プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で先週金曜の真昼レポです。
既報通り、今月中旬、おそらく今週中かと聞いていますが、
MILDS武花正太さんが愛媛に帰郷される事になり、




この日が都心での帰郷前最後のライブになったのでこれはなんとしてもと思い、
最後の18きっぷ権利プラス高飛び(時間短縮)のための特急料金と特急区間分の普通乗車券を
駆使して新大久保まで向かい、何とか開演前に真昼に到着しました。

って事で感想に参りましょう。
ひとりMILDS


カバー中心でしたが、以前サポート担当した事もあるサルパラのカバー、
『満月サイクリング』がしばらく心の中に残りそうです。

ライラック


演奏含め全てがこれからのバンドですが、見るべき点もありましたし、
これからに注目したいと思います。

オカープー


動画もありますので紹介致します。

こういう世界に出会えるのが真昼のいいところのひとつかと思います。

そしてトリはしょうたズでした。




みんなのうたカバーバンドでしたが、色々と設定も追加されていまして、


途中てっぺいさんがギター置いて歌い出したり、


影田さんが武花家執事設定だったりともうメチャクチャでしたが、
最後にアンコールという形で登場したしょうたさんのピアノ弾き語りでの『はるか』も
しばらく心の中に残りそうです。
終演後、しょうたさん、てっぺいさん、さゆりさん、
客席ゾーンに居られました菊井さんにご挨拶。

本当は朝まで居たかったんですが翌日も色々ありまして


何度目かの無念の思いを胸に真昼を後にしまして、


高速バスの人となり何度目かの特攻遠征は幕を閉じたのでした。

しょうたさんに差し入れた久慈の山


新米新酒一升瓶に気持ちを残しながら。
ともあれ、こうしてまた区切りの日に駆けつけられて良かったです。

しょうたさんとは、5年半前の当時高田馬場CLUBPHASEからの長い付き合い、
間違い無く『天才』と呼ぶに値する才覚とセンスを持たれた方です。
今まで結果と言うものには巡り合わせがありませんでしたが、今後も音楽活動は続け
上京もするとの事で、まだ続くであろうMILDS、しょうたさんの物語に期待しつつ、
私も夢を繋いでいこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ