プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で一昨日昼のN響レポです。


本来は先に記事にしましたコージコナーワンマンのみのはずでしたが、
色々調べていくうちにN響定演開催情報に辿り着き、
公式チケットも全種残席あったので今回は4500円の席を確保。
2階席奥に陣取った次第です。って事で感想に参りましょう。
この日のプログラムは下記の通りでした。

ストラヴィンスキー (1882~1971)
バレエ音楽「カルタ遊び」


公式サイトの演奏プログラム、曲目紹介にもありましたが、
ストラヴィンスキーがあらすじの末尾に記したと言う、ラ・フォンテーヌの格言、
>「悪人とは絶えず闘うべし。なるほど平和は結構だ。しかし、誠意なき敵を前に平和が何の役にたとう」
初演時は1937年4月、第二次大戦開戦前夜の頃のヒトラー、ゲッヘルス達が主導する全体主義への対抗抵抗への意志を、メロディラインからひしひしと感じた次第です。

リスト (1811~1886)
ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
今回はソリストとして出演されたスティーブン・ハフの名演に尽きるかなと思いました。


上記ツイでは誤記でしたが、特に、
アンコールで独奏されたショパン / ノクターン 第2番 変ホ長調 作品9-2 の
神がかり的な演奏が強烈に印象に残っています。
『弾く』のではなく、ピアノと人が一体化していて、
流れるようにメロディが客席を包んでいったように思います。
すごいもん観たと思いましたね。これだけでも4500円の価値はあったと思います。
タイトルだけですと馴染みがないかと思いますのでつべりんくを紹介しますが、

皆様もどこかで一度は聴いた事があるかと思います。

ショスタコーヴィチ (1906~1975)
交響曲 第15番 イ長調 作品141


『マクベス夫人』での前衛的な作風がスターリンの不興を買い、
それからはスターリン体制に媚びるような作風も目立っていた事が
交響音楽界でも未だに評価が分かれる事ではありますが、
一歩間違えればシベリア送りでそのまま粛正→シベリアの凍土になっていた可能性も否定出来ませんし、
生きるか死ぬかの選択になれば、ショスタコーヴィチのした事も否定は出来ないと思います。
そんな自身の一生を振り返るかの流れと、
最後の旋律は自身の最後を受け入れるようなメッセージを感じましたね。

メロディだけでも伝えられる事もあるなとあらためて感じました。


N響定演の場合ですとAプログラム、Cプログラムでの
比較的安価な1500円の3階自由席も設定されていますし、
他のジャンルをメインにしている人でもふれる事は、
決してマイナスにはならないとあらためて思った次第です。

来年以降も機会あればまたこういう形で接して行ければと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ