プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で歌舞伎座夜の部です。
15時半過ぎには東銀座に入りまして周辺をうろうろしながら開演を待ちました。
岩手と群馬のアンテナショップがあるのは色々見れて助かりますね。
って事で感想に参りましょう。

五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
     同   二つ玉の場
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場




当代紀尾井町の定九郎の影の雰囲気は5年前のイノセントスフィア『ハリジャン』主演で演じたキャラ、
渋谷エビスに通じるものを感じましたね。筋書きでは謙遜気味でしたが、
私が見てきた中では全世代から見てもランク上位に位置する定九郎です。
また観てみたいですね。
五段目六段目とも『早く気付けよ普通』みたいなジュラル星人的まどろっこしさを感じますが、
これも義太夫狂言の持つ副作用的な感覚なのでこれはこれで仕方ないかなと思います。
五.六段目は各役者が丁寧に演じられまして、悲劇をさらに引き締めたものに仕上げられていたと思いました。

七段目 祇園一力茶屋の場




大播磨(吉右衛門丈)以外は仁左衛門丈、福助丈の代役でしたが、
むしろその代役の配役(梅玉丈、芝雀丈)が魅力的となり、


元々はこの日三ツ沢から東新宿のライブハウス、真昼の月夜の太陽に
向かう予定だったのが戻り券をゲットし歌舞伎座に私を向かわせた原因となりました。
梅玉丈、序盤の『平右衛門ジャンプ※(勝手に命名)』は体力的に無理がありましたが
それを差し引いても百三十パーセントの出来だったと思います。
歌舞伎役者には会わない例えかも知れませんが、平右衛門と言う役柄を楽しんで演じられていたと思います。
そして芝雀丈、大播磨は言うに及ばず私が観てきた中で最高級の七段目を味わえたと思います。
幕が引いた後の精神的な満腹感は最初で最後のものになるかなと思えましたね。
この日も『大播磨』の掛け声がかかっていましたし。
幹部昇進された橘三郎丈同じく幹部昇進された松之助丈
そしてこの話の中では道化兼悪役の九太夫、伴内に扮した橘三郎丈、松之助丈も、
それぞれ幹部昇進を飾る名演だった事も記しておきます。

十一段目 高家表門討入りの場
     同 奥庭泉水の場
     同 炭部屋本懐の場


錦之助丈、齢五十過ぎてのあの激しい立ち回り、最初に立ち会ったご子息隼人丈はじめ、
竹森喜多八に扮した歌昇丈も含め二回り下の世代との大立ち回り、
前月は体力作りに励まれていたようですがその成果は出ていたとみています。


って事で終幕。久しぶりに歌舞伎座から東京駅八重洲BTまで徒歩での道のり、
久しぶりに味わった精神的な満腹感の余韻に浸りつつ、
東京の夜景も味わっていました。
来月の国立劇場も当然確保してますし、大播磨の創り出す世界にどっぷりと浸りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ