プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で夜の神田愛山先生講談会レポです。

この会開催の情報を神田愛山先生のブログにて知ってから、
行こうと心に決め、先生宅に電話し私の中の人の名前で予約済ませたのが
だいたい14日位前、それから本当に楽しみにしましてこの日を迎えました。







この日はCittyにアリケンさんにwacciと色々ライブがあったのも知っていましたが、


ここを選んだ以上は徹底的に楽しんでやろうと思い携帯電源を切りました。

って事で感想に参りましょう。

神田松之丞
『寛政力士伝 雷電為右衛門』
雷電の入門からデビュー戦、そこからの快進撃ぶりを描いたものでしたが、
照明と釈台の位置取りから高温熱射と、あの緊張感はなんとも言いがたい雰囲気でして、
私も愛山先生独演会の雰囲気はまだ味わった事が無く、聞く側の中では固くなっていたと思います。

神田春陽
『笹野権三郎海賊退治』
何度か観ていた演目でして、会場の雰囲気が大分柔らかくなったと思いました。

そして愛山先生、
『(赤穂義士伝)二度目の清書』
内蔵助のハラの内を読めていた舅、読めていない義弟、
そして怪しまれにくい形での離縁となった内蔵助妻お石(史実では『りく』)と、
この世界観の中では内蔵助の命を受けて顛末を広島浅野本家に伝えるべく、
討ち入り後一味から離脱した寺坂吉右衛門と言うお話。
古典講釈の世界を存分に味わえたと思います。

仲入り後は、
『(講談私小説)角袖』
講釈師品川陽二(モデルは無論…(以下略))2つ目の前後頃の金策に苦心した話から、
和服用コートの角袖をめぐるお話、
終盤の展開のリアルさは笑えそうで笑えなくて、落ち込みそうで落ち込めない、悲しそうで悲しめない、

そんな感じがしまして、たいへんにんげんの『名前を付けるとするならば』を地で行くようなお話でした。

終演後は懇親会に移行、愛山先生はじめ松之丞さん春陽さん、
そして参加された皆様と色々お話出来ました。
料理とお酒も場所柄水準高めでしたし。

私の場合、文楽で言えば住太夫師匠がそうだったように、
講談講釈で言えば先入観は琴調先生みたいな方が多いのかなと思ってました。

でも文楽で嶋大夫師匠を知ったように、講談講釈で愛山先生を知った事は、
私にとっても財産になっています。
言葉に尖がっている部分もありますし、
落語界の時代の寵児、喬太郎師匠からも一目置かれた存在である事も含め、
伝芸界のアナザーサイドに位置する、ロックスピリットを持たれた講釈師であると思えます。

金曜開催なんで厳しいのは百も承知ですがいつか独演会か、琴調先生との二人会にも行ってみたいと思います。

そして松之丞さんとも色々お話出来まして、
浅草歌舞伎の感想とか、若手世代で誰が抜きん出ているかとかもお話しました。
先々月の左團次丈の師直役をめぐる考察では私とはまったく逆でしたが、
こういう考えもあるんだなと言う気になりましたね。



って事で素晴らしい時間を過ごせました。
今年も講談講釈ともどっぷり向き合って行きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ