プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で昨日のコージコナーワンマンライブレポです。
本来であれば昨日昼のN響定演レポのはずですが、
コージさんはじめコージコナーの皆さんに敬意を表し先に記事とさせて頂きます。


N響公演を観終えて井の頭線で吉祥寺へ。
早めの夕食を中本吉祥寺でとった後、プラKに向かいました。
って事で感想に参りましょう。


セットリストは上記の通りでしたが、ひと通り予習してましたし、
ライブ前までは未見だった『置き傘』からの曲もPVは

事前にチェックしてましたし。未音源化の曲もすんなり受け入れられたと思います。

何よりも感じたのはメンバー4人と客席が全体的にハッピーになっていた事だと思います。
何度か客席ゾーン後ろを振り返りましたが、みんな笑顔で溢れていましたし、
ステージでも4人は終始楽しまれていたと思えました。
この日の8日前に池袋blackholeで感じた
楽しんで楽しませるというもののもうひとつの形を見る事が出来たと思いました。


ライブ前、私さとう、自分でこうつぶやきましたが、
特に柏パルーザのアコ祭り、トリはコージさんとも所以のある
ナカノアツシさんGRAND COLOR STONE)だったようですし、
他にも下北では大規模ライブイベントが開かれるなど、
興行合戦と化していたようです。会場客席ゾーン入り一番乗りがこの私だったので、
開場前の列整理も無く、ちょっと心配な気持ちになったのも事実ですが、
開演前には程良くお客さんも入り、残念ながら札止めではありませんでしたが、
損益は十分クリアしていたであろうと思います。

横浜関内や渋谷、吉祥寺以外のどのテリトリーでも勝負出来ると思いますし、
今後も期待が持てると思いました。


この日はてっぺいさんも客席ゾーンに布陣されていたようで、
終演後挨拶もしましたが、やはり感じ入るところはあったようです。

終演後コージさんとナカジマさんにご挨拶。
感想やナカジマさんにはこの日私が来ていたレプリカユニや、
Nike(ナイキ) ライオンズ・クラシック 2013 東京セネタース レプリカユニフォーム
Nike(ナイキ) ライオンズ・クラシック 2013 東京セネタース レプリカユニフォーム

売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それに関連する球団の事などをお話しまして、プラKを後にし東京八重洲から高速バスの人となり、
何度目かの都心遠征の幕を閉じたのでした。

作り手が努力、準備、精進を重ね、発表の時は気負わずに楽しみ、
受け手はそれを受け取って楽しむ、そうする事によって生まれるハッピースパイラルを
感じる事が出来たコージコナーワンマンライブでした。

中々作り手受け手双方が楽しむ事は難しい事ですが、
私もひとりの文章書きとして、目指していきたい目標のひとつでもありますので、
この日の事は自分にとっても受け止めて、自分のフィールドで還元出来ればと思います。

そしてコージコナーが今後どういう道のりを歩んでいくのか、
これも当然注目して行きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ