷わず確保。
2度目の新装歌舞伎座の人となりました。って事で感想に参りましょう。

大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場
三段目 足利館門前進物の場
     同  松の間刃傷の場


今回は音羽屋の判官、高島屋の師直、高砂屋の若狭之助でしたので、
特に気になる点は無かったかと思いますが、そろそろ音羽屋御大の判官も見納めかな?と思ったりしながらの序盤でした。松嶋屋(仁左衛門丈)休演による各役者昼夜ローテ変更からの代演での師直になった
左團次丈も特に役者としての色を出す、出てしまう事も無く、丁寧に演じられていたと思います。


三年前の国立の時、高麗屋のキャラは役を超えてしまっていたように思えましたので。
私はそれはそれで楽しめましたけどね。

四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場
    同  表門城明渡しの場


開幕後の途中入場が出来ないの長年の伝統でもありましたが、
実際問題、お手洗いの都合上時間内に席に戻れないであろう女性客が多数見られましたので、




特別に判官切腹の場のみ特別モニターが準備されていました。
ここらへんはなるほどなと思いましたね。さてさて話の中身と言いますと、


大播磨(吉右衛門丈)は役者、キャラクターありきではなく、
その『役』になってしまうのが凄いと思いましたね。
でもそれはそれで、昭和の司馬文学をガチとして受け入れてしまう風潮のように危険でもあるんですが、
私の場合、あれこれ見ててますので現実と物語との線引きは出来ているつもりです。
よくよく考えますと4年前改装前歌舞伎座での通し上演の時は、
高麗屋(幸四郎丈)、松嶋屋(仁左衛門丈)の昼夜交替制だったので、
今回、その経緯は経緯として、昼夜大播磨で由良之助を観れる事の幸運さを感じたいと思いました。
夜の部も行きたくなりました。っも今日は無理なんで来週になりそうですが…。

浄瑠璃 道行旅路の花聟


梅玉丈の勘平、時蔵丈のおかる、團蔵丈の伴内だったので安心して観れました。
来月の歌舞伎座、チケ瞬殺だった模様です。
来月も同じ通しでの忠臣蔵公演ですがチケット瞬殺だった模様で、
私の場合はチケ取れなかった悔しさもありますが、ここは素直に盛況を一歌舞伎ファンとして
喜びたいと思います。でも海老蔵丈の師直、観てみたい気もしますし幕見に回るかも。

って事で次記事は劇団四季の自由劇場、
『ジーザスクライスト=スーパースター』レポになります。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。