プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で昨日の変則連戦まずは昼の三ツ沢から。
一昨日はどういうわけか都心の定宿がどこも全滅で比較的条件が良さげだった
錦糸町界隈のカプセルに入ってましてそこから池袋往復したり、
翌朝(24日)遼さんワンマンの記事書いたりしてました。
カプセル内の空調がアレだったので汗かきまくり翌朝も風呂に入る事となりましたが、
総合的でみればまぁまぁプラスかなと思いましたね。
最後の手段として見る事は出来ると思います。
って事で錦糸町を出てJRで一旦東京駅へ。
改札を抜けてバスターミナル待合所内のコインロッカーに荷物を預け、


京橋から銀座線、表参道で半蔵門線、渋谷で東横線に乗り換えまして、
横浜に向かい、駅西口バスから


ニッパツを目指しました。


入場後さっそくのカオスな風景に度肝を抜かれた感じでして、
すっかりJ2に染まってしまった『F』の本流の現状が目に耳に入ってきまして、
これはとんでもない事になるかなと予感めいた気持ちでいました。




って事で感想に参りましょう。
前半30分くらいまでは水戸が押し気味に進めるもGDGD魔法が発生しつつもあり、
引き分けかな~、と思った矢先にクリアミス、パスミスであっという間に2失点、

後半に入ってからも立て続けに2点を失い0-4と大勢が早くも決した状態となり、






ここで早めに去ったとしましても次に行く予定の歌舞伎座で、
開門前に周囲をうろうろするぐらいしか思いつかなかった事もあり、
このまま最後まで見届ける事としました。


隆行さんのPK観れたんで残ってて良かったと思いました。
あと、この日はアウェイゴール裏だったので水戸ベンチも近くに見えてたので、


太陽よりも真っ赤な哲二さんの顔を確認する事も出来ましたし。
多分激怒してたんでしょうけどね…。


って事で1-4で惨敗の終幕。最後の最後に伝統のお笑い自滅サッカーを見せつけられ、
言葉も無くしてしまった晩秋の三ツ沢でした。


しっかりとした秋の景色が唯一の収穫?でした。




哲二さんの終了後の会見でのコメント、
『なにせお金のないクラブなので、誰が来るのか誰が残るのかわからないので、いる選手で一番良いものを探したいと思います』
にどうしようもないリアルさを感じ、
『細かいところの30cmをこだわってくれと。私は世界と戦うときに30cmにこだわってきて、30cmを解れといつも言っている。ボール1個、30センチにこだわって(以下略)』に、
J創生期、世界を相手に死闘を繰り広げてきた戦士としての心意気も感じていました。

来年も付かず離れずなスタンスで、応援席でもコアゾーンからは少し離れた位置で、
チャントにも参加しつつ野次も飛ばしたりなスタンスで接していこうと思います。
歌いっぱなしってのも体力的にきついものでして…。




横浜駅からバスで15分、210円での好条件で7000人行かなかったスタジアムで、
4割方はアウェイサポだったと言う事に、
全ての娯楽がライバルだと言う事、ライト層が割高なのを差し引いても来たい場所にしないと、
ビジネスとして成り立っていかないんだと言う思いを強くしました。
以前の記事でも記しましたが、
私、実は経験者でもあるサッカー、その中で、
ありがちな怨嗟的な他スポーツへの、他ジャンルへのひがみ等が多いネットの論調の中で、
自分は現場で見て応援して、現状を自分なりに判断してみようと思い、水戸通いを始めたのです。


ひがむ暇があるなら他にすべき事はあるだろうと思いますが、
そういう類の連中には今更何を言っても無駄でしょう。
私の場合は、そういう連中は人間が小さい、XXXが小さいんだと諦めていますし。

都市部近郊のJ2クラブは経営難に陥ったり、水戸のように超緊縮財政を取らざるをないところもありますが、
どうしたら地域から本当に必要とされるか、愛されるチームになれるかについて
フロントと行政とサポーターの皆さんはよくよく考えて頂きたいとあらためて思った次第です。




って事で横浜駅西口から京急ホームへ、そのまま東銀座に向かい
歌舞伎座夜の部に向かいましたが、これにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。