プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で一昨日夜の浅草公会堂レポです。

某所から東京メトロ線内に入りあれこれ乗り継いで浅草にまで辿り着き、
公会堂にて開演を待ちました。

って事で感想に参りましょう。

年始ご挨拶(午後の部)


壱太郎丈が挨拶担当だったんですが舞踊の際に使用する休日用小道具の紹介など、
硬軟織り交ぜた話術であっという間に客席を壱太郎丈の色に染め上げられていました。
既に恐ろしい歌舞伎界の新星、今後も目が離せません。

一、博奕十王(ばくちじゅうおう)


このお話ですと番卒に扮された弘太郎丈、猿四郎丈の動きにも目が付きました。
澤瀉屋スピリッツを体現出来るお二方、華やかな?このお話に華を添えられていたと思います。

恋飛脚大和往来
二、新口村(にのくちむら)


愛之助丈もさる事ながら、このお話ではトライアングルを形成する、
傾城梅川、忠兵衛父孫右衛門に扮された壱太郎丈と橘三郎丈が印象的でした。
歌舞伎座本興行で2007年に観ました時蔵丈、我當丈と比較しても決して劣らないように思えました。

三、上 屋敷娘(やしきむすめ)
  下 石橋(しゃっきょう)


この時はつぶやきでは記していませんでしたが、
私の回りでも数席、下に見える1階席でも数席空席が目立っていました。
新口村観終わってそのまま帰ってしまったと観ています。
何度か見ていた風景であり、これは文楽とか、ライブハウスでもありました。

ただまぁ、帰路の都合上やむなくという方も居たかも知れませんし、
そこらへんは全否定は出来ません。
私もそうやって途中で抜けざるを得なくなった事もありますし。

最後まで残っていた人に良かったと思わせる舞踊だったと思いますし、
当然それは演じられた6人も、心の中で意識されていた部分はあったかと思います。
おそらく、猿之助丈、愛之助丈も通った道であり、
ここをどうプラスに切り替えていくかかと思います。

その今回浅草歌舞伎ツートップの猿之助丈、愛之助丈、
それぞれ家の芸の演目に取り組みつつ若手にもチャンスを与え、
自らもやりたい演目に取り組まれていたと思います。
特に午後の部はラストが若手中心の演目でしたから、
客席の空気どうやって自分達のものにするかと、
少なからず発生する空席とどう向き合っていくかも課題が出来ていたと思います。

終演後は東京八重洲に向かい何度目かの東京遠征終幕となりました。

今週末も実は色々動く手筈を整えており、これも楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ